○一関市ふじさわデイサービスセンター介護予防・日常生活支援総合事業における指定第1号通所事業運営規程

平成29年3月31日

病院事業管理規程第5号

(趣旨)

第1条 この規程は、一関市病院事業設置等に関する条例(平成23年一関市条例第24号)第3条に規定するふじさわデイサービスセンター(以下「事業所」という。)が行う一関地区広域行政組合介護予防・日常生活支援総合事業における指定第1号通所事業(通所介護サービス(現行相当))の適正な運営を確保するため、必要な事項を定めるものとする。

(事業の目的)

第2条 事業所は、介護保険法(平成9年法律第123号)の規定に基づき、一関地区広域行政組合介護予防・日常生活支援総合事業における指定第1号通所事業(通所介護サービス(現行相当))(以下「通所介護サービス」という。)を提供することにより、高齢者福祉の向上を図ることを目的とする。

(運営の方針)

第3条 事業所は、要支援状態等である利用者が、可能な限りその居宅において自立した日常生活を営むことができるよう、利用者の心身機能及び生活機能の維持又は向上を図るものとする。

2 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、通所介護サービスを提供するよう努めるものとする。

3 事業所は、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行い、関係市町、地域の保険、医療、福祉サービス事業者と連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。

4 事業所は、通所介護サービスの提供に当たっては、事業所の従業者によってのみ行うものとし、第三者への委託は行わないものとする。

(職員の職種、員数及び職務内容)

第4条 事業所に勤務する職員の職種、員数及び職務内容は、次のとおりとする。

(1) 管理者1名 職員の管理、業務の実施状況の把握、その他の管理を一元的に行うとともに職員に必要な指揮命令を行う。

(2) 生活相談員1名以上 利用申し込みに係る調整、職員に対する相談助言及び技術指導を行うとともに、通所介護計画の作成等を行う。

(3) 看護職員1名以上 利用者の健康管理、保健衛生管理及び職員への指導を行う。

(4) 介護職員5名以上 利用者の援助を行う。

(5) 機能訓練指導員1名以上 利用者の機能回復及び機能維持に必要な訓練を行うほか、併せて職員への指導等を行う。

(営業日及び営業時間等)

第5条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。

(1) 営業日は、日曜日から土曜日までとする。ただし、12月29日から1月3日を除く。

(2) 営業時間は、午前8時から午後7時までとする。

(3) サービス提供時間は、午前9時から午後4時までとする。

(利用定員)

第6条 利用者の定員は、1日30人とする。

(通所介護サービスの内容)

第7条 通所介護サービスの内容は、次に掲げるもののうち必要と認められるサービスを行うものとする。

(1) 日常生活上の援助

 給食サービス

 入浴サービス

(2) 健康状態確認

(3) 生活指導及び日常生活動作訓練

 レクリエーション

 グループワーク

 制作的活動

 体操

 休養

(4) 介護予防訓練

 生活機能向上訓練

 運動器機能向上訓練

 栄養改善訓練

 口腔機能向上訓練

(5) 送迎サービス

(6) 利用者及び家族に対する相談及び助言

(利用料その他の費用の額)

第8条 通所介護サービスを提供した場合の利用料の額は、「一関地区広域行政組合介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱」上の額とし、当該通所介護サービスが法定代理受領サービスであるときは、その利用者から利用料の一部として、当該通所介護サービスに係わる介護予防サービス費用基準額から施設に支払われる介護予防サービス費の額を除して得た額の支払いを受けるものとする。

2 前項のほか、通所介護サービスにおいて通常必要となる費用で、利用者が負担することが適当と認められる費用として次に掲げる費用の支払いを受けるものとする。

(1) 利用者の希望に応じて提供する食事の費用及び行事に伴い特別に提供する食事の費用

(2) 諸活動を行う際に特別に要する費用

(3) 利用日前日の午後5時以降にキャンセルした場合の費用

(通常の事業の実施地域)

第9条 通常の事業の実施地域は、一関市藤沢町の区域とする。ただし、利用者の必要に応じて通常の地域を越えて事業を実施できるものとする。

(通所介護サービス利用に当たっての留意事項)

第10条 通所介護サービス利用に当たっての留意事項は、次のとおりとする。

(1) 利用者は、心身の状況に応じた通所介護サービスを受けるため、医師の診断や日常生活上の留意事項、利用当日の健康状態を事業所の職員に申告しなければならない。

(2) 利用者は、通所介護サービスを中止する場合、利用日前日の午後5時までに事業所に通知するものとする。

(3) 事業者は、利用者の体調不良等の理由により、通所介護サービスの実施が困難と判断した場合、サービスの提供を中止することがある。

(利用手続き)

第11条 通所介護サービスの利用を申請する者は、別に定める利用申請書を管理者に提出しなければならない。

2 事業所は、通所介護サービスの提供の開始を決定した場合は、別に定める利用決定通知書を交付する。

(介護予防通所介護計画の作成)

第12条 事業所は、利用者の心身の状況、希望及び置かれている環境を踏まえて、通所介護サービスの目標、当該目標を達成するための具体的な通所介護サービスの内容を記載した介護予防通所介護計画を作成しなければならない。

2 前項の介護予防通所介護計画は、介護予防サービス計画に沿って作成しなければならない。

3 介護予防通所介護計画の作成、変更の際には、利用者又はその家族に対しその内容を説明し、同意を得なければならない。

(通所介護サービス提供に関する説明と同意)

第13条 事業所は、通所介護サービスの提供に際して、あらかじめ利用者又はその家族に対し、運営規程の概要、職員の勤務体制、その他通所介護サービスの選択に必要な重要事項を記した文書を交付して説明を行い、利用者若しくは申込者の同意を得、別に定める契約書により契約を締結するものとする。

(受給資格の確認)

第14条 事業所は、通所介護サービスの提供に際して、被保険者証の提示を受け、被保険者資格、要支援認定の有無及び要支援認定の期間を確認するものとする。

(損害賠償)

第15条 事業所は、通所介護サービスの提供により賠償すべき事故が発生した場合には、損害賠償を速やかに行う。

第16条 利用者は、故意又は過失によって施設及び備品等に損害を与え、又は無断で施設及び備品等の計上を変更したときは、その損害を賠償し、又は現状に復する責を負わなければならない。

2 前項の損害賠償の額は、利用者及び身元引受人の負担能力を考慮して、全部又は一部を減免することができる。

(秘密保持)

第17条 職員は、業務上知り得た秘密を漏らしてはならない。職員が退職した以後も同様とする。

(苦情処理)

第18条 管理者は、提供した通所介護サービスに関する利用者からの苦情に対して、迅速かつ適切に対応するため、受付窓口の設置、担当者の配置、事実関係の調査、改善措置、利用者又は家族への説明、記録の整備その他必要な措置を講ずるものとする。

(緊急時等における対応方法)

第19条 事業所は、通所介護サービスの提供中に利用者の心身の状況に異変その他緊急事態が発生した場合は、身元引受人又は緊急連絡先へ連絡すると共に速やかに主治医に連絡を取る等必要な措置を講ずるものとする。

(非常災害対策)

第20条 事業所は、非常災害対策に備えて、消防防災計画を作成するものとする。

2 施設は、前項の計画に基づき、年2回以上、定期的に避難訓練を行うものとする。

(職員研修)

第21条 事業所は、通所介護サービスの向上を図るため、適時適切に研修の機会を確保するものとする。

(記録の整備)

第22条 事業所は、通所介護サービスの提供に関する諸記録を整備し、その完結の日から5年間これを保存しなければならない。

(身体拘束の制限)

第23条 事業者は、通所介護サービスの提供にあたり、利用者又は他の利用者等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除き身体的拘束は行わないものとする。

2 前項の身体拘束を行う場合は、身体拘束に係わる会議等において検討し、入所者本人や家族に対して、その内容、理由、拘束の時間、時間帯、期間等を詳細に説明して充分な理解を得るものとする。

(事業の廃止又は休止の届出及び便宜の提供)

第24条 事業所は、事業を廃止又は休止しようとするときは、その廃止又は休止の日の1月前までに、次に掲げる事項を一関地区広域行政組合に届出なければならない。

(1) 廃止又は休止しようとする年月日

(2) 廃止又は休止しようとする理由

(3) 現に通所介護サービスを受けている者に対する措置

(4) 休止しようとする場合にあっては、休止の予定期間

(補則)

第25条 この規程に定めるものの他、必要事項は、一関市病院事業管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

一関市ふじさわデイサービスセンター介護予防・日常生活支援総合事業における指定第1号通所事…

平成29年3月31日 病院事業管理規程第5号

(平成29年4月1日施行)