○一関市災害援護資金貸付金償還利子補給補助金交付要綱

平成19年6月29日

告示第173号

(目的)

第1 この告示は、平成14年台風6号に伴う大雨洪水災害(以下「大雨洪水災害」という。)により、一関市災害弔慰金の支給等に関する条例(平成17年一関市条例第99号)に規定する災害援護資金の貸付けを受けた者(以下「資金借受者」という。)が支払うこととなる利子に対し、一関市補助金交付規則(平成17年一関市規則第52号。以下「規則」という。)及びこの告示により利子補給補助金(以下「補助金」という。)を交付することにより、被災した資金借受者の経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

(補助金の交付の対象及び補助額)

第2 補助金の対象者は、大雨洪水災害による資金借受者とし、補助額は、資金借受者が償還の際に要した利子(延滞による利子を除く。)に相当する額を限度とする。

(補助金の交付申請等)

第3 補助金の交付を受けようとする資金借受者は、災害援護資金貸付金償還利子補給補助金交付申請書(様式第1号)を、市が発行する災害援護資金償還納付書により4月1日から9月30日までの間(以下「上半期」という。)に納付した場合は10月31日までに、10月1日から翌年3月31日(市の出納整理期間(地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の5に規定する期間をいう。)内に納付した場合を含む。)までの間(以下「下半期」という。)に納付した場合は翌年の6月30日までに市長に提出するものとする。

2 市長は、前項の規定による申請書を受理したときは、当該申請書の内容を審査し、補助金を交付することが適当と認めたときは、その旨を災害援護資金貸付金償還利子補給補助金交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(補助金の請求)

第4 第3第2項の規定により補助金の交付決定を受けた資金借受者は、災害援護資金貸付金償還利子補給補助金交付請求書(様式第3号)を、上半期においては11月30日までに、下半期においては翌年の7月31日までに市長に提出するものとする。

制定文 抄

平成19年度分の利子補給補助金から適用する。

画像

画像

画像

一関市災害援護資金貸付金償還利子補給補助金交付要綱

平成19年6月29日 告示第173号

(平成19年6月29日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成19年6月29日 告示第173号