○深川市総合体育館条例

昭和62年3月19日

条例第5号

(設置)

第1条 市民の心身の健全な発達及び体育・スポーツの普及振興を図るため、深川市総合体育館(以下「体育館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 体育館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 深川市総合体育館

位置 深川市6条21番1号

(平8条例22・一部改正)

(指定管理者による管理)

第3条 体育館の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第3項の規定に基づき、法人その他の団体であって、深川市教育委員会(以下「委員会」という。)が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

(平19条例19・全改)

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行う。

(1) 体育館の使用の許可に関する業務

(2) 体育館の維持及び管理運営に関する業務

(3) 体育館の使用状況の集計等に関する業務

(4) スポーツ振興事業の企画及び実施並びにPRに関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、委員会が必要と認める業務

(平19条例19・追加)

(開館時間等)

第5条 体育館の開館時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、指定管理者は、委員会の承認を得てこれを変更することができる。

2 体育館の休館日は、次に掲げるとおりとする。ただし、指定管理者は、委員会の承認を得て臨時に開館し、又は休館することができる。

(1) 月曜日。ただし、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その日後においてその日に最も近い休日でない日とする。

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで。(ただし、前号に掲げる日を除く。)

(平19条例19・追加)

(使用許可)

第6条 体育館を使用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、前項の許可をする場合において体育館の管理運営上必要があるときは、その使用について条件を付することができる。

3 指定管理者は、体育館の運営に支障がないと認められるときは、スポーツ以外の行事又は集会に使用させることができる。

(平19条例19・旧第4条繰下・一部改正)

(使用の制限)

第7条 指定管理者は、体育館の使用が次の各号のいずれかに該当するときは、その使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 建物及び附属設備をき損し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) その他体育館の管理運営上支障があるとき。

(平13条例6・一部改正、平19条例19・旧第5条繰下・一部改正)

(使用料)

第8条 体育館の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

2 前項のほか体育館備付物品等を使用するときは、委員会が別に定める使用料を納付しなければならない。

3 前2項の使用料は、使用の許可と同時に納付しなければならない。ただし、委員会が特に認めるときはこの限りでない。

4 委員会は、特に必要と認めたときは、使用料を減免することができる。

(平19条例19・旧第6条繰下・一部改正)

(使用料の還付)

第9条 既納の使用料は還付しない。ただし、委員会が特別の理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(平19条例19・旧第7条繰下)

(目的外使用等の禁止)

第10条 使用者は、許可を受けた目的以外に体育館を使用し、又は使用する権利を他人に譲渡し、若しくは他人に転貸してはならない。

(平19条例19・旧第8条繰下)

(特別設備等の許可)

第11条 使用者は、体育館の使用にあたって特別の設備を設け、又は特殊物件を搬入しようとするときは、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

(平13条例6・一部改正、平19条例19・旧第9条繰下・一部改正)

(使用許可の取消し等)

第12条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、体育館の使用を停止し、若しくは制限し、又は使用の許可を取消すことができる。この場合において使用者に損害が生じても指定管理者は、その賠償の責を負わない。

(1) この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(2) 使用許可の条件に違反したとき。

(3) 公益上又は体育館管理運営上やむを得ない理由が生じたとき。

(平13条例6・一部改正、平19条例19・旧第10条繰下・一部改正)

(原状回復)

第13条 使用者は、体育館の使用を終えたとき、又は使用を停止されたとき、若しくは使用許可を取り消されたときは、直ちに使用場所を原状に復さなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、使用者の負担において指定管理者が行う。

(平19条例19・旧第11条繰下・一部改正)

(損害賠償)

第14条 使用者は、体育館の建物、附属設備及び備付物件等をき損し、又は滅失したときは、委員会の指示するところに従いこれを原状回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(平19条例19・旧第12条繰下)

(委任)

第15条 この条例の施行について、必要な事項は委員会規則で定める。

(平19条例19・旧第13条繰下)

附 則

この条例は、昭和62年10月1日から施行する。

附 則(平成元年3月20日条例第6号抄)

1 この条例は、平成元年4月1日から施行する。(後略)

附 則(平成8年10月7日条例第22号)

この条例は、平成8年10月7日から施行する。

附 則(平成9年3月27日条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の規定は、施行日以後の使用許可に係る使用料及び手数料について適用し、同日前の使用許可に係る使用料及び手数料については、なお従前の例による。(後略)

附 則(平成9年12月22日条例第45号)

この条例は、平成10年3月1日から施行する。

附 則(平成13年3月26日条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、平成13年5月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の規定は、施行日以後の使用許可に係る使用料及び手数料について適用し、同日前の使用許可に係る使用料及び手数料については、なお従前の例による。

附 則(平成16年9月15日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年12月19日条例第19号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年1月22日条例第4号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月12日条例第19号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の規定は、施行日以後の使用許可に係る料金及び使用料から適用し、同日前の使用許可に係る料金及び使用料については、なお従前の例による。

別表(第8条関係)

(平25条例19・全改)

深川市総合体育館使用料

時間区分

使用区分

午前9時以前1時間当たり

午前

9時~12時

午後

1時~5時

夜間

6時~9時

午後9時以降1時間当たり

全日

9時~21時

専用使用

アリーナ

アマチュアスポーツに使用する場合

入場料を徴収しない場合

1,080円

3,240

4,320円

5,508円

1,836円

11,664円

入場料を徴収する場合

4,320円

12,960円

17,280円

22,140円

7,452円

46,980円

その他の催物に使用する場合

入場料を徴収しない場合

営利を目的としない場合

8,640円

25,920円

34,560円

44,280円

14,796円

93,960円

営利を目的とする場合

21,600円

64,800円

86,400円

110,700円

36,936円

234,900円

入場料を徴収する場合

営利を目的としない場合

17,280円

51,840円

69,120円

88,560円

29,592円

187,920円

営利を目的とする場合

43,200円

129,600円

172,800円

221,400円

73,872円

469,800円

サブアリーナ

アマチュアスポーツに使用する場合

入場料を徴収しない場合

432円

1,296円

1,728円

2,160円

756円

4,644円

入場料を徴収する場合

1,728円

5,184円

6,912円

8,856円

3,024円

18,792円

その他の催物に使用する場合

入場料を徴収しない場合

営利を目的としない場合

3,456円

10,368円

13,824円

17,712円

5,940円

37,584円

営利を目的とする場合

8,640円

25,920円

34,560円

44,280円

14,796円

93,960円

入場料を徴収する場合

営利を目的としない場合

6,912円

20,736円

27,648円

35,424円

11,880円

75,168円

営利を目的とする場合

17,280円

51,840円

69,120円

88,560円

29,592円

187,920円

柔道場・剣道場

アマチュアスポーツに使用する場合

入場料を徴収しない場合

432円

1,296円

1,836円

2,376円

864円

4,968円

入場料を徴収する場合

1,836円

5,400円

7,560円

9,720円

3,240円

19,980円

その他の催物に使用する場合

入場料を徴収しない場合

営利を目的としない場合

3,672円

10,800円

15,120円

19,440円

6,480円

39,960円

営利を目的とする場合

9,072円

27,000円

37,800円

48,600円

16,200円

99,900円

入場料を徴収する場合

営利を目的としない場合

7,236円

21,600円

30,240円

38,880円

12,960円

79,920円

営利を目的とする場合

18,036円

54,000円

75,600円

97,200円

32,400円

199,800円

弓道場

アマチュアスポーツに使用する場合

入場料を徴収しない場合

324円

972円

1,296円

1,728円

648円

3,564円

入場料を徴収する場合

1,404円

3,996円

5,292円

6,912円

2,376円

14,580円

その他の催物に使用する場合

入場料を徴収しない場合

営利を目的としない場合

2,700円

7,992円

10,692円

13,824円

4,644円

29,160円

営利を目的とする場合

6,696円

19,980円

26,676円

34,560円

11,556円

72,900円

入場料を徴収する場合

営利を目的としない場合

5,400円

15,984円

21,384円

27,648円

9,288円

58,320円

営利を目的とする場合

13,392円

39,960円

53,460円

69,120円

23,112円

145,800円

会議室

226円

680円

918円

1,177円

399円

2,505円

研修室

118円

334円

475円

615円

216円

1,274円

個人使用

小・中学生

1回50円

回数券 500円(12枚綴り)

トレーニング室・ランニングコースの使用料を含む。

高校生

1回100円

回数券 1,000円(12枚綴り)

一般

1回150円

回数券 1,500円(12枚綴り)

備考

1 専用使用とは、10人以上の構成員をもって使用する場合をいう。

2 午前と午後、又は午後と夜間を通じて使用する場合の使用料は、それぞれの時間区分の使用料を合算した額とする。

3 使用のための準備及び原状回復に要する時間は、使用時間に含むものとする。

4 土曜日、日曜日及び国民の祝日に専用使用する場合の使用料は、当該使用料の2割増とする。

5 メインアリーナ又は柔道場・剣道場の使用面積が2分の1の場合は、当該使用料の2分の1の額とする。

6 専用使用の暖房料として、アマチュアスポーツに使用する場合は、当該使用料の2割増、その他の催物に使用する場合は、当該使用料の4割増とする。

7 アマチュアスポーツ以外に使用する場合の会場管理及び清掃に要する経費等は、使用者の負担とする。

8 使用料の計算において、1円未満の端数が生じたときは、その端数金額を切り捨てるものとする。

9 市内に居住する障がいのある人(障害者基本法(昭和45年法律第84号)第2条に規定する者で、身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者)の使用は、無料とする。

10 市内の小学校・中学校に在学する児童・生徒の使用は、無料とする。

深川市総合体育館条例

昭和62年3月19日 条例第5号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和62年3月19日 条例第5号
平成元年3月20日 条例第6号
平成8年10月7日 条例第22号
平成9年3月27日 条例第6号
平成9年12月22日 条例第45号
平成13年3月26日 条例第6号
平成16年9月15日 条例第29号
平成19年12月19日 条例第19号
平成21年1月22日 条例第4号
平成25年12月12日 条例第19号