○檜原村立小・中学校一貫教育推進要綱

平成23年4月1日

教委要綱第1号

檜原村立小・中学校一貫教育推進要綱(平成21年教委要綱第2号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、児童・生徒の生きる力の育成を図るために、檜原村の教育課題を踏まえながら、共通の考えのもとに義務教育期間を通して計画的・継続的な教育を行う檜原村立小・中学校一貫教育(以下「一貫教育」という。)の推進を図ることを目的とする。

(檜原学園)

第2条 一貫教育を行う学校として、檜原村立檜原小学校と檜原村立檜原中学校を合わせて檜原学園と通称するとともに、それぞれの学校を檜原学園檜原小学校と檜原学園檜原中学校と通称する。

2 檜原学園に学園長と副学園長を置く。檜原村立檜原小学校長と檜原村立檜原中学校長がこの任にあたる。

(一貫教育基本計画)

第3条 一貫教育は、檜原村立小・中学校一貫教育推進委員会(以下「一貫教育推進委員会」という)が5年ごとに作成する檜原村立小・中学校一貫教育基本計画(以下「一貫教育基本計画」という)に基づいて実施する。

2 一貫教育基本計画には、次の各号に掲げる取組に関する活動を示す。

(1) 一貫教育を行うために必要な取組

 義務教育期間を通した教育課程の編成と実施

 その他必要とされる取組

(2) 一貫教育を行う体制をつくる取組

 檜原学園経営計画の策定

 檜原学園の組織の編成と活動

 檜原学園経営計画の検証

 一貫教育の啓発

 その他必要とされる取組

3 一貫教育基本計画には、学園長と副学園長が必要と判断した場合、一貫教育推進委員会の了承のもと、一貫教育基本計画に示された活動以外の活動を一貫教育に関する活動として設定できる規定を示す。

4 一貫教育推進委員会は、一貫教育基本計画を年度ごとに検証する。

(檜原学園経営計画)

第4条 檜原学園の経営は、学園長と副学園長が、前条第2項-(2)-アに関する活動に基づいて作成する檜原学園経営計画を実施することで行う。

2 学園長と副学園長は、檜原学園経営計画を年度ごとに検証する。

(報告義務)

第5条 学園長と副学園長は、檜原学園経営計画の実施状況及び検証結果を檜原村教育委員会と一貫教育推進委員会に報告する。

附記

1 一貫教育は、平成23年度より実施する。

2 学園長と副学園長は、学習指導要領をはじめとする教育にかかわる法令に留意しながら、檜原学園の経営を行うものとする。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

檜原村立小・中学校一貫教育推進要綱

平成23年4月1日 教育委員会要綱第1号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第11類 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成23年4月1日 教育委員会要綱第1号