○石川県農業用物料依頼分析条例

昭和二十五年十二月二十八日

条例第五十号

石川県農業用物料依頼分析条例を、ここに公布する。

石川県農業用物料依頼分析条例

第一条 土壌、肥料その他農業に関係のある物料の分析について依頼のあつた場合は、この条例により行う。

第二条 前条の試験を依頼しようとする者は、次の区別に従い手数料を納付しなければならない。

 定性分析 一成分につき 千四百九十円

 定量分析

 土壌、肥料及び農産物

(1) 窒素 一成分につき 二千九百九十円

(2) りん酸 一成分につき 二千九百九十円

(3) 加里 一成分につき 二千九百九十円

(4) 苦土 一成分につき 二千九百九十円

(5) けい酸 一成分につき 二千九百九十円

(6) 石灰 一成分につき 二千九百九十円

(7) その他 一成分につき 二千九百九十円

(8) 土壌酸度 一件につき 千四百九十円

 飼料

(1) 粗たん白質 一成分につき 二千九百九十円

(2) 粗脂肪 一成分につき 二千九百九十円

(3) 粗繊維 一成分につき 二千九百九十円

(4) その他 一成分につき 二千九百九十円

 一般水分、灰分 一件につき 千四百九十円

2 前項に定めた以外のものの手数料については、知事が定める。

3 知事が公益上必要があると認めた場合には、特に手数料を減免することができる。

(昭三三条例一一・昭三五条例一六・昭三八条例五一・昭三九条例二四・昭四〇条例二一・昭五一条例二三・昭六〇条例七・昭六二条例三・平元条例五・平二条例四・平四条例四・平七条例五・平九条例三・平二六条例九・一部改正)

第三条 第一条の分析を依頼しようとする者は、分析依頼書に前条の手数料及び供試品を添え、知事に提出しなければならない。

2 供試品の数量は、一件ごとに次の通りとする。但し、必要があると認めた場合には、供試品の追加を要求することができる。

 土壌(風乾物) 五〇〇グラム

 肥料

特殊肥料 五〇〇グラム

普通肥料 三〇〇グラム

但し、液肥は五〇〇グラムとする。

 農産物

穀類 二〇〇グラム

蔬菜 五〇〇グラム

茎葉藁稈類(新鮮) 五〇〇グラム

茎葉藁稈類(風乾) 二〇〇グラム

その他固形品 三〇〇グラム

 飼料 五〇〇グラム

3 供試品は、試験の依頼に応じない場合を除いては、これを返還しない。

(昭三八条例五一・昭五一条例二三・一部改正)

第四条 分析が終つたときは、成績結果を当該依頼者に通知するものとする。

第五条 分析の必要がないと認めるとき又は分析を行うことができないときは、依頼に応じないことができる。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和二十五年十一月一日から適用する。

2 石川県立農事試験場分析手数料条例は、廃止する。

附 則(昭和三十三年三月二十七日条例第十一号)

この条例は、昭和三十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和三十五年七月一日条例第十六号抄)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和三十八年十月一日条例第五十一号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和三十九年三月三十日条例第二十四号抄)

1 この条例は、昭和三十九年四月一日から施行する。

2 この条例の施行の際、現に旧石川県収入証紙規則(昭和二十七年石川県規則第五号)に基づいて発行されている収入証紙については、なおその効力を有する。

附 則(昭和四十年三月二十五日条例第二十一号)

この条例は、昭和四十年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十一年三月三十日条例第二十三号)

1 この条例は、昭和五十一年四月一日から施行する。

2 この条例による改正後の石川県農業用物料依頼分析条例第二条の規定は、この条例の施行の日以後の依頼に係る分析の手数料について適用し、同日前の依頼に係る分析の手数料については、なお従前の例による。

附 則(昭和六十年三月二十六日条例第七号抄)

(施行期日)

1 この条例は、昭和六十年四月一日から施行する。(後略)

(石川県農業用物料依頼分析条例の一部改正に伴う経過措置)

5 第十三条の規定による改正後の石川県農業用物料依頼分析条例第二条の規定は、第十三条の規定の施行の日以後の依頼に係る分析の手数料について適用し、同日前の依頼に係る分析の手数料については、なお従前の例による。

附 則(昭和六十二年三月十七日条例第三号抄)

(施行期日)

1 この条例は、昭和六十二年四月一日から施行する。

(石川県農業用物料依頼分析条例の一部改正に伴う経過措置)

5 第六条の規定による改正後の石川県農業用物料依頼分析条例第二条の規定は、施行日以後の依頼に係る分析の手数料について適用し、施行日前の依頼に係る分析の手数料については、なお従前の例による。

附 則(平成元年三月二十四日条例第五号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成元年四月一日から施行する。(後略)

(石川県農業用物料依頼分析条例の一部改正に伴う経過措置)

16 第十六条の規定による改正後の石川県農業用物料依頼分析条例第二条第一項の規定は、施行日以後の依頼に係る分析の手数料について適用し、施行日前の依頼に係る分析の手数料については、なお従前の例による。

附 則(平成二年三月二十七日条例第四号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成二年四月一日から施行する。(後略)

附 則(平成四年三月二十七日条例第四号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成四年四月一日から施行する。(後略)

附 則(平成七年三月二十二日条例第五号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成七年四月一日から施行する。(後略)

附 則(平成九年三月二十二日条例第三号抄)

(施行期日)

1 この条例中第一条から第二十六条まで及び第三十条から第三十五条まで並びに次項から附則第十六項までの規定は平成九年四月一日から、第二十七条から第二十九条までの規定は同年五月一日から施行する。

(石川県農業用物料依頼分析条例の一部改正に伴う経過措置)

12 第二十一条の規定による改正後の石川県農業用物料依頼分析条例第二条第一項の規定は、第二十一条の規定の施行の日以後の依頼に係る分析の手数料について適用し、同日前の依頼に係る分析の手数料については、なお従前の例による。

附 則(平成二十六年二月二十六日条例第九号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成二十六年四月一日から施行する。

(石川県農業用物料依頼分析条例の一部改正に伴う経過措置)

6 第二十六条の規定による改正後の石川県農業用物料依頼分析条例第二条第一項の規定は、第二十六条の規定の施行の日以後の依頼に係る分析の手数料について適用し、同日前の依頼に係る分析の手数料については、なお従前の例による。

石川県農業用物料依頼分析条例

昭和25年12月28日 条例第50号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第5編 農林水産/第2章 業/第1節
沿革情報
昭和25年12月28日 条例第50号
昭和33年3月27日 条例第11号
昭和35年7月1日 条例第16号
昭和38年10月1日 条例第51号
昭和39年3月30日 条例第24号
昭和40年3月25日 条例第21号
昭和51年3月30日 条例第23号
昭和60年3月26日 条例第7号
昭和62年3月17日 条例第3号
平成元年3月24日 条例第5号
平成2年3月27日 条例第4号
平成4年3月27日 条例第4号
平成7年3月22日 条例第5号
平成9年3月22日 条例第3号
平成26年2月26日 条例第9号