○稲城・府中墓苑組合指名業者選定委員会規則

平成24年5月1日

規則第15号

(設置)

第1条 稲城・府中墓苑組合契約事務規則(平成24年稲城・府中墓苑組合規則第14号)第70条の規定に基づき、同規則第1条に定める契約に関し、入札及び契約の厳正かつ公正な執行及び優れた履行を確保するために必要な審査を行うため、稲城・府中墓苑組合指名業者選定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(用語の定義)

第2条 この規則において「組織団体」とは、稲城・府中墓苑組合規約(平成24年3月16日東京都知事許可)第2条に規定する組織団体をいう。

(所掌事項)

第3条 委員会は、次に掲げる事項を調査及び審議する。

(1) 一般競争入札によること及び当該競争入札に参加する者に必要な資格に関すること。

(2) 指名競争入札又は随意契約によること及び当該競争入札に参加させようとする者又は見積書の徴収をしようとする者の選定に関すること。

(3) 格付基準、指名業者選定基準及び指名停止基準の適用に関すること。

(4) 入札の公正な執行を妨げる恐れがある場合の対応に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、その他委員長が特に必要と認めた事項

(組織)

第4条 委員会は、委員長及び委員若干名をもって組織し、それぞれ次に掲げる職にある者をこれにあてる。

委員長 事務局長

委員 組織団体の稲城・府中墓苑組合担当部署の部課長(相当職を含む。)

2 前項の規定にかかわらず、委員長が特に必要と認めたときは、臨時委員を置くことができる。

(委員長の職務及び代理)

第5条 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

2 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(招集)

第6条 委員会は、必要の都度委員長が関係委員を招集する。

(定足数)

第7条 委員会は、招集委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。

2 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(管理者への報告)

第8条 委員長は、委員会の審議結果を速やかに管理者に報告するものとする。

(秘密保持)

第9条 委員長、委員及び関係職員は、会議の内容について、秘密を守らなければならない。

(庶務)

第10条 委員会の庶務は、事務局で処理する。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、委員会の運営について必要な事項は、委員長が定める。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

稲城・府中墓苑組合指名業者選定委員会規則

平成24年5月1日 規則第15号

(平成24年5月1日施行)