○一関市老人クラブ活動費補助金交付要綱

平成18年3月31日

告示第97号

(目的)

第1 この告示は、老人の老後の生活を健全で豊かなものにするため、老人クラブ(以下「クラブ」という。)の活動に要する経費に対し、予算の範囲内で、一関市補助金交付規則(平成17年一関市規則第52号。以下「規則」という。)及びこの告示により補助金を交付し、老人福祉の増進に資することを目的とする。

(補助金の交付の対象及び補助額)

第2 第1に規定する補助金の交付の対象は、同一地域に居住するおおむね60歳以上のものでおおむね11人以上の会員を有するクラブとし、経費及びこれに対する補助額は、次のとおりとする。

補助対象経費

補助額

クラブ活動に要する経費(食料費を除く。)

市長が定める額

(補助金の交付申請)

第3 規則第4条の規定による補助金の交付の申請は、老人クラブ活動費補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて行うものとする。

(1) 事業計画書(様式第2号)

(2) 収支予算書(様式第3号)

(3) 老人クラブ役員・会員名簿(様式第4号)

(4) その他市長が必要と認める書類

(補助事業の内容等の変更)

第4 補助金の交付決定を受けたクラブは、補助事業の内容等を変更しようとするときは、老人クラブ活動事業変更(中止)承認申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

2 規則第6条第1項第1号及び第2号に規定する軽微な変更は、補助金交付の対象となる経費の3割以内の変更とする。

(申請の取下げ)

第5 規則第8条に規定する申請の取下げ期日は、補助金の交付の決定を受けた日から起算して30日以内とする。

(補助金の交付請求)

第6 規則第13条第1項の規定による補助金の交付の請求は、老人クラブ活動費補助金請求書(様式第6号)に事業実績書(様式第2号)及び収支精算書(様式第3号)を添えて行うものとする。

(前金払)

第7 規則第13条第3項の規定により補助金の前金払を請求しようとするときは、老人クラブ活動費補助金前金払請求書(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

2 前金払を受けたクラブは、補助事業が完了したときは、市長に補助金の精算報告をしなければならない。

制定文 抄

平成18年4月1日から施行する。

改正文(平成19年告示第101号抄)

平成19年4月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

一関市老人クラブ活動費補助金交付要綱

平成18年3月31日 告示第97号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成18年3月31日 告示第97号
平成19年3月30日 告示第101号