○石川県教育委員会事務局等組織規則

昭和四十年三月三十一日

教育委員会規則第五号

石川県教育委員会事務局等組織規則をここに公布する。

石川県教育委員会事務局等組織規則

目次

第一章 総則(第一条―第三条)

第二章 本庁(第四条―第九条)

第一節 設置(第四条)

第二節 分掌事務(第五条―第八条)

第三節 (第八条の二・第九条)

第三章 出先機関(第十条・第十一条)

第一節 内部組織及び分掌事務等(第十条)

第二節 (第十一条)

第四章 教育機関等(第十二条―第十四条)

第一節 分掌事務等(第十二条―第十三条)

第二節 (第十四条)

第五章 雑則(第十五条・第十六条)

附則

第一章 総則

(目的)

第一条 この規則は、石川県教育委員会事務局(以下「事務局」という。)等の組織及び分掌事務等を明確にして、事務の適正かつ能率的遂行をはかることを目的とする。

(本庁及び出先機関等)

第二条 事務局等の機関を分けて、本庁、出先機関及び教育機関等とし各機関の意義は、それぞれ次に定めるところによる。

 本庁とは、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和三十一年法律第百六十二号。以下「法」という。)第十七条の規定により設置した事務局の課(以下「分課」という。)をいう。

 出先機関とは、法第十七条の規定により事務局の事務を分掌させるため設置した教育事務所をいう。

 教育機関等とは、学校以外の教育機関等設置に関する条例(昭和三十二年石川県条例第十四号)の規定により設置した石川県立美術館、石川県立歴史博物館及び石川県立白山ろく民俗資料館等の教育機関並びにその他の機関をいう。

(附属機関)

第三条 法律又はこれに基づく政令若しくは条例の定めるところにより審査、諮問又は調査等のため教育委員会に別表に定める附属機関を置く。

2 前項の附属機関の名称、担任する事務及び庶務担当課は、それぞれ別表に定めるとおりとする。

第二章 本庁

第一節 設置

(本庁の分課)

第四条 本庁に次に掲げる分課を置く。

分課

企画調整室

庶務課

教職員課

学校指導課

生涯学習課

文化財課

保健体育課

第二節 分掌事務

(分課の分掌事務)

第五条 本庁各課の分掌事務は、次のとおりとする。

分課名

分掌事務

企画調整室

1 教育委員会内の政策及び予算の企画調整に関すること。

2 教育委員会内の事務の連絡調整等に関すること。

庶務課

1 教育委員会会議に関すること。

2 教育委員会内の法規、財産、情報化等の連絡調整に関すること。

3 公印の管守に関すること。

4 公告式に関すること。

5 請願、陳情に関すること。

6 規則等の審査に関すること。

7 文書の収受、発送及び保存に関すること。

8 県議会及び知事その他の執行機関並びに本庁各課等の連絡調整に関すること。

9 学校その他の教育機関の設置及び廃止に関すること。

10 教育財産の総括に関すること。

11 職員(教育職給料表の適用を受ける職員を除く。)の人事、給与及び研修に関すること。

12 教育功労者の叙位、叙勲、褒章その他表彰に関すること。

13 学校施設及び設備の整備に関すること。

14 市町教育委員会との連絡調整に関すること。

15 公立文教施設整備の指導助言に関すること。

16 公益信託事務の総括に関すること。

17 教育に係る調査及び基幹統計その他の統計に関すること。

18 教育広報及び教育行政相談に関すること。

19 修学奨励資金に関すること。

20 出先機関等に関すること。

21 育英事業に関すること。

22 公務災害補償に関すること。

23 県立学校の児童生徒等の災害に係る給付金に関すること。

24 職員の健康管理(石川県公立学校教職員健康管理審査会に関することを除く。)その他福利厚生に関すること。

25 恩給に関すること。

26 公立学校共済組合及び教職員互助会に関すること。

27 他の課に属しない事務に関すること。

28 企画調整室の庶務に関すること。

教職員課

1 県立学校の管理及び経営の指導監督に関すること。

2 市町立学校の設置及び廃止の認可等並びに学級編制に関すること。

3 県立学校職員(庶務課が所掌する職員を除く。)及び県費負担教職員(以下「学校職員」という。)の人事及び給与に関すること。

4 退職手当に関すること。

5 学校職員の定数に関すること。

6 学校職員の業務改善の推進に関すること。

7 争訟に関すること。

8 学校職員の職員団体に関すること。

9 教育職員の免許に関すること。

10 石川県公立学校教職員健康管理審査会に関すること。

学校指導課

1 学校教育の指導助言に関すること。

2 特別支援学校の就学事務及び就学義務児童生徒に対する就学の猶予、免除及び督促に関すること。

3 県立学校入学者選抜に関すること。

4 学校の教育課程、学習指導、生徒指導及び職業指導に関すること。

5 産業教育、科学教育、へき地教育及び特別支援教育等に関すること。

6 人権教育に関すること。

7 教科書その他の教材に関すること。

8 就学援助費補助金に関すること。

9 教育研究団体に関すること。

10 教育関係職員等の研修の総合企画調整に関すること。

11 石川県教員総合研修センターの管理運営に関すること。

12 いしかわ師範塾の管理運営に関すること。

生涯学習課

1 生涯学習の推進に関すること。

2 社会教育・生涯学習の指導助言に関すること。

3 社会教育委員に関すること。

4 図書館、公民館、その他の社会教育機関に関すること。

5 成人教育、青少年教育及び家庭教育に関すること。

6 社会教育指導者の研修に関すること。

7 社会教育関係団体(文化関係団体を除く。)に関すること。

8 視聴覚教育に関すること。

9 ユネスコ活動に関すること。

10 高等学校卒業程度認定試験に関すること。

11 石川県立図書館及び石川県立生涯学習センターの管理運営に関すること。

12 石川県立白山青年の家、石川県立白山ろく少年自然の家、石川県立鹿島少年自然の家、石川県立能登少年自然の家及び石川県立自然史資料館に関すること。

文化財課

1 文化財保護に関すること。

2 文化財保護関係者及び団体の指導助言に関すること。

3 埋蔵文化財の企画調整に関すること。

4 世界遺産に関すること。

5 博物館に関すること。

6 銃砲刀剣等登録事務に関すること。

7 石川県立輪島漆芸技術研修所の管理運営に関すること。

8 石川県金沢城調査研究所の管理運営に関すること。

9 石川県埋蔵文化財センターに関すること。

保健体育課

1 学校体育の指導助言に関すること。

2 学校体育に関すること。

3 学校体育関係団体に関すること。

4 学校保健に関すること。

5 学校安全に関すること。

6 食育の推進及び学校給食に関すること。

7 学校保健会及び学校給食会に関すること。

第六条 削除

第七条 削除

(本庁の共通的分掌事務)

第八条 本庁の各課は、次の事項(企画調整室にあつては、第一号を除く。)を処理しなければならない。

 主管事務についての予算の執行に関すること。

 その他教育委員会が特に定める事務

第三節 

(内部組織の職)

第八条の二 本庁に教育次長を置く。

2 教育次長は、教育長を補佐し、事務局の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

第九条 前条に規定するもののほか、本庁には、次の表の上欄に掲げる職をそれぞれ同表の中欄に掲げる組織に置き、その職務はそれぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。ただし、室次長及び課長補佐にあつては、これらを置かないことができる。

組織

職務

課長

分課(企画調整室を除く。)

上司の命を受け、課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

室長

分課(企画調整室に限る。)

上司の命を受け、当該分課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

室次長

分課(企画調整室に限る。)

当該室長を補佐する。

課長補佐

分課

課長を補佐し、又は上司の命を受け特定の事務を処理する。

2 前項に規定するもののほか、次の表の上欄に掲げる職をそれぞれ同表の中欄に掲げる組織に置くことができるものとし、その職務はそれぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

組織

職務

教育参事

事務局

上司の命を受け、事務局の特定の事務を掌理する。

技監

事務局

上司の命を受け、事務局の特定の専門技術を掌理する。

担当課長

分課

上司の命を受け、当該分課の特定の事務を掌理する。

課参事

分課

上司の命を受け、当該分課の特定の事務を掌理する。

主任管理主事

管理主事

教職員課

上司の命を受け、教育職員の人事管理及び学校管理に関する事務に従事する。

主任指導主事

指導主事

学校指導課

保健体育課

上司の命を受け、学校における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項の指導に関する事務に従事する。

主任社会教育主事

社会教育主事

生涯学習課

文化財課

上司の命を受け、社会教育を行う者に専門的、技術的な助言と指導を与える事務に従事する。

主幹

分課

上司の命を受け、当該分課の特定の事務を処理する。

学校保健技師

保健体育課

上司の命を受け、学校における保健管理に関し、専門的技術的指導及び技術に従事する。

主任専門員

専門員

分課

上司の命を受け、特定事務を処理する。

主査

係主査

分課

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

主任

分課

上司の命を受け、担当事務を処理する。

主任主事

分課

上司の命を受け、担任事務を処理する。

主任技師

分課

上司の命を受け、担任技術を処理する。

業務主任

業務副主任

分課

上司の命を受け、担任業務を処理する。

備考 専門員については、特定の事務名を冠した職名とすることができる。

3 前三項に規定するもののほか、本庁に次の表の上欄に掲げる職員のうち必要な職員を置くことができるものとし、その職務は、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

職務

主事

上司の命を受け、一般事務に従事する。

技師

上司の命を受け、一般技術に従事する。

技師(技能員)

上司の命を受け、技能的業務に従事する。

主事(庁務員)

上司の命を受け、炊事、洗たく、清掃、運搬その他の一般庁務に従事する。

4 前各項に規定するもののほか、文化財課に学芸主幹、学芸主査、学芸主任及び学芸員を置き、これらの職は、上司の命を受け、博物館に関する専門的事務を処理する。

5 前各項に規定するもののほか、本庁に必要に応じ嘱託を置くことができる。

6 嘱託は、上司の命を受け、嘱託された事務又は技術に従事する。

第三章 出先機関

第一節 内部組織及び分掌事務等

(出先機関の名称、分掌事務等)

第十条 出先機関の名称、位置、所管区域、内部組織及び分掌事務は次のとおりとする。

名称

位置

所管区域

内部組織

分掌事務

小松教育事務所

小松市島田町

加賀市、能美郡、能美市、小松市

総務課

管理課

指導課

1 所掌事務に係る予算の執行に関すること。

金沢教育事務所

金沢市平和町一丁目

野々市市、白山市、河北郡、かほく市、金沢市

2 市町立小学校、中学校及び義務教育学校の教職員の人事及び給与に関すること。

3 市町立幼稚園、小学校、中学校及び義務教育学校教育の指導に関すること。

4 教育調査及び報告に関すること。

5 市町教育委員会との連絡、指導に関すること。

6 その他教育委員会が特に定める事務に関すること。

中能登教育事務所

七尾市小島町

羽咋郡、羽咋市、鹿島郡、七尾市

奥能登教育事務所

輪島市三井町

鳳珠郡、輪島市、珠洲市

第二節 

(内部組織の職)

第十一条 出先機関に次の表の上欄に掲げる職を置き、その職務はそれぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

職務

所長

教育長の命を受け、所の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

課長

上司の命を受け、課の事務を処理する。

2 前項に規定するもののほか、出先機関に第九条第二項の表の上欄に掲げる職、同条第三項の表の上欄に掲げる職及び同条第五項に規定する職のうち必要な職を置く。

3 前項に規定する職の職員は、上司の命を受け、第九条第二項及び同条第三項の表のそれぞれ当該下欄に掲げる職務又は同条第六項に規定する職務を行う。

第四章 教育機関等

第一節 分掌事務等

(教育機関等の名称、分掌事務等)

第十二条 教育機関等の名称、位置、内部組織及び分掌事務は、次のとおりとする。

 図書館

名称

位置

分掌事務

石川県立図書館

金沢市本多町三丁目

1 読書普及及び図書館の相互協力事業に関すること。

2 資料の収集・整理及び閲覧・貸出に関すること。

3 資料・情報の調査相談に関すること。

4 県史料の編さんに関すること。

備考 県史料の編さんに関する事務を分担させるため、史料編さん室を附置する。

 生涯学習センター

名称

位置

分掌事務

石川県立生涯学習センター

金沢市石引四丁目

1 生涯学習事業に関すること。

2 社会教育事業等に関すること。

3 生涯学習・社会教育の研修等に関すること。

4 視聴覚ライブラリー等に関すること。

 漆芸技術研修所

名称

位置

内部

組織

分掌事務

石川県立輪島漆芸技術研修所

輪島市釜屋谷町

庶務課

教務課

1 重要無形文化財画像地、画像漆、まき絵及び沈金技術伝承者の養成に関すること。

2 漆工芸の研究、調査及び資料収集等に関すること。

 教員総合研修センター

名称

位置

内部組織

分掌事務

石川県教員総合研修センター

金沢市高尾町

総務・広報課

リーダー養成研修課

自主研修サポート課

基本研修課

教育相談課

いしかわ師範塾

1 教育関係職員の研修に関すること。

2 教育相談に関すること。

3 情報教育に関すること。

4 教員養成に関すること。

5 その他教育に関する研究、調査及び資料収集に関すること。

 金沢城調査研究所

名称

位置

分掌事務

石川県金沢城調査研究所

金沢市尾山町

1 金沢城の調査研究に関すること。

2 金沢城関連史料の整理・収集に関すること。

3 金沢城関連城郭等の調査研究に関すること。

4 金沢城に関する調査成果等の普及・啓発に関すること。

2 前項第二号に規定する石川県立生涯学習センターに、分室として、石川県立生涯学習センター能登分室を輪島市三井町に置く。

3 石川県立生涯学習センター能登分室は、石川県立生涯学習センターの分掌事務のうち、石川県立生涯学習センター館長が別に定める事務を分担するものとする。

4 第一項に規定する教育機関等の内部組織の分掌事務は、当該機関の長が定める。

(教育機関等の共通的分掌事務)

第十三条 教育機関等は、次の事項を処理しなければならない。

 予算の経理に関すること。(廨の指定をうけた教育機関等に限る。)

 その他教育委員会が特に定める事務

第二節 

(内部組織の職)

第十四条 次の表の上欄に掲げる職をそれぞれ同表の中欄に掲げる教育機関等に置くものとし、その職務はそれぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

教育機関等

職務

館長

図書館

生涯学習センター

教育長の命を受け、教育機関等の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

所長

教員総合研修センター

漆芸技術研修所

金沢城調査研究所

課長

課を置く

教育機関等

上司の命を受け、課の事務を処理する。

2 次の表の上欄に掲げる職をそれぞれ同表の中欄に掲げる教育機関等に置くことができるものとし、その職務はそれぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

教育機関等

職務

副館長

図書館

生涯学習センター

館長を補佐する。

副所長

金沢城調査研究所

所長を補佐する。

次長

漆芸技術研修所

教員総合研修センター

分室長

生涯学習センター

館長の命を受け、分室の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

教授

教員総合研修センター

所長の命を受け、教員の養成・資質向上に関する研究等の業務に従事する。

室長

図書館

館長の命を受け、室の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

総括担当課長

金沢城調査研究所

上司の命を受け、金沢城調査研究所の事務を掌理する。

室次長

図書館

室長を補佐する。

主任指導主事(師範)

主任指導主事(師範代)

教員総合研修センター

上司の命を受け、いしかわ師範塾の企画・運営等の業務に従事する。

主任指導主事

指導主事

教員総合研修センター

上司の命を受け、教育関係職員に対する研修指導並びに教育に関する研究及び調査等の業務に従事する。

主任社会教育主事

社会教育主事

生涯学習センター

上司の命を受け、社会教育を行う者に、専門的、技術的な助言と指導を与える事務に従事する。

教務主任

漆芸技術研修所

上司の命を受け、教務を処理する。

司書主査

図書館

上司の命を受け、図書館の専門的事務に従事する。

司書主任

司書

図書館

上司の命を受け、図書館資料の収集、整理、閲覧及び相談並びに読書普及事業その他これと関連する事業についての専門的事項に関する事務に従事する。

3 前二項に規定するもののほか、教育機関等に次の表の上欄に掲げる職員のうち必要な職員を置くことができるものとし、その職務は、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

職務

参事

上司の命を受け、特定の事務を掌理する。

担当課長

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

主幹

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

事務長

上司の命を受け、事務を処理する。

主任専門員

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

専門員

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

主査

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

所主査

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

課主査

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

主任

上司の命を受け、担任事務を処理する。

主任主事

上司の命を受け、担任事務を処理する。

主任技師

上司の命を受け、担任技術を処理する。

業務主任

上司の命を受け、担任業務を処理する。

業務副主任

上司の命を受け、担任業務を処理する。

主事

上司の命を受け、一般事務に従事する。

技師

上司の命を受け、一般技術に従事する。

技師(技能員)

上司の命を受け、技能的業務に従事する。

主事(庁務員)

上司の命を受け、炊事、洗たく、清掃、運搬その他の一般庁務に従事する。

備考 専門員については、特定の事務名を冠した職名とすることができる。

4 教育機関等に必要に応じ嘱託を置くことができる。嘱託は、上司の命を受け、嘱託された事務又は技術に従事する。

第五章 雑則

(室の設置等)

第十五条 本庁の分課、出先機関及び教育機関等の分掌事務の円滑な施行をはかるため臨時に必要がある場合は、室を設置し、又は職員を所要の地に駐在させるための駐在地を指定することができる。

2 前項の規定により室を設置し、又は職員の駐在地を指定したときは、告示するものとする。

3 第一項の規定に基づき設置された室に室長、室次長及びその他必要な職を置くことができる。

4 第一項の規定に基づき設置された室の室長及び室次長は教育委員会が発令し、その他の職員は教育長が発令する。

(訓令への委任)

第十六条 この規則の実施に関し必要な事項は、訓令で定める。

附 則

1 この規則は、昭和四十年四月一日から施行する。

2 次の規則(以下「旧規則」という。)は、廃止する。

石川県教育委員会事務局等設置規則(昭和二十三年教育委員会規則第六号)

石川県教育委員会事務局処務規則(昭和二十三年教育委員会規則第四号)

事務局職員の職の設置規則(昭和三十一年教育委員会規則第十号)

石川県教育研修所規則(昭和二十四年教育委員会規則第一号)

石川県中央図書館分館設置規則(昭和二十五年教育委員会規則第三号)

3 この規則施行の際、本庁の課長、課長補佐、分室長及び出先機関の長、課長、教育機関長並びにその他の職員は、別に辞令を発せられない限り、この規則に基づく当該職にある職員となるものとする。

4 旧規則の規定によりなした手続き、その他の行為は、この規則により設置された相当の機関によりなされたものとみなす。

附 則(昭和四十一年三月三十一日教育委員会規則第一号)

1 この規則は、昭和四十一年四月一日から施行する。

2 この規則施行の日の前日において、次の上欄に掲げる機関に勤務若しくは兼務(以下「勤務」という。)を命ぜられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、この規則施行の日をもつてそれぞれ当該下欄に掲げる機関に勤務を命ぜられたものとする。

小松地方教育事務所 江沼教育課

小松地方教育事務所 能美教育課

小松地方教育事務所教育課

七尾地方教育事務所 羽咋教育課

七尾地方教育事務所羽咋分室

七尾地方教育事務所 鹿島教育課

七尾地方教育事務所教育課

輪島地方教育事務所 鳳至教育課

輪島地方教育事務所 珠洲教育課

輪島地方教育事務所教育課

石川県中央図書館

石川県立図書館

3 地方教育事務所の所掌する事務を分担させるため、当分の間加賀市大聖寺本町及び珠洲市上戸町に職員を駐在させることができる。

4 石川県中央図書館協議会運営規則(昭和二十六年石川県教育委員会規則第五号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(昭和四十一年十一月四日教育委員会規則第十五号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和四十一年十一月一日から適用する。

附 則(昭和四十二年一月二十七日教育委員会規則第一号)

この規則は、昭和四十二年二月一日から施行する。

附 則(昭和四十二年四月二十日教育委員会規則第十一号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 教育長の職務代理者を指定する規則(昭和三十四年石川県教育委員会規則第二号)は、廃止する。

附 則(昭和四十二年七月一日教育委員会規則第十二号)

1 この規則は、昭和四十二年七月一日から施行し、別表の改正規定は、昭和四十一年四月一日から適用する。

2 石川県立社会教育センター管理規則(昭和四十一年石川県教育委員会規則第五号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(昭和四十三年四月一日教育委員会規則第四号)

1 この規則は、昭和四十三年四月一日から施行する。

2 石川県立社会教育センター管理規則(昭和四十一年石川県教育委員会規則第五号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(昭和四十三年十月十一日教育委員会規則第八号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和四十三年十月一日から適用する。

附 則(昭和四十三年十一月二十九日教育委員会規則第十一号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十四年四月一日教育委員会規則第二号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際、教育研究所及び理科教育センターの所員及び研究員の職にある職員は、別に辞令を発せられない限り、この規則に基づく当該職にある職員となるものとする。

附 則(昭和四十四年十月三日教育委員会規則第七号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の日の前日において、石川県白山公民館に勤務を命ぜられていた館長及びその他の職員は、この規則施行の日をもつて石川県立白山青年の家に所長及びその他の職員として勤務を命ぜられたものとする。

附 則(昭和四十五年四月一日教育委員会規則第六号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十五年六月一日教育委員会規則第十号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十五年十月一日教育委員会規則第十一号)

この規則は、石川郡松任町を松任市とする処分が効力を生ずる日から施行する。

附 則(昭和四十六年三月三十一日教育委員会規則第五号)

1 この規則は、昭和四十六年四月一日から施行する。

2 教育長専決に関する規則(昭和三十一年石川県教育委員会規則第十三号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(昭和四十六年五月一日教育委員会規則第八号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十六年六月七日教育委員会規則第九号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十六年十二月二十八日教育委員会規則第十六号)

この規則は、昭和四十七年一月一日から施行する。

附 則(昭和四十七年三月三十一日教育委員会規則第六号)

この規則は、昭和四十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十七年九月十二日教育委員会規則第十三号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十八年三月三十日教育委員会規則第五号)

この規則は、昭和四十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十八年七月三日教育委員会規則第九号)

1 この規則は、昭和四十八年七月五日から施行する。

2 この規則施行の日の前日において、文化室に勤務を命じられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、この規則施行の日をもつて文化財保護課に勤務を命じられたものとする。

附 則(昭和四十八年十月六日教育委員会規則第十二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十八年十月三十日教育委員会規則第十四号)

この規則は、昭和四十八年十一月一日から施行する。

附 則(昭和四十九年三月二十九日教育委員会規則第十四号)

この規則は、昭和四十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十九年四月一日教育委員会規則第七号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五十年四月一日教育委員会規則第五号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行の日の前日において、次の表の上欄に掲げる職を命ぜられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、この規則の施行の日をもつてそれぞれ当該下欄に掲げる職を命ぜられたものとする。

技能員

技師(技能員)

庁務員

主事(庁務員)

看視員

主事(看視員)

附 則(昭和五十年八月二十九日教育委員会規則第九号)

この規則は、昭和五十年九月一日から施行する。

附 則(昭和五十年十月十四日教育委員会規則第十二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五十一年四月一日教育委員会規則第五号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五十一年十月一日教育委員会規則第十号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五十二年三月二十九日教育委員会規則第一号)

この規則は、昭和五十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十二年十月十一日教育委員会規則第四号)

この規則は、昭和五十二年十月一日から施行する。

附 則(昭和五十三年三月三十一日教育委員会規則第五号)

この規則は、昭和五十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十三年十月二十日教育委員会規則第十号)

1 この規則は、昭和五十三年十月二十二日から施行する。

2 教育長専決に関する規則(昭和三十一年石川県教育委員会規則第十三号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(昭和五十四年三月二十三日教育委員会規則第五号抄)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五十四年三月二十七日教育委員会規則第八号)

この規則は、昭和五十四年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十四年七月六日教育委員会規則第十一号)

この規則は、昭和五十四年七月七日から施行する。

附 則(昭和五十四年十月九日教育委員会規則第十三号)

この規則は、昭和五十四年十月二十三日から施行する。

附 則(昭和五十五年十二月九日教育委員会規則第四号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五十六年十二月二十五日教育委員会規則第九号)

この規則は、昭和五十七年一月一日から施行する。

附 則(昭和五十七年三月三十一日教育委員会規則第二号)

この規則は、昭和五十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十七年九月十七日教育委員会規則第六号)

この規則は、昭和五十七年十二月一日から施行する。ただし、第一条中第五条の表保健厚生課の項第四号の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五十八年三月二十九日教育委員会規則第二号)

この規則は、昭和五十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十八年十一月一日教育委員会規則第六号)

1 この規則は、昭和五十八年十一月十三日から施行する。

2 この規則施行の日の前日において、石川県美術館に勤務を命じられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、この規則施行の日をもつて石川県立美術館に勤務を命じられたものとする。

附 則(昭和五十九年三月三十一日教育委員会規則第一号)

この規則は、昭和五十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和六十年三月二十九日教育委員会規則第三号)

この規則は、昭和六十年四月一日から施行する。

附 則(昭和六十年七月十五日教育委員会規則第五号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六十一年三月三十一日教育委員会規則第二号)

1 この規則は、昭和六十一年四月一日から施行する。

2 この規則施行の日の前日において、次の表の上欄に掲げる教育機関等に勤務又は兼務(以下「勤務」という。)を命じられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、この規則施行の日をもつてそれぞれ当該下欄に掲げる教育機関等に勤務を命じられたものとする。

石川県立郷土資料館

石川県立郷土資料館分館町民文化館

石川県立歴史博物館

石川県立能楽文化会館

石川県立能楽堂

3 教育長専決に関する規則(昭和三十一年石川県教育委員会規則第十三号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

附 則(昭和六十一年十一月二十八日教育委員会規則第十四号)

この規則は、昭和六十一年十二月一日から施行する。

附 則(昭和六十二年三月三十一日教育委員会規則第四号)

この規則は、昭和六十二年四月一日から施行する。

附 則(平成元年三月三十一日教育委員会規則第三号)

この規則は、平成元年四月一日から施行する。

附 則(平成二年三月三十日教育委員会規則第二号)

この規則は、平成二年四月一日から施行する。

附 則(平成三年三月三十日教育委員会規則第二号)

この規則は、平成三年四月一日から施行する。

附 則(平成四年三月三十一日教育委員会規則第二号)

この規則は、平成四年四月一日から施行する。

附 則(平成五年三月三十日教育委員会規則第四号)

(施行期日)

1 この規則は、平成五年四月一日から施行する。

(規則の廃止)

2 石川県立婦人会館管理規則(昭和五十四年石川県教育委員会規則第十四号)は、廃止する。

附 則(平成六年三月三十一日教育委員会規則第七号)

1 この規則は、平成六年四月一日から施行する。

2 第一条の規定による改正後の石川県教育委員会事務局等組織規則の施行前に主査を命ぜられている職員については、別に辞令を発せられない限り、なお従前の例による。

附 則(平成六年五月三十一日教育委員会規則第八号)

この規則は、平成六年六月一日から施行する。

附 則(平成七年三月三十一日教育委員会規則第七号)

この規則は、平成七年四月一日から施行する。

附 則(平成八年三月二十九日教育委員会規則第四号)

(施行日)

1 この規則は、平成八年四月一日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において、文化課に勤務を命じられていた職員又は美術館若しくは歴史博物館に勤務を命じられていた職員(学芸員資格を有するものに限る。)は、別に辞令を発せられない限り、施行日をもつて文化財課に勤務を命じられたものとする。

(石川県立能楽堂管理規則等の廃止)

3 次に掲げる規則は、廃止する。

 石川県立能楽堂管理規則(昭和四十六年石川県教育委員会規則第十三号)

 石川県立白山ろく民俗資料館管理規則(昭和五十四年石川県教育委員会規則第十号)

 石川県立美術館管理規則(昭和五十八年石川県教育委員会規則第七号)

 石川県立歴史博物館管理規則(昭和六十一年石川県教育委員会規則第十三号)

(教育長専決に関する規則の一部改正)

4 教育長専決に関する規則(昭和三十一年石川県教育委員会規則第十三号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(平成九年一月二十八日教育委員会規則第一号)

この規則は、平成九年二月一日から施行する。

附 則(平成九年三月三十一日教育委員会規則第二号)

この規則は、平成九年四月一日から施行する。

附 則(平成十年三月二十四日教育委員会規則第一号)

この規則は、平成十年四月一日から施行する。ただし、第四条の表の改正規定(同表庶務課の項に係る部分に限る。)は、同月七日から施行する。

附 則(平成十年六月二十六日教育委員会規則第七号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成十年十二月二十五日教育委員会規則第十号)

この規則は、平成十一年一月二十二日から施行する。

附 則(平成十一年三月三十一日教育委員会規則第三号)

この規則は、平成十一年四月一日から施行する。

附 則(平成十二年三月三十一日教育委員会規則第二号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成十二年四月一日から施行する。

附 則(平成十三年三月三十日教育委員会規則第三号)

1 この規則は、平成十三年四月一日から施行する。

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において、次の表の上欄に掲げる機関に勤務又は兼務(以下「勤務」という。)を命ぜられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、施行日をもってそれぞれ当該下欄に掲げる機関に勤務を命ぜられたものとする。

小松地方教育事務所

小松教育事務所

金沢地方教育事務所

金沢教育事務所

七尾地方教育事務所

七尾教育事務所

七尾地方教育事務所羽咋分室

七尾教育事務所

輪島地方教育事務所

輪島教育事務所

輪島地方教育事務所珠洲分室

輪島教育事務所

附 則(平成十三年十二月二十一日教育委員会規則第九号)

この規則は、平成十四年一月十一日から施行する。

附 則(平成十四年三月二十九日教育委員会規則第四号)

この規則は、平成十四年四月一日から施行する。

附 則(平成十五年三月三十一日教育委員会規則第二号)

(施行期日)

1 この規則は、平成十五年四月一日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において、次の表の上欄に掲げる機関に勤務又は兼務(以下「勤務」という。)を命ぜられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、施行日をもってそれぞれ当該下欄に掲げる機関に勤務を命ぜられたものとする。

七尾教育事務所

中能登教育事務所

輪島教育事務所

奥能登教育事務所

(教育長に対する権限委任規則の一部改正)

3 教育長に対する権限委任規則(昭和三十一年石川県教育委員会規則第十二号)の一部を次のように改正する。

(次のよう省略)

附 則(平成十五年四月二十五日教育委員会規則第六号)

この規則は、平成十五年五月六日から施行する。

附 則(平成十五年五月二十三日教育委員会規則第八号)

1 この規則は、平成十五年七月二十日から施行する。

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において、社会教育センターに勤務を命ぜられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、施行日をもって生涯学習センターに勤務を命ぜられたものとする。

附 則(平成十五年十月二十八日教育委員会規則第十五号)

この規則は、平成十五年十一月一日から施行する。

附 則(平成十五年十二月二十六日教育委員会規則第十九号)

この規則は、平成十六年一月一日から施行する。

附 則(平成十五年十二月二十六日教育委員会規則第二十号)

この規則は、平成十六年三月一日から施行する。

附 則(平成十六年三月十九日教育委員会規則第三号抄)

1 この規則は、平成十七年四月一日から施行する。

附 則(平成十六年三月三十日教育委員会規則第六号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成十六年六月十五日教育委員会規則第七号)

この規則は、平成十七年四月一日から施行する。

附 則(平成十七年一月二十一日教育委員会規則第一号)

この規則は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める日から施行する。

 第二条中石川県立高等学校通学区域規則別表の改正規定(第一学区の項及び第二学区の項に係る部分に限る。)、第三条中石川県教育委員会事務局等組織規則第十条の表の改正規定(小松教育事務所の項及び金沢教育事務所の項に係る部分に限る。)、同規則第十二条第一項第三号の表の改正規定及び同項第六号の表の改正規定(「石川郡尾口村」を「白山市瀬戸」に改める部分に限る。)並びに第四条の規定 平成十七年二月一日

 前号に掲げる規定以外の規定 平成十七年三月一日

附 則(平成十七年三月三十一日教育委員会規則第八号)

この規則は、平成十七年四月一日から施行する。

附 則(平成十七年八月三十日教育委員会規則第十一号)

この規則中第一条の規定は平成十七年九月一日から、第二条及び第三条の規定は同年十月一日から施行する。

附 則(平成十八年三月三十一日教育委員会規則第十二号)

(施行期日)

1 この規則は、平成十八年四月一日から施行する。ただし、第十二条第一項第一号及び第二号の表中内部組織の欄を削る改正規定、第十四条第三項の表の改正規定並びに第十五条の改正規定については、平成十八年四月十一日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前に改正前の石川県教育委員会事務局等組織規則(以下「規則」という。)第十五条第四項の規定により室長又は室次長を命ぜられていた職員は、別に辞令を発せられない限り、改正後の規則第十五条第四項の規定により室長又は室次長を命ぜられたものとする。

附 則(平成十九年三月二十日教育委員会規則第一号)

この規則は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成十九年三月二十九日教育委員会規則第四号)

この規則は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成二十年三月二十八日教育委員会規則第五号)

この規則は、平成二十年四月一日から施行する。

附 則(平成二十年十一月二十八日教育委員会規則第十二号)

この規則は、平成二十年十二月一日から施行する。

附 則(平成二十一年三月二十七日教育委員会規則第四号)

この規則は、平成二十一年四月一日から施行する。

附 則(平成二十三年三月二十五日教育委員会規則第三号)

この規則は、平成二十三年四月一日から施行する。

附 則(平成二十三年九月三十日教育委員会規則第九号)

この規則は、公布の日から施行する。ただし、第十条の改正規定は、平成二十三年十一月十一日から施行する。

附 則(平成二十四年三月三十日教育委員会規則第三号)

この規則は、平成二十四年四月一日から施行する。

附 則(平成二十五年三月二十六日教育委員会規則第四号)

この規則は、平成二十五年四月一日から施行する。

附 則(平成二十六年三月三十一日教育委員会規則第二号)

この規則は、平成二十六年四月一日から施行する。

附 則(平成二十七年三月二十七日教育委員会規則第六号)

1 この規則は、平成二十七年四月一日から施行する。

2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成二十六年法律第七十六号)附則第二条第一項の規定により同項に規定する旧教育長が在職する場合においては、改正後の第二条第一号及び第二号の規定は適用せず、改正前の第二条第一号及び第二号並びに第八条の二第三項の規定は、なおその効力を有する。

附 則(平成二十八年三月二十五日教育委員会規則第六号)

この規則は、平成二十八年四月一日から施行する。

附 則(平成二十九年三月三十一日教育委員会規則第一号)

この規則は、平成二十九年四月一日から施行する。

附 則(平成三十年四月四日教育委員会規則第一号)

この規則は、平成三十年四月五日から施行する。

別表(第三条関係)

附属機関

担任する事務

庶務担当課

石川県奨学生選考審査会

石川県育英資金の貸与及び返還の方法並びに貸与を受ける者の選考等についての知事に対する答申に関する事務

庶務課

石川県産業教育審議会

産業教育振興法第十二条の規定による産業教育に関する重要事項の調整審議及び教育委員会又は知事に対する建議に関する事務

学校指導課

石川県教科用図書選定審議会

義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律施行令第十一条の規定により教科用図書採択に関する事務について教育委員会の行なう指導、助言、又は援助に関する重要事項について調査、審議し、これらの事項に関し、教育委員会の諮問に応じ、又は必要と認める事項を教育委員会に建議する事務

石川県社会教育委員

社会教育に関する重要事項について石川県教育委員会に対する答申及び建議に関する事務

生涯学習課

石川県生涯学習審議会

生涯学習に資するための施策の総合的な推進に関する重要事項について石川県教育委員会又は知事に対する答申及び建議に関する事務

石川県立図書館協議会

図書館の運営に関し館長の諮問に応じ、図書館奉仕に関し館長に意見を述べる事務

石川県文化財保護審議会

石川県内に所在する文化財の保存及び活用に関し、教育委員会の諮問に答え、又は意見を具申し、及びこれに必要な調査、研究に関する事務

文化財課

石川県公立学校教職員健康管理審査会

公立学校教職員の健康審査について石川県教育委員会に対する答申に関する事務

教職員課

石川県教育委員会事務局等組織規則

昭和40年3月31日 教育委員会規則第5号

(平成30年4月5日施行)

体系情報
第8編 教育・文化/第1章 則/第4節 事務局
沿革情報
昭和40年3月31日 教育委員会規則第5号
昭和41年3月31日 教育委員会規則第1号
昭和41年11月4日 教育委員会規則第15号
昭和42年1月27日 教育委員会規則第1号
昭和42年4月20日 教育委員会規則第11号
昭和42年7月1日 教育委員会規則第12号
昭和43年4月1日 教育委員会規則第4号
昭和43年10月11日 教育委員会規則第8号
昭和43年11月29日 教育委員会規則第11号
昭和44年4月1日 教育委員会規則第2号
昭和44年10月3日 教育委員会規則第7号
昭和45年4月1日 教育委員会規則第6号
昭和45年6月1日 教育委員会規則第10号
昭和45年10月1日 教育委員会規則第11号
昭和46年3月31日 教育委員会規則第5号
昭和46年5月1日 教育委員会規則第8号
昭和46年6月7日 教育委員会規則第9号
昭和46年12月28日 教育委員会規則第16号
昭和47年3月31日 教育委員会規則第6号
昭和47年9月12日 教育委員会規則第13号
昭和48年3月30日 教育委員会規則第5号
昭和48年7月3日 教育委員会規則第9号
昭和48年10月6日 教育委員会規則第12号
昭和48年10月30日 教育委員会規則第14号
昭和49年3月29日 教育委員会規則第4号
昭和49年4月1日 教育委員会規則第7号
昭和50年4月1日 教育委員会規則第5号
昭和50年8月29日 教育委員会規則第9号
昭和50年10月14日 教育委員会規則第12号
昭和51年4月1日 教育委員会規則第5号
昭和51年10月1日 教育委員会規則第10号
昭和52年3月29日 教育委員会規則第1号
昭和52年10月11日 教育委員会規則第4号
昭和53年3月31日 教育委員会規則第5号
昭和53年10月20日 教育委員会規則第10号
昭和54年3月23日 教育委員会規則第5号
昭和54年3月27日 教育委員会規則第8号
昭和54年7月6日 教育委員会規則第11号
昭和54年10月9日 教育委員会規則第13号
昭和55年12月9日 教育委員会規則第4号
昭和56年12月25日 教育委員会規則第9号
昭和57年3月31日 教育委員会規則第2号
昭和57年9月17日 教育委員会規則第6号
昭和58年3月29日 教育委員会規則第2号
昭和58年11月1日 教育委員会規則第6号
昭和59年3月31日 教育委員会規則第1号
昭和60年3月29日 教育委員会規則第3号
昭和60年7月15日 教育委員会規則第5号
昭和61年3月31日 教育委員会規則第2号
昭和61年11月28日 教育委員会規則第14号
昭和62年3月31日 教育委員会規則第4号
平成元年3月31日 教育委員会規則第3号
平成2年3月30日 教育委員会規則第2号
平成3年3月30日 教育委員会規則第2号
平成4年3月31日 教育委員会規則第2号
平成5年3月30日 教育委員会規則第4号
平成6年3月31日 教育委員会規則第7号
平成6年5月31日 教育委員会規則第8号
平成7年3月31日 教育委員会規則第7号
平成8年3月29日 教育委員会規則第4号
平成9年1月28日 教育委員会規則第1号
平成9年3月31日 教育委員会規則第2号
平成10年3月24日 教育委員会規則第1号
平成10年6月26日 教育委員会規則第7号
平成10年12月25日 教育委員会規則第10号
平成11年3月31日 教育委員会規則第3号
平成12年3月31日 教育委員会規則第2号
平成13年3月30日 教育委員会規則第3号
平成13年12月21日 教育委員会規則第9号
平成14年3月29日 教育委員会規則第4号
平成15年3月31日 教育委員会規則第2号
平成15年4月25日 教育委員会規則第6号
平成15年5月23日 教育委員会規則第8号
平成15年10月28日 教育委員会規則第15号
平成15年12月26日 教育委員会規則第19号
平成15年12月26日 教育委員会規則第20号
平成16年3月19日 教育委員会規則第3号
平成16年3月30日 教育委員会規則第6号
平成16年6月15日 教育委員会規則第7号
平成17年1月21日 教育委員会規則第1号
平成17年3月31日 教育委員会規則第8号
平成17年8月30日 教育委員会規則第11号
平成18年3月31日 教育委員会規則第12号
平成19年3月20日 教育委員会規則第1号
平成19年3月29日 教育委員会規則第4号
平成20年3月28日 教育委員会規則第5号
平成20年11月28日 教育委員会規則第12号
平成21年3月27日 教育委員会規則第4号
平成23年3月25日 教育委員会規則第3号
平成23年9月30日 教育委員会規則第9号
平成24年3月30日 教育委員会規則第3号
平成25年3月26日 教育委員会規則第4号
平成26年3月31日 教育委員会規則第2号
平成27年3月27日 教育委員会規則第6号
平成28年3月25日 教育委員会規則第6号
平成29年3月31日 教育委員会規則第1号
平成30年4月4日 教育委員会規則第1号