○鳥獣保護区の指定

平成15年10月31日

告示第622号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第28条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区を指定した。

なお、鳥獣保護区の設定(平成9年石川県告示第533号)は、平成15年10月31日限り、廃止する。

1 名称

鈴ケ岳鳥獣保護区

2 区域

小松市新保町地内の国道416号大日橋を起点とし、同所から同国道を南に進み石川県と福井県との行政区界との交点に至り、同所から同行政区界を西に進み小松市と江沼郡山中町との行政区界との交点に至り、同所から同行政区界を尾根沿いに北に進み大日山を通り、鈴ケ岳山頂を経て、小松市上大杉町通称蛇見谷と大曲谷を挟む尾根との交点に至り、同所から通称スズキ谷とセノ谷との間の尾根を東に進みカブト山山頂に至り、同所から同尾根を南に約750m進み通称向谷とトラ谷に挟まれた尾根との交点に至り、同所から同尾根を東に約500m進み国有林と民有林との境界に至り、同所から同境界を南に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

1,439ヘクタール

4 存続期間

平成15年11月1日から平成25年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 指定目的

当該地域は、ブナ、ミズナラその他多様性に富んだ優れた自然林からなっているため、ここに生息するイヌワシ、クマタカ、ツキノワグマ、カモシカ等の野生鳥獣の生息適地として重要な環境下にあるため、区域を拡大し、保護を図るものである。

管理方針

当該区域及び周辺は、大日山から大日川、大杉谷川源流の鈴ケ岳東北部一体を包括する地域であり、山中・大日山県立自然公園及び鈴ケ岳の北部山麓は、石川県自然環境保全地域にそれぞれ指定されている。区域を拡大し、継続して鳥獣の保護を図る。

当該区域の周辺では、ツキノワグマによる皮剥被害がみられることから、被害地域を中心にネット被覆等による防止措置を講じるとともに、石川県特定鳥獣保護管理計画に基づいて個体数調整を実施する。

石川県特定鳥獣保護管理計画に基づくツキノワグマの保護管理については、効果測定・経過追跡のため継続してモニタリングを行い、関係機関との連絡調整を図る。

――――――――――

平成21年10月30日

告示第482号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第28条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区を指定した。

1 名称

雁の池鳥獣保護区

2 区域

珠洲市三崎町本地内一般県道粟津正院線と農道三崎287号線の交点を起点とし、同所から同農道を北西に進み農道三崎290号線との交点に至り、同所から同農道を西北西に進みため池堤体に至り、同所から農道三崎294号線と農道三崎295号線の交点に至り、同所から農道三崎295号線を北に進み雁の池の堤に至り、同所から同池の堤沿いに北東に進み農道三崎299号線との交点に至り、同所から同農道を東に進み農道三崎105号線との交点に至り、同農道を東に進み通称「ちょつろ谷内道」との交点に至り、同所から同道を南南西に進み農道三崎107号線に至り、同所から同農道を南東に進み一般県道粟津正院線の交点に至り、同所から同県道を南西に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

34.0ヘクタール

4 存続期間

平成21年11月1日から平成41年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

集団渡来地の保護区

(2) 指定目的

当該地域は、能登半島先端の東部、珠洲市三崎町に位置する雁の池とその周辺の森林及び農地を含む地域である。雁の池周辺の森林は、ナラ類、カエデ類等の広葉樹二次林と、スギ、マツ、アテ等の針葉樹人工林で構成されている。また、農地は、水田及び畑となっている。雁の池は、秋冬期には、国指定天然記念物であるヒシクイや、ハクチョウ類、オシドリ、ミコアイサ、ホオジロガモ及びトモエガモを始めとする多数の渡り鳥の越冬地となっており、他にもツグミ、シロハラ等の冬鳥が渡ってくる。また、エナガ、シジュウカラ等の森林性の鳥類も多い。

このため、当該区域は、森林性鳥類を始め、渡来する鳥類にとって重要な区域であることから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第28条第1項に規定する鳥獣保護区に指定し、当該地域に渡来し、又は生息する鳥類の保護を図るものである。

管理方針

当該地域は、多数の渡り鳥が中継地として利用する重要な区域のため、鳥獣の生息に影響のない範囲で、自然とのふれあいの場並びに環境教育及び学習の場として活用を図る。

――――――――――

平成22年10月29日

告示第400号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第28条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区を指定した。

1 名称

美川海岸鳥獣保護区

2 区域

白山市と能美市との行政区界と北陸自動車道との交点を起点とし、同所から同行政区界を北西に進み海岸汀線との交点に至り、同所から同汀線を北東に進み白山市鹿島町と同市石立町との字界との交点に至り、同所から同字界を南東に進み北陸自動車道との交点に至り、同所から同自動車道を南西に進み手取川右岸堤防との交点に至り、同所から同堤防を上流に進み主要地方道金沢美川小松線との交点に至り、同所から同主要地方道を南西に進み手取川左岸堤防との交点に至り、同所から同堤防を下流に進み一般県道金沢小松自転車道線との交点に至り、同所から同県道を西に進み北陸自動車道との交点に至り、同所から同自動車道を南西に進み起点に至る線で囲まれた区域

3 面積

70ヘクタール

4 存続期間

平成22年11月1日から平成32年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

集団渡来地の保護区

(2) 指定目的

美川海岸鳥獣保護区は、白山市の小舞子海岸と周辺の松林を中心とした区域であり、いしかわレッドデータブック2009で絶滅危惧Ⅰ類に指定されるコアジサシの県内唯一の繁殖地や、絶滅の恐れがある地域個体群に指定されるミユビシギの越冬地となっており、渡来する鳥類にとって重要な区域であることから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第28条第1項に規定する鳥獣保護区に指定し、当該地域に渡来する鳥類の保護を図るものである。

管理方針

当該地域の鳥獣の生息地の環境を適切に保持し、鳥獣の生息環境に著しい影響を及ぼすことのないよう留意する。

鳥獣保護区の指定

平成15年10月31日 告示第622号

(平成15年10月31日施行)

体系情報
第4編 環境保全/第2章 自然保護/第5節 鳥獣保護
沿革情報
平成15年10月31日 告示第622号