○一関市ふじさわ訪問看護ステーション管理運営規程

平成23年9月26日

病院事業管理規程第10号

(趣旨)

第1条 この規程は、ふじさわ訪問看護ステーション(以下「訪問看護ステーション」という。)の管理運営に関し、一関市病院事業管理規程(平成23年一関市病院事業管理規程第1号。以下「事業管理規程」という。)に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(運営の方針)

第2条 老人等の家庭での療養生活を看護の面で支援することによって、心身の機能維持及び回復を図り、より質の高い生活が営まれることを目指し運営する。

(組織等)

第3条 訪問看護ステーションの組織及び所掌事務並びに職及び職務は、事業管理規程第2条から第4条に定めるところによる。

2 前項に定めるもののほか、介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく運営に関する基準(以下「運営基準」という。)により管理者を置く。

3 各職が担当する職務は、第1項に定めるもののほか、次のとおりとする。

(1) 管理者は、所長の命を受け、訪問看護ステーションの業務実施状況を管理し、従事者に介護サービス提供上必要な指揮命令を行う。

(2) 看護職員は、訪問看護の提供及び居宅療養管理指導を提供する。

(3) 理学療法士は、訪問看護たるリハビリテーションを提供する。

(職員の員数等)

第4条 訪問看護ステーションに置く職員の員数は、事業の必要に応じた員数とする。

2 前項の職員のうち、運営基準に定めのある職員の員数若しくは配置の基準は、次のとおりとする。

職員

員数若しくは配置の基準

管理者

1人

看護職員

常勤換算で2.5人以上

理学療法士

1人以上

(訪問看護の対象者及び提供方法)

第5条 訪問看護の対象者は、居宅で療養を行っており、疾病又は負傷のために通院による療養が困難な老人等とする。

2 訪問看護の提供方法は、主治医が訪問看護の必要を認めたものについて、主治医の指示書に基づき提供する。

3 訪問看護の提供に際しては、サービスが円滑に行われるよう関係機関及び主治医との連携を図るものとする。

(訪問看護の内容)

第6条 訪問看護の内容は、次のとおりとする。

(1) 病状の観察

(2) 清拭・洗髪

(3) 褥瘡じょくそう等の処置

(4) カテーテルの管理

(5) リハビリテーション

(6) 利用者及び家族への療養上の指導

(7) その他の訪問看護サービス

(居宅療養管理指導の対象者及び提供方法)

第7条 第5条の規定は、居宅療養管理指導の対象者及び提供方法に準用する。

(居宅療養管理指導の内容)

第8条 居宅療養管理指導の内容は、次のとおりとする。

(1) 利用者及び家族への療養上の相談及び支援

(2) 主治医等への情報提供

(3) その他必要な支援

(開所日及び開所時間)

第9条 開所日及び開所時間は、次のとおりとする。

(1) 開所日は、通常月曜日から金曜日までとする。ただし、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び12月29日から翌年の1月3日までの日を除く。

(2) 開所時間は、午前8時30分から午後5時15分までとする。

(3) 前各号にかかわらず、電話等により24時間常時連絡が可能である体制にすることができる。

(通常の事業実施地域)

第10条 通常の事業実施地域は、一関市藤沢町とする。

(緊急時の対応方法)

第11条 訪問看護師等は、訪問看護及び居宅療養管理指導の提供を行っている際に、利用者に症状の急変等が生じた場合には、主治医に速やかに連絡を行わなければならない。

(利用料及び手数料)

第12条 訪問看護ステーションの利用料及び手数料は、一関市病院事業利用料及び手数料条例(平成23年一関市条例第27号)に定める額とする。

(補則)

第13条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、病院事業管理者が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成23年9月26日から施行する。

(権利義務の継承)

2 この規程の施行の際、現に成立している介護サービス契約に基づく権利義務は、病院事業管理者が引き継ぐものとする。

一関市ふじさわ訪問看護ステーション管理運営規程

平成23年9月26日 病院事業管理規程第10号

(平成23年9月26日施行)