○蒲郡市竹島水族館の設置及び管理に関する条例

昭和36年12月20日

条例第30号

(趣旨)

第1条 この条例は、水族館の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 水族館の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 蒲郡市竹島水族館

(2) 位置 蒲郡市竹島町1番6号

(事業)

第3条 蒲郡市竹島水族館(以下「水族館」という。)は、水族館に関する一切の事業を行う。

(開館時間等)

第4条 水族館の開館時間及び休館日は、規則で定める。

(観覧者の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、観覧を制限することができる。

(1) 保護者の同伴しない小学校入学前の者

(2) 他の観覧者に迷惑をかけるおそれがあると認められる者

(3) その他水族館の管理上支障があると認められる者

(観覧者の義務)

第6条 観覧者は、水族館の観覧に際しては、この条例及びこれに基づく規則の規定に従わなければならない。

(利用料金)

第7条 水族館を観覧しようとする者は、あらかじめ水族館の観覧に係る料金(以下「利用料金」という。)第9条の規定により水族館の管理を行わせる指定管理者に納付しなければならない。

2 利用料金の額は、別表に定める観覧料の額の範囲内において指定管理者が定める額とする。

3 指定管理者は、前項の規定により利用料金の額を定めようとするときは、市長の承認を受けなければならない。その額を変更しようとするときも、同様とする。

4 市長は、前項の承認をしたときは、その旨及び当該利用料金の額を公告しなければならない。

5 利用料金は、指定管理者の収入とする。

6 納付された利用料金は、払い戻さない。ただし、指定管理者は、規則で定める特別な事由があると認めるときは、その全部又は一部を払い戻すことができる。

7 指定管理者は、心身障害者が水族館を観覧するときその他特別の事由があると認めるときは、規則で定めるところにより利用料金を免除することができる。

(損害賠償)

第8条 観覧者が故意又は過失によって建物及びその施設を破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第9条 水族館の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者に行わせる。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、水族館の管理に関し必要な事項は、市長が規則で定める。

(過料)

第11条 第6条の規定に違反した者に対しては、5万円以下の過料を科することができる。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和36年12月1日から適用する。

附 則(昭和37年条例第31号)

この条例は、昭和37年11月15日から施行する。

附 則(昭和40年条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和41年条例第14号)

この条例は、昭和41年4月1日から施行する。

附 則(昭和41年条例第20号)

この条例は、昭和41年6月1日から施行する。

附 則(昭和42年条例第6号)

この条例は、昭和42年4月1日から施行する。

附 則(昭和44年条例第29号)

この条例は、昭和45年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年条例第10号)

この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年条例第5号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和54年条例第7号)

この条例は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年条例第10号)

1 この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際、現に改正前の蒲郡市竹島水族館設置及び管理等に関する条例第5条に規定する観覧料を納付している者は、改正後の蒲郡市竹島水族館設置及び管理等に関する条例第5条に規定する観覧料を納付した者とみなす。

附 則(昭和61年条例第7号)

1 この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際、現に改正前の蒲郡市竹島水族館設置及び管理等に関する条例第5条に規定する観覧料を納付している者は、改正後の蒲郡市竹島水族館設置及び管理等に関する条例第5条に規定する観覧料を納付した者とみなす。

附 則(平成5年条例第22号)

1 この条例は、平成6年4月1日から施行する。ただし、題名及び第1条の改正規定は、公布の日から施行する。

2 この条例の施行の際、現に改正前の蒲郡市竹島水族館設置及び管理等に関する条例第5条に規定する観覧料を納付している者は、改正後の蒲郡市竹島水族館の設置及び管理に関する条例第5条に規定する観覧料を納付した者とみなす。

附 則(平成12年条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第16号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第41号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年条例第34号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第37号)

1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 この条例の規定に基づく利用料金の承認その他指定管理者が利用料金を定めるために必要な手続その他の行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

別表(第7条関係)

種別

観覧料の額

備考

普通観覧料

大人(高校生以上)1人1回につき

500円

小学校入学前の幼児は、普通観覧料を納付する保護者1人につき1人を限り無料とするほか、小人の料金を適用する。

小人(小・中学生)1人1回につき

200円

年間観覧料

大人(高校生以上)

1人1年間につき

1,250円

小学校入学前の幼児は、年間観覧料を納付する保護者1人につき1人を限り無料とする。

小人(小・中学生)

1人1年間につき

500円

普通団体観覧料

25人以上

普通観覧料の1割引

小学校入学前の幼児は、1人を限り無料とするほか、小人の料金を適用する。

50人以上

普通観覧料の2割引

100人以上

普通観覧料の3割引

特別団体観覧料

小学校の児童又は中学校の生徒20人以上

教諭の引率する団体に限り1人1回につき 100円

1 引率者の観覧料は、観覧人員数を15で除した正数に1を加えて得た数の人員まで無料とする。

2 左記団体のほか、これに準ずる団体で引率者のあるものについては、市長が必要と認める場合に限り左記の観覧料を適用する。

3 市内に所在する保育園、幼稚園、小学校及び中学校の幼児、児童及び生徒については、保育士又は教諭に引率される場合は、引率者も含め無料とする。

幼稚園保育園幼児20人以上

教諭又は保育士の引率する団体に限り1人1回につき 80円

観光クーポン観覧料

その特質を考慮し、市長がその都度定める。

蒲郡市竹島水族館の設置及び管理に関する条例

昭和36年12月20日 条例第30号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
昭和36年12月20日 条例第30号
昭和37年10月13日 条例第31号
昭和40年5月17日 条例第23号
昭和41年3月25日 条例第14号
昭和41年5月25日 条例第20号
昭和42年3月23日 条例第6号
昭和44年12月18日 条例第29号
昭和48年3月31日 条例第10号
昭和53年3月31日 条例第5号
昭和54年3月31日 条例第7号
昭和56年3月31日 条例第10号
昭和61年3月27日 条例第7号
平成5年12月24日 条例第22号
平成12年3月27日 条例第1号
平成14年3月28日 条例第16号
平成17年12月12日 条例第41号
平成19年12月17日 条例第34号
平成20年12月16日 条例第37号