○石川県立九谷焼技術者自立支援工房条例施行規則

平成十三年三月三十日

規則第十三号

石川県立九谷焼技術者自立支援工房条例施行規則をここに公布する。

石川県立九谷焼技術者自立支援工房条例施行規則

(開館時間及び休館日)

第二条 石川県立九谷焼技術者自立支援工房(個室工房を除く。次項において同じ。)の開館時間は、午前九時から午後五時までとする。

2 石川県立九谷焼技術者自立支援工房の休館日は、次のとおりとする。

 毎週月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)

 一月一日から同月三日まで及び十二月二十九日から同月三十一日まで(前号に掲げる休館日を除く。)

3 前二項の規定にかかわらず、知事が特に必要があると認めるときは、臨時に開館時間を変更し、又は休館し、若しくは開館することができる。

(個室工房の使用者の資格)

第三条 条例第三条第一項の相当の経験と技能を有する者は、次に掲げる者とする。

 九谷焼の制作に五年以上従事している者

 前号に掲げる者以外の者であって、九谷焼の制作に関する専門的知識及び技能が同号に掲げる者と同等以上であると知事が認める者

(個室工房の使用承認の申請)

第四条 個室工房の使用に係る条例第四条第一項の承認(以下「使用承認」という。)を受けようとする者は、別記様式第一号による申請書を別に定める日までに知事に提出しなければならない。

(個室工房の使用承認に係る審査)

第五条 知事は、前条の申請書を提出した者に対して、資格審査、能力検査その他の審査を行う。

2 前項に規定する審査の方法については、別に知事が定める。

(個室工房の使用承認)

第六条 前条第一項に規定する審査に合格した者は、別記様式第二号による使用誓約書を知事に提出しなければならない。

2 知事は、前項の使用誓約書を提出した者に対し、個室工房の使用を承認する。

3 知事は、個室工房の使用を承認したときは、承認書を申請者に交付するものとする。

(個室工房の使用承認事項の変更)

第七条 個室工房の使用承認を受けた者(以下「個室工房の使用者」という。)は、知事に対し、当該使用承認に係る事項の変更を申請することができる。

2 前項の規定による申請は、別記様式第三号による申請書に前条第三項の承認書を添えてしなければならない。

(個室工房の共同使用)

第八条 個室工房の使用者は、あらかじめ知事の承認を得て、当該個室工房を他の者(第三条各号のいずれかに該当する者一人に限る。以下「共同使用者」という。)と共同して使用することができる。

(光熱水費等に係る実費相当額の徴収)

第九条 知事は、個室工房の使用者から光熱水費等に係る実費相当額を徴収する。

(共同工房及び開放機器の使用承認の申請)

第十条 共同工房及び開放機器の使用承認を受けようとする者は、別記様式第四号による申請書を知事に提出しなければならない。

2 前項の申請書の受付は、使用を開始しようとする日の二月前から行うものとする。ただし、知事が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

3 知事は、共同工房及び開放機器の使用を承認したときは、承認書を申請者に交付するものとする。

(共同工房及び開放機器の使用承認事項の変更)

第十一条 共同工房及び開放機器の使用承認を受けた者は、知事に対し、当該使用承認に係る事項の変更を申請することができる。

2 前項の規定による申請は、別記様式第五号による申請書に前条第三項の承認書を添えてしなければならない。

(使用料の減免の申請)

第十二条 条例第七条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、別記様式第六号による申請書を知事に提出しなければならない。

(使用料の返還の申請)

第十三条 条例第八条ただし書の規定により使用料の返還を受けようとする者は、別記様式第七号による申請書を知事に提出しなければならない。

(使用料の区分及び金額)

第十四条 条例別表三の項に規定する知事が定める額は、別表のとおりとする。

(使用の制限)

第十五条 知事は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、石川県立九谷焼技術者自立支援工房(以下「支援工房」という。)の使用を拒否し、又は支援工房からの退去を命ずることができる。

 許可を受けないで金品を募集し、又は物品を販売する者

 他人に迷惑を及ぼし、又は嫌悪の情を抱かせる行為をするおそれがある者

 支援工房の施設、設備等を損傷し、又は他人に危害を加えるおそれがある物品又は動物を携帯する者

 前三号に掲げる者のほか、支援工房の管理上支障があると認められる行為をするおそれがある者

(使用者の遵守事項)

第十六条 支援工房の使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

 前条各号に掲げる者を入館させないこと。

 火災及び盗難の防止等に留意し、使用に係る施設における秩序を維持すること。

 その他支援工房の管理者が指示する事項

(使用終了の届出等)

第十七条 支援工房の使用者は、支援工房の使用を終了したときは、直ちに原状に回復し、支援工房の管理者に届け出て点検を受けなければならない。

(雑則)

第十八条 この規則に定めるもののほか、支援工房の管理運営について必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成十三年四月一日から施行する。

附 則(平成二十六年二月二十六日規則第二号)

この規則は、平成二十六年四月一日から施行する。

別表(第十四条関係)

(平二六規則二・一部改正)

使用料の額

区分

単位

金額

一 ガス窯A

本焼一回につき

一九、〇二〇円

二 ガス窯B

本焼一回につき

一〇、二八〇円

三 電気窯

本焼一回につき

一〇、二八〇円

素焼一回につき

五、六五〇円

四 上絵窯A

一回につき

四、六二〇円

五 上絵窯B

一回につき

二、五七〇円

六 真空式土練機

一台一時間につき

三〇〇円

七 タタラ成形機

一時間につき

一〇〇円

八 電動ロクロ

一台四時間につき

一〇〇円

九 ポットミル回転台

三時間につき

二〇〇円

十 乾燥機

三時間につき

七二〇円

十一 石こうロクロ

一台三時間につき

二〇〇円

十二 石こう真空かくはん機

四時間につき

一〇〇円

十三 石こう型削盤

一時間につき

一〇〇円

十四 ゆう薬吹付ブース

一時間につき

二五〇円

十五 ベルトグラインダー

一時間につき

一〇〇円

十六 グラインダー

一時間につき

一〇〇円

備考 使用時間に単位時間未満の端数があるとき、又はその全時間が単位時間未満であるときは、その端数時間又は全時間を単位時間に切り上げる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

石川県立九谷焼技術者自立支援工房条例施行規則

平成13年3月30日 規則第13号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第5編の3 商工観光/第1章 則/第1節
沿革情報
平成13年3月30日 規則第13号
平成26年2月26日 規則第2号