○恵庭市保健センター条例

平成7年6月30日

条例第20号

(設置)

第1条 地域保健対策の拠点として、市民の健康保持、増進及びその他健康に関する必要な事業を行うため、恵庭市保健センター(以下「保健センター」という。)を設置する。

(位置)

第2条 保健センターの位置は、恵庭市緑町2丁目1番1号とする。

(業務)

第3条 保健センターは、次に掲げる業務を行う。

(1) 健康相談、保健指導及び健康診査に関すること。

(2) 予防接種に関すること。

(3) スポーツに関すること(学校における体育に関することを除く。)。

(4) スポーツを通じた健康の保持及び増進に関すること。

(5) その他保健センターの設置目的を達成するために必要な事業に関すること。

(職員)

第4条 保健センターに、センター長その他必要な職員を置く。

(運営協議会)

第5条 健康増進法(平成14年法律第103号)に基づく計画及び健康保持、増進その他健康に関する事項を協議するため、恵庭市保健センター運営協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(組織及び任期)

第6条 協議会は、委員10名以内をもって組織し、次に掲げる団体のうちから市長が委嘱する。

(1) 保健所及びその他の関係行政機関

(2) 医師会、歯科医師会及びその他の保健医療関係団体

(3) 社会福祉協議会及びその他の福祉関係団体

2 委員の任期は、2年以内とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(入館の制限)

第7条 保健センターに、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、入館を断り、又は退館させることができる。

(1) 館内の秩序を乱し、又は他人に迷惑を及ぼすおそれのある者

(2) 施設又は設備を損傷させるおそれのある者

(3) 保健センターの管理上、支障のある者と認められる者

(4) その他市長が入館を不適当と認める者

(損害の賠償)

第8条 施設又は設備を損傷し、又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を免除することができる。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成7年規則第25号で平成7年9月4日から施行)

附 則(平成14年6月20日条例第19号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年2月29日条例第4号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月1日条例第1号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年12月15日条例第24号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月7日条例第30号)

この条例中第1条の規定は平成30年3月29日から、第2条の規定は同年3月26日から施行する。

恵庭市保健センター条例

平成7年6月30日 条例第20号

(平成30年3月26日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成7年6月30日 条例第20号
平成14年6月20日 条例第19号
平成20年2月29日 条例第4号
平成24年3月1日 条例第1号
平成27年12月15日 条例第24号
平成29年12月7日 条例第30号