○永平寺町吉峰寺キャンプ場条例

平成19年3月28日

条例第6号

(目的)

第1条 この条例は、永平寺町吉峰寺キャンプ場(以下「キャンプ場」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 地域資源を活用して、都市住民との交流を促進させ地域の活性化を図るため、施設を設置する。

(名称及び位置)

第3条 キャンプ場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 永平寺町吉峰寺キャンプ場

位置 永平寺町吉峰第4号1番地

(施設)

第4条 キャンプ場の施設は別表第1のとおりとする。

(開場期間)

第5条 キャンプ場の開場期間は規則で定める。

(使用の申請及び許可)

第6条 キャンプ場の施設を使用しようとする者は、あらかじめ町長に申請し、許可を受けなければならない。許可を受けた事項の変更又は取り消しをしようとするときも同様とする。

(使用の制限)

第7条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、施設の使用を許可しないことができる。

(1) 施設を損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(2) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が特に不適当と認めるとき。

2 町長は、施設の使用を許可するときは、キャンプ場の管理上必要な条件を付すことができる。

(使用の停止等)

第8条 町長は、第6条の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、使用を停止し、又は使用の許可を取り消すことができる。この場合において、使用者に生じた損害については、町長はその責を負わない。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則若しくは町長の指示した事項に違反したとき。

(2) 使用目的以外に施設を利用したとき。

(3) 使用の権利を他人に譲渡し、又は転貸したとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が特に不適当と認めたとき。

(使用料)

第9条 使用者は、使用の際別表第2に定める使用料を納付しなければならない。

(使用料の減免)

第10条 町長は、特に必要があると認めたときは、前条に規定する使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第11条 既納の使用料は還付しない。ただし、町長が特別の事由があると認めたときは、全部又は一部を還付することができる。

(禁止行為)

第12条 使用者は、町長の許可を得ないで次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設の原状を変更すること。

(2) 物品を販売すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が不適当と認めたこと。

(原状回復)

第13条 使用者は、施設の使用を終了したとき、又は使用を停止し、若しくは使用の許可を取り消されたときは、直ちに施設を原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、町長がこれを代行し、その費用を使用者から徴収する。

(損害賠償)

第14条 使用者は、施設を損傷し、又は滅失したときは、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(維持管理の委託)

第15条 キャンプ場の維持管理業務については、他に委託することができる。

2 前項の規定により維持管理業務を委託する場合、委託に関する必要な事項は契約で定める。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)

施設

管理棟

研修棟

バーベキュー棟

炊事棟

テントサイト

トイレ

付帯施設

別表第2(第9条関係)

区分

単位

金額

入場料

大人1人

100円

高校生以下

50円

テント

1張1泊

730円

テント(持込料)

1張1泊

520円

炊事用具

1式

730円

炊飯用燃料 薪

1束

実費

バーベキュー用鉄板

1枚

100円

キャンプファイヤー(大)

一式

5,250円

キャンプファイヤー(小)

一式

1,570円

バーベキューハウス(炭・鉄板含)

1台

1,570円

研修棟

1時間

1,050円

永平寺町吉峰寺キャンプ場条例

平成19年3月28日 条例第6号

(平成19年4月1日施行)