○石川県立輪島漆芸技術研修所運営委員会規則

昭和四十七年三月三十一日

教育委員会規則第八号

石川県立輪島漆芸技術研修所運営委員会規則をここに公布する。

石川県立輪島漆芸技術研修所運営委員会規則

(設置)

第一条 石川県立輪島漆芸技術研修所長(以下「所長」という。)の諮問に答えるため、石川県立輪島漆芸技術研修所運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

(委員)

第二条 運営委員会は、十五人以内の委員で組織する。

2 委員は、次の各号に定める者のうちから、教育委員会が任命する。

 文化財保護法(昭和二十五年法律第二百十四号)第七十一条第二項の規定により、重要無形文化財画像地、画像漆、まき絵又は沈金技術の保持者として認定されている者

 研修生の指導を委嘱された主任講師及び講師を代表する者

 学識経験者

 石川県及び関係行政機関の職員

(任期)

第三条 委員の任期は、二年とする。ただし、再任を妨げない。

2 教育委員会は、委員がその任務を行なうに適当でなくなつたと認めるときは、前項の期間内においても、これを解任することができる。

3 委員に欠員の生じたときの補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長)

第四条 運営委員会に会長を置く。

2 会長は、委員が互選する。

3 会長は、運営委員会の会議を主宰し、運営委員会を代表する。

4 会長に事故あるとき、又は会長が欠けたときは、あらかじめ会長の指名した委員がその職務を行なう。

(会議)

第五条 運営委員会の会議は、所長が招集する。

2 運営委員会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開き、議決することができない。

3 運営委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数の場合は、会長の決するところによる。

(庶務)

第六条 運営委員会の事務を処理するため、幹事及び書記若干人を置く。

2 幹事及び書記は、所属職員のうちから、所長が任命する。

(雑則)

第七条 この規則に定めるもののほか、運営委員会の運営について必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この規則は、昭和四十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十年三月二十八日教育委員会規則第四号)

この規則は、昭和五十年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十六年十二月二十五日教育委員会規則第九号)

この規則は、昭和五十七年一月一日から施行する。

附 則(昭和六十二年三月二十日教育委員会規則第一号)

この規則は、昭和六十二年四月一日から施行する。

附 則(平成十七年三月二十五日教育委員会規則第五号)

この規則は、平成十七年四月一日から施行する。

石川県立輪島漆芸技術研修所運営委員会規則

昭和47年3月31日 教育委員会規則第8号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第8編 教育・文化/第7章 化/第2節 文化財保護
沿革情報
昭和47年3月31日 教育委員会規則第8号
昭和50年3月28日 教育委員会規則第4号
昭和56年12月25日 教育委員会規則第9号
昭和62年3月20日 教育委員会規則第1号
平成17年3月25日 教育委員会規則第5号