○石川県教職員定数条例

昭和四十四年三月二十四日

条例第十三号

石川県教職員定数条例をここに公布する。

石川県教職員定数条例

(趣旨)

第一条 石川県立学校条例(昭和三十九年石川県条例第四十二号)第二条の二第三条及び第九条に規定する学校に常時勤務する職員(六箇月以内の期間を定めて雇用される者を除く。以下「県立学校職員」という。)並びに地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和三十一年法律第百六十二号)第四十一条第一項の規定に基づく県費負担教職員の定数は、この条例の定めるところによる。

(昭四六条例三・平一五条例四八・平一八条例一八・平二三条例一・一部改正)

(定数)

第二条 県立学校職員の定数は、次の各号に掲げる職員の区分に応じ、当該各号に定める数とする。

 校長、教員、実習助手及び寄宿舎指導員 二千七百八十八人

 事務職員及びその他の職員 三百七十四人

2 県費負担教職員の定数は、次の各号に掲げる職員の区分に応じ、当該各号に定める数とする。

 校長及び教員 六千百四十六人

 事務職員及びその他の職員 二百七十五人

(昭四五条例一七・全改、昭四六条例三・昭四六条例一八・昭四七条例五・昭四八条例二一・昭四九条例二九・昭五〇条例一五・昭五一条例三八・昭五二条例二三・昭五三条例一五・昭五三条例一七・昭五四条例三〇・昭五五条例二三・昭五六条例一九・昭五七条例二〇・昭五八条例二五・昭五九条例二五・昭六〇条例二〇・昭六一条例二一・昭六二条例一〇・昭六三条例一八・平元条例一三・平二条例一三・平三条例一〇・平四条例一四・平五条例一三・平六条例一二・平七条例二二・平八条例一五・平九条例一八・平一〇条例一〇・平一一条例二〇・平一二条例二・平一三条例二一・平一四条例二三・平一四条例二四・平一五条例二七・平一五条例四八・平一六条例二三・平一七条例一〇・平一八条例一八・平一八条例一九・平一八条例四三・平一九条例三六・平二〇条例一六・平二一条例二六・平二二条例一五・平二三条例一・平二三条例二一・平二四条例二七・平二五条例二七・平二六条例二六・平二七条例二九・平二八条例二九・平二九条例二三・平三〇条例一九・一部改正)

第三条 休職者及び長期間にわたり職務を執ることを要しない者は、定数外とする。

(昭四六条例一八・追加)

附 則

この条例は、昭和四十四年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十五年三月二十三日条例第十七号)

この条例は、昭和四十五年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十六年三月二十日条例第三号)

この条例は、昭和四十六年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十六年三月二十日条例第十八号)

この条例は、昭和四十六年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十七年三月二十八日条例第五号)

この条例は、昭和四十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十八年三月二十八日条例第二十一号)

この条例は、昭和四十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十九年三月二十六日条例第二十九号)

この条例は、昭和四十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十年三月二十二日条例第十五号)

この条例は、昭和五十年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十一年三月三十日条例第三十八号)

この条例は、昭和五十一年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十二年二月二十九日条例第二十三号)

この条例は、昭和五十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十三年三月二十八日条例第十五号抄)

(施行期日)

第一条 この条例は、昭和五十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十三年三月二十八日条例第十七号)

この条例は、昭和五十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十四年三月二十日条例第三十号)

この条例は、昭和五十四年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十五年三月二十八日条例第二十三号)

この条例は、昭和五十五年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十六年三月三十一日条例第十九号)

この条例は、昭和五十六年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十七年三月二十六日条例第二十号)

この条例は、昭和五十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十八年三月二十二日条例第二十五号)

この条例は、昭和五十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十九年三月二十七日条例第二十五号)

この条例は、昭和五十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和六十年三月二十六日条例第二十号)

この条例は、昭和六十年四月一日から施行する。

附 則(昭和六十一年三月二十二日条例第二十一号)

この条例は、昭和六十一年四月一日から施行する。

附 則(昭和六十二年三月十七日条例第十号)

この条例は、昭和六十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和六十三年三月二十五日条例第十八号)

この条例は、昭和六十三年四月一日から施行する。

附 則(平成元年三月二十四日条例第十三号)

この条例は、平成元年四月一日から施行する。

附 則(平成二年三月二十七日条例第十三号)

この条例は、平成二年四月一日から施行する。

附 則(平成三年三月十九日条例第十号)

この条例は、平成三年四月一日から施行する。

附 則(平成四年三月二十七日条例第十四号)

この条例は、平成四年四月一日から施行する。

附 則(平成五年三月二十六日条例第十三号)

この条例は、平成五年四月一日から施行する。

附 則(平成六年三月二十七日条例第十四号)

この条例は、平成六年四月一日から施行する。

附 則(平成七年三月二十二日条例第二十二号)

この条例は、平成七年四月一日から施行する。

附 則(平成八年三月二十二日条例第十五号)

この条例は、平成八年四月一日から施行する。

附 則(平成九年三月二十二日条例第十八号)

この条例は、平成九年四月一日から施行する。

附 則(平成十年二月二十四日条例第十号)

この条例は、平成十年四月一日から施行する。

附 則(平成十一年三月十九日条例第二十号)

この条例は、平成十一年四月一日から施行する。

附 則(平成十二年三月二十四日条例第二号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成十二年四月一日から施行する。(後略)

附 則(平成十三年三月二十三日条例第二十一号)

この条例は、平成十三年四月一日から施行する。

附 則(平成十四年二月二十六日条例第二十三号)

この条例は、平成十四年四月一日から施行する。

附 則(平成十四年二月二十六日条例第二十四号)

この条例は、平成十四年四月一日から施行する。

附 則(平成十五年三月二十四日条例第二十七号)

この条例は、平成十五年四月一日から施行する。

附 則(平成十五年十月十四日条例第四十八号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成十五年十一月一日から施行する。

附 則(平成十六年三月二十三日条例第二十三号)

この条例は、平成十六年四月一日から施行する。

附 則(平成十七年三月二十二日条例第十号)

この条例は、平成十七年四月一日から施行する。

附 則(平成十八年二月二十八日条例第十八号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

附 則(平成十八年二月二十八日条例第十九号)

この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

附 則(平成十八年十二月二十日条例第四十三号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成十九年三月二十二日条例第三十六号)

この条例は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成二十年三月二十五日条例第十六号)

この条例は、平成二十年四月一日から施行する。

附 則(平成二十一年三月二十五日条例第二十六号)

この条例は、平成二十一年四月一日から施行する。

附 則(平成二十二年二月二十四日条例第十五号)

この条例は、平成二十二年四月一日から施行する。

附 則(平成二十三年三月十八日条例第一号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成二十三年四月一日から施行する。

附 則(平成二十三年三月十八日条例第二十一号)

1 この条例は、平成二十三年四月一日から施行する。

2 この条例及び石川県公立大学法人の設立に伴う関係条例の整備に関する条例(平成二十三年石川県条例第一号)に同一の条例の規定についての改正規定がある場合において、当該改正規定が同一の日に施行されるときは、当該条例の規定は、石川県公立大学法人の設立に伴う関係条例の整備に関する条例によってまず改正され、次いでこの条例によって改正されるものとする。

附 則(平成二十四年三月二十六日条例第二十七号)

この条例は、平成二十四年四月一日から施行する。

附 則(平成二十五年三月二十五日条例第二十七号)

この条例は、平成二十五年四月一日から施行する。

附 則(平成二十六年二月二十六日条例第二十六号)

この条例は、平成二十六年四月一日から施行する。

附 則(平成二十七年三月二十三日条例第二十九号)

この条例は、平成二十七年四月一日から施行する。

附 則(平成二十八年三月二十五日条例第二十九号)

この条例は、平成二十八年四月一日から施行する。

附 則(平成二十九年三月二十三日条例第二十三号)

この条例は、平成二十九年四月一日から施行する。

附 則(平成三十年二月二十一日条例第十九号)

この条例は、平成三十年四月一日から施行する。

石川県教職員定数条例

昭和44年3月24日 条例第13号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第8編 教育・文化/第2章 教職員/第1節
沿革情報
昭和44年3月24日 条例第13号
昭和45年3月23日 条例第17号
昭和46年3月20日 条例第3号
昭和46年3月20日 条例第18号
昭和47年3月28日 条例第5号
昭和48年3月28日 条例第21号
昭和49年3月26日 条例第29号
昭和50年3月22日 条例第15号
昭和51年3月30日 条例第38号
昭和52年3月29日 条例第23号
昭和53年3月28日 条例第15号
昭和53年3月28日 条例第17号
昭和54年3月20日 条例第30号
昭和55年3月28日 条例第23号
昭和56年3月31日 条例第19号
昭和57年3月26日 条例第20号
昭和58年3月22日 条例第25号
昭和59年3月27日 条例第25号
昭和60年3月26日 条例第20号
昭和61年3月22日 条例第21号
昭和62年3月17日 条例第10号
昭和63年3月25日 条例第18号
平成元年3月24日 条例第13号
平成2年3月27日 条例第13号
平成3年3月19日 条例第10号
平成4年3月27日 条例第14号
平成5年3月26日 条例第13号
平成6年3月15日 条例第12号
平成7年3月22日 条例第22号
平成8年3月22日 条例第15号
平成9年3月22日 条例第18号
平成10年2月24日 条例第10号
平成11年3月19日 条例第20号
平成12年3月24日 条例第2号
平成13年3月23日 条例第21号
平成14年2月26日 条例第23号
平成14年2月26日 条例第24号
平成15年3月24日 条例第27号
平成15年10月14日 条例第48号
平成16年3月23日 条例第23号
平成17年3月22日 条例第10号
平成18年2月28日 条例第18号
平成18年2月28日 条例第19号
平成18年12月20日 条例第43号
平成19年3月22日 条例第36号
平成20年3月25日 条例第16号
平成21年3月25日 条例第26号
平成22年2月24日 条例第15号
平成23年3月18日 条例第1号
平成23年3月18日 条例第21号
平成24年3月26日 条例第27号
平成25年3月25日 条例第27号
平成26年2月26日 条例第26号
平成27年3月23日 条例第29号
平成28年3月25日 条例第29号
平成29年3月23日 条例第23号
平成30年2月21日 条例第19号