○一関市石と賢治のミュージアム条例施行規則

平成17年9月20日

規則第79号

(趣旨)

第1条 この規則は、一関市石と賢治のミュージアム条例(平成17年一関市条例第90号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 石と賢治のミュージアム(以下「ミュージアム」という。)の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) ミュージアムに関する資料の収集、保存及び展示に関すること。

(2) ミュージアムに必要な企画並びに運営及び指導並びに助言に関すること。

(3) ミュージアムの資料の調査及び研究に関すること。

(4) その他ミュージアムの設置目的達成に必要なこと。

(開館時間)

第3条 ミュージアムの開館時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第4条 ミュージアムの休館日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たる場合は、その翌日)

(2) 国民の祝日に関する法律に規定する休日の翌日(その日が日曜日、土曜日及び前号に掲げる休館日に当たる場合は、その翌日)

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日

2 市長は、特に必要があると認めるときは、臨時に休館し、又は開館することができる。

(入館の手続)

第5条 ミュージアムに入館しようとする者は、条例第6条に規定する入館料を納付し、入館券(様式第1号)の交付を受けなければならない。

(入館制限)

第6条 次に掲げる者は、入館を禁止し、又は退館を命ずることができる。

(1) 他人に迷惑をかける行為をする者又は他人に険悪の情を催させる者

(2) 施設、設備又は展示物を汚損し、損傷し、又は亡失するおそれのある者

(3) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがある者

(4) その他管理上支障があると認める者

(禁止行為)

第7条 入館者は、ミュージアムにおいて、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 物品の販売その他の商行為をすること。

(2) 許可を受けないで印刷物、ポスター等を提示し、又は配布すること。

(3) 所定の場所以外で喫煙し、又は飲食すること。

(入館料の減免)

第8条 条例第7条の規定により入館料を減額し、又は免除する場合及びその割合は、次のとおりとする。

(1) 教育課程に基づく教育活動として、小学校の児童又は中学校の生徒を引率する者が入館する場合 全額免除

(2) 市が主催する事業に参加するため入館する場合 全額免除

(3) 次に掲げる手帳のいずれかの交付を受けている者が当該手帳を係員に提示し、確認を受けて入館する場合及びその者に同行する介護者が入館する場合(ただし、当該手帳の交付を受けている者1人に対して減免の対象となる同行の介護者は、1人とする。) 全額免除

 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定により交付を受けた身体障害者手帳

 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条の規定により交付を受けた精神障害者保健福祉手帳

 戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)第4条の規定により交付を受けた戦傷病者手帳

 知的障害者療育手帳交付規則(昭和49年岩手県規則第57号)第2条の規定により交付を受けた療育手帳

(4) 市内に居住する65歳以上の高齢者がその身分を証する書面を提示して入館する場合 全額免除

(5) その他市長が公益上特に必要と認める場合 市長が定める額

2 前項の規定により入館料の減免を受けようとする者は、石と賢治のミュージアム入館料減免申請書(様式第2号)を市長に提出し、その承認を受けなければならない。ただし、同項第3号及び第4号の規定により減免を受ける場合は、この限りでない。

(入館料の還付)

第9条 条例第8条ただし書の規定により入館料を還付する場合及びその額は、次のとおりとする。

(1) 災害その他入館者の責めに帰することができない理由により観覧することができなくなった場合 既納額の全額

(2) その他市長が特別の理由があると認める場合 市長が相当と認める額

(損傷等の届出)

第10条 ミュージアムの施設、設備又は資料を汚損し、損傷し、又は忘失した者は、その旨を市長に届け出て、その指示に従わなければならない。

(資料の寄贈及び寄託)

第11条 ミュージアムに、資料を寄贈しようとする者(以下「寄贈者」という。)は石と賢治のミュージアム寄贈申出書(様式第3号)を、資料を寄託しようとする者(以下「寄託者」という。)は石と賢治のミュージアム資料寄託申請書(様式第4号)を、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申出書又は申請書を受理した場合において、これを受けることを決定したときは、寄贈者に対し石と賢治のミュージアム資料受領書(様式第5号)を、寄託者に対し石と賢治のミュージアム資料受託書(様式第6号)を交付するものとする。

3 資料の寄贈を受けたときは、寄贈者の指名及び寄贈年月日を記録するものとする。

4 資料の寄託は、無償とし、寄託を受けた資料の取扱いについては、寄託者と協議して定める。

5 災害その他不可抗力により寄託を受けた資料が損害を受けたときは、市は、その賠償の責めを負わない。

(運営委員会の委員長)

第12条 一関市石と賢治のミュージアム運営委員会(以下「委員会」という。)に委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、委員会を総理し、会議の議長となる。

3 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長が指定する委員が、その職務を代理する。

(会議)

第13条 委員会の会議は、委員長が招集する。

(補則)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年9月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の石と賢治のミュージアム管理運営規則(平成11年東山町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成26年3月17日規則第5号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

一関市石と賢治のミュージアム条例施行規則

平成17年9月20日 規則第79号

(平成26年4月1日施行)