○一関市認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金交付要綱

平成21年3月31日

告示第97号

(目的)

第1 この告示は、子育てに係る経済的負担を軽減するとともに、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりを推進するため、認可外保育施設設置者(以下「設置者」という。)が第3子以降の児童に係る入園料及び基本保育料(以下「第3子以降保育料」という。)を免除した場合に、予算の範囲内で一関市補助金交付規則(平成17年一関市規則第52号)及びこの告示により補助金を交付する。

(定義)

第2 この告示において「第3子以降の児童」とは、保護者が3人以上の子(実子及び養子以外の子を含む。)を扶養している場合の年齢順に上から3番目以降の児童をいう。

(補助金の交付の対象及び補助額)

第3 補助金の交付対象者は、市内に住所を有する保護者の第3子以降保育料を免除した設置者とし、補助額は、当該第3子以降保育料の全額とする。

(補助金の交付の申請)

第4 補助金の交付を受けようとする設置者は、認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金交付申請書(様式第1号)に認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金に関する内訳書(様式第2号)及び認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金に関する調書(様式第3号)を添えて市長に提出しなければならない。

(補助金の交付の決定及び通知)

第5 市長は、第4に規定する申請書を受理したときは、その内容について審査し、補助金の交付の可否を決定し、補助金の交付の申請をした設置者に通知するものとする。

(補助金の交付の変更の申請)

第6 第5の規定により補助金の交付の決定を受けた設置者(以下「補助事業者」という。)は、第4の規定による申請の内容に変更が生じたときは、速やかに認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金交付変更申請書(様式第4号)に認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金に関する内訳書及び認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金に関する調書を添えて市長に提出しなければならない。

(補助金の請求)

第7 補助事業者は、補助金の交付の決定に係る会計年度の第3子以降保育料の免除が完了したときは、認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金請求書(様式第5号)に第3子以降保育料免除確認書(様式第6号)を添えて市長に提出しなければならない。

(前金払)

第8 補助事業者は、補助金の前金払を請求しようとするときは、認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金前金払請求書(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

2 前金払を受けた補助事業者は、補助金の交付の決定に係る会計年度の第3子以降保育料の免除が完了したときは、第3子以降保育料免除確認書を市長に提出しなければならない。

(経過措置)

第9 補助金の交付の対象及び補助金の交付の申請、決定その他の手続、処分については、平成25年一関市告示第12号(以下この条において「改正告示」という。)による改正後のこの告示の規定にかかわらず、平成24年度に限り、改正告示による改正前のこの告示の例によることができる。

(その他)

第10 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

制定文 抄

平成21年度分の補助金から適用する。

前 文(平成25年2月14日告示第12号抄)

平成24年度分の補助金から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

一関市認可外保育施設利用第3子以降保育料補助金交付要綱

平成21年3月31日 告示第97号

(平成25年2月14日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成21年3月31日 告示第97号
平成25年2月14日 告示第12号