○一関市石と賢治のミュージアム条例

平成17年9月20日

条例第90号

(設置)

第1条 旧東北砕石工場に関する歴史及び文化を保全し、関係者の功績を顕彰するとともに、資料の収集、保管、展示等を行い、これを広く伝承し、地域の教育文化の向上に資するため、石と賢治のミュージアム(以下「ミュージアム」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ミュージアムの名称及び位置は、次のとおりとする。

ミュージアムの名称

位置

石と賢治のミュージアム

一関市東山町松川地内

2 ミュージアムの施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

施設の名称

位置

旧東北砕石工場及び坑道

一関市東山町松川字滝ノ沢平117番地1外3筆

太陽と風の家

一関市東山町松川字滝ノ沢153番地1外5筆

双思堂文庫

一関市東山町松川字滝ノ沢152番地9

賢治・東蔵を語る休憩室

一関市東山町松川字滝ノ沢146番地1外1筆

(管理)

第3条 ミュージアムは、常に良好な状態において管理し、見学者等の利便に供するとともに、その設置目的に応じて、効率的に運用するものとする。

(職員)

第4条 ミュージアムの管理運営のため、太陽と風の家に館長のほか、必要な職員を置く。

(運営委員会)

第5条 ミュージアムの円滑な運営を図るため、一関市石と賢治のミュージアム運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の委員は、市長が委嘱し、委員の定数は、10人以内とし、任期は、2年とする。

(入館料)

第6条 展示資料を観覧するためミュージアムに入館しようとする者は、別表に定める入館料を前納しなければならない。

(入館料の減免)

第7条 市長は、特別の理由があると認めるときは、入館料を減額し、又は免除することができる。

(入館料の不還付)

第8条 既納の入館料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(損害賠償)

第9条 自己の責めに帰すべき理由により施設、設備又は資料等に損害を与えた者は、市長の指示に従い、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の石と賢治のミュージアム設置条例(平成11年東山町条例第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成26年3月14日条例第22号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

区分

入館料(1人1回につき)

個人

団体(20人以上の場合をいう。)

高校生、大学生

200円

160円

一般

300円

240円

備考

1 期間を定めて特別の企画により資料を展示する場合において、その資料を観覧しようとする者については、その都度市長が定める額を別に徴収することができる。

2 「高校生、大学生」には、専門学校生及び大学院生を含む。

3 小学校就学の始期に達していない者、小学生及び中学生は、無料とする。

一関市石と賢治のミュージアム条例

平成17年9月20日 条例第90号

(平成26年4月1日施行)