○一関市障がい者支援員設置規則

平成17年9月20日

規則第121号

(設置)

第1条 障害者の社会参加を増進し、もって障害者福祉の振興を図るため、一関市障がい者支援員(以下「支援員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 支援員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 障害者福祉に関する知識と経験を有する者

(2) 障害者の社会参加活動のための支援及び助言のできる者

(任期)

第3条 支援員は、非常勤とする。

2 支援員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(職務)

第4条 支援員は、サン・アビリティーズ一関(以下「施設」という。)の館長の指揮監督を受け、次に掲げる職務を行う。

(1) 施設利用者への支援及び助言に関すること。

(2) 障害者の社会参加促進のための企画及び運営に関すること。

(3) その他市長が必要と認めること。

(勤務時間)

第5条 支援員の勤務時間は、1週間につき29時間を超えない範囲内で市長が定める。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年9月20日から施行する。

附 則(平成22年規則第15号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

一関市障がい者支援員設置規則

平成17年9月20日 規則第121号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 心身障害者福祉
沿革情報
平成17年9月20日 規則第121号
平成22年3月31日 規則第15号