○揖斐広域連合職員の特殊勤務手当に関する条例

平成16年2月19日

条例第5号

(趣旨)

第1条 この条例は、揖斐広域連合職員の給与に関する条例(平成11年揖斐広域連合条例第18号)の規定に基づき、職員の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 老人福祉施設勤務手当

(老人福祉施設勤務手当)

第3条 老人福祉施設勤務手当は、特別養護老人ホーム尚和園に勤務する職員で広域連合長の命令により入所者の看護、寮母又は給食の業務に従事する職員に支給する。

2 老人福祉施設勤務手当の額は、勤務1月につき5,000円を超えない範囲内で広域連合長が定める。

(支給方法)

第4条 特殊勤務手当の支給方法は、給料の支給方法に準じて支給する。

(委任)

第5条 この条例に関し必要な事項は、揖斐広域連合長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

揖斐広域連合職員の特殊勤務手当に関する条例

平成16年2月19日 条例第5号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第6編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成16年2月19日 条例第5号