○鳥獣保護区特別保護地区の存続期間の延長

平成15年10月31日

告示第625号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第29条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区特別保護地区の存続期間を延長した。

1 名称

津幡鳥獣保護区特別保護地区

2 区域

河北郡津幡町字吉倉地内の町道吉倉5号線と町道吉倉小熊線との交点を起点とし、同所から同町道を南東に進み山林と水田との境界に至り、同所から同境界を南西に進み石川県森林公園御舘山林道との交点に至り、同所から同林道を北西に進み石川県森林公園の山道との交点に至り、同所から同山道を北西に進み石川県森林公園中央林道との交点に至り、同所から同林道を北北東に進み同町字吉倉と同町字大熊の字界との交点に至り、同所から同字界を東に進み町道吉倉小熊線との交点に至り、同所から同町道を南東に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

99ヘクタール

4 存続期間

平成15年11月1日から平成25年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 指定目的

当該地域は、石川県森林公園内にあり、カマンニャ谷内池を中心になだらかな丘陵地帯や池、湿地などの景色に富んだ地域で能登の代表的な里山の自然環境を備えている。毎年秋から冬にかけ、アトリ、ツグミ、シロハラ、カシラダカ等が大群となって飛来し、重要な渡り鳥の渡来地になっている。このように、当該特別保護地区は、多様な森林環境に恵まれているため特にツグミ類等の森林性鳥類の渡り鳥の重要な越冬地になっている。このことから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に基づく特別保護地区に指定し、渡り鳥の保全を図るものである。

管理方針

当該区域及び周辺は、昭和48年から石川県森林公園として県民の利用に供されているとともに、昭和48年から昭和58年までは、国設笠谷鳥獣保護区特別保護地区として、また、昭和58年から現在までは、県設津幡鳥獣保護区特別保護地区として保護されてきた野鳥の生息環境に恵まれた区域である。これまでにも100種を超える野鳥の生息が確認されており、引き続き特別保護地区に指定し、繁殖地の環境を現状のまま保全することを基本とし、野生鳥獣の保護を図るものとする。

――――――――――

平成16年10月29日

告示第632号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第29条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区特別保護地区の存続期間を延長した。

1 名称

山代温泉鳥獣保護区特別保護地区

2 区域

山代温泉鳥獣保護区のうち、加賀市上水道総合センターを起点とし、同所から耕地界を北に進み市道B第109号線との交点に至り、同所から同市道を東に150メートル進み同所から尾根線上を南東に進み別所との字界に至り、同所から西に150メートル進み同所から尾根線上を北西に進み耕地界に至り、同所から耕地界を北に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

45ヘクタール

4 存続期間

平成16年11月1日から平成26年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区の指定目的

当該区域は、加賀市東部に位置する丘陵地で、アカマツやコナラなどの雑木林が大半を占め、野生動物の食餌植物も多く生育するため、ヒヨドリ、メジロ、カラ類といった里山によくみられる留鳥の他、繁殖期にはキビタキ、ヤブサメ等数多くの野鳥が生息し、鳥獣の生息地として極めて良好な環境を呈している。このため、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に規定する特別保護地区に指定し、当該区域に生息する鳥獣の保護を図るものである。

管理方針

ア 当該区域は、昭和39年から県設山代温泉鳥獣保護区特別保護地区として保護されており、引き続き鳥獣の生息環境を現状のまま保全することを基本として、野生鳥獣の保護に努める。

イ 当該区域の周辺で、ツキノワグマによる人身被害がみられたことから、住民に対して防除方法を普及啓発するとともに、石川県特定鳥獣保護管理計画に基づき、必要に応じて個体数調整を実施する。

――――――――――

1 名称

火打谷鳥獣保護区特別保護地区

2 区域

火打谷鳥獣保護区のうち、羽咋郡志賀町火打谷地内の町道林業場線と町道梨谷小山牧山線との交点を起点とし、同所から町道梨谷小山牧山線を南西に進み県有地と民有地の境界線との交点に至り、同所から同境界線を北に進み仏木川左岸との交点に至り、同所から同川左岸を上流に進み通称しもく谷川左岸との交点に至り、同所から同川左岸を上流に進み町道梨谷小山牧山線との交点に至り、同所から同町道を南西に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

72ヘクタール

4 存続期間

平成16年11月1日から平成26年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区の指定目的

当該地域は、能登半島の中心に位置する丘陵地で、雑木林、スギ等の植林地からなり、また、区域内にある石川県緑化センターには、展示林として多種の樹木が植裁されている。アオサギ・ミサゴ・キジバト等、多くの野鳥が生息する区域であり、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に規定する特別保護地区に指定し、当該区域に生息する鳥獣の保護を図るものである。

管理方針

静かな環境の保持を図り、鳥獣の安定的な生息に著しい影響を及ぼすことのないよう留意しつつ、地域住民の自然とのふれあいの場及び子供たちの環境教育・学習の場としての活用を講じる。

――――――――――

1 名称

岩倉鳥獣保護区特別保護地区

2 区域

岩倉鳥獣保護区のうち、輪島市町野町曽々木地内の国道249号と主要地方道宇出津町野線との交点を起点とし、同所から同国道を北東に進み珠洲市との行政区界との交点に至り、同所から同行政区界を南東に進み通称蛇ヶ谷内に至り、同所から稜線界を北西に進み標高329メートルの独立標高点を経て同稜線界を岩倉山山頂に至り、同山頂から歩道を岩倉寺に至り、同所から岩倉寺参道を南西に進み同市西時国地内の主要地方道宇出津町野線との交点に至り、同所から同主要地方道を北に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

125ヘクタール

4 存続期間

平成16年11月1日から平成36年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区の指定目的

当該区域は、海岸線に屹立する岩場と、それに連なる急峻な山地であり、アカマツ天然林やコナラ、ケヤキ等の広葉樹林が多く、森林性のカラ類、キツツキ類などの野鳥の生息地として、またサシバ、カッコウ、ジョウビタキなどの渡り鳥の休息採餌にとって、鳥獣の生息地として極めて好環境を呈している。このため、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に規定する特別保護地区に指定し、当該区域に生息する鳥獣の保護を図るものである。

管理方針

当該区域は、昭和46年から県設岩倉鳥獣保護区特別保護地区として保護されており、これまでには100種を超える野鳥の生息が確認されており、引き続き鳥獣の生息環境を現状のまま保全することを基本として、野生鳥獣の保護に努める。

――――――――――

平成18年10月31日

告示第562号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第29条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区特別保護地区の存続期間を延長した。

1 名称

高松鳥獣保護区高松特別保護地区

2 区域

主要地方道金沢田鶴浜線(能登有料道路)のかほく市木津と同市高松との字界から北北東に100メートル進んだ地点を起点とし、同所から同主要地方道を直角に日本海に向かって進み海岸汀線との交点に至り、同所から同汀線を北北東に1000メートル進んだ地点に至り、同所から同汀線を直角に同主要地方道に向かって進み同主要地方道との交点に至り、同所から同主要地方道を南南西に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

10ヘクタール

4 存続期間

平成18年11月1日から平成38年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

集団渡来地の保護区

(2) 指定目的

当該地域は、日本海に面した砂浜で、シロチドリの繁殖地であり、春秋には日本海側を通過するシギ・チドリ類の重要な中継地である。また、かほく市では、シロチドリを市の鳥に指定するなど、その保護に積極的である。このことから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項の規定により、特別保護地区に指定し、当該地域に飛来する渡り鳥等の生息環境を保全するものである。

管理方針

鳥獣の安定的な生息に著しい影響を及ぼすことのないよう留意する。

――――――――――

平成19年10月30日

告示第441号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第29条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区特別保護地区を指定した。

1 名称

小木鳥獣保護区小木特別保護地区

2 区域

鳳珠郡能登町字越坂地内の城ヶ崎先端と同町字小木の日和山鼻先先端とを結ぶ線から内陸側の蓬莱島を含む九十九湾一円

3 面積

35ヘクタール

4 存続期間

平成19年11月1日から平成39年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区指定目的

小木鳥獣保護区は、能登半島の東岸富山湾に接し、一帯はアカマツ林やスダジイ、タブノキなどの常緑広葉樹林、コナラなどからなる二次林が広がり、アオサギ、ヒヨドリ、メジロなど多くの鳥類が生息している。

特に、当該鳥獣保護区の中でも九十九湾の区域は、他では見られない大小の入り江からなる典型的なリアス式海岸に囲まれており、多種多様な鳥類の良好な採餌、休息場となっている。

このため、当該地域は小木鳥獣保護区の中でも特に保護を図る必要がある区域であると認められることから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に基づく特別保護地区に指定し、鳥獣の生息環境の保全と保護繁殖を図るものである。

管理方針

定期的な巡視をすることで、鳥獣の安定的な生息環境の保持を図り、著しい環境変化の抑制を図るものとする。

――――――――――

平成22年10月29日

告示第402号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第29条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区特別保護地区を指定した。

1 名称

石動山鳥獣保護区石動山特別保護地区

2 区域

鹿島郡中能登町石動山地内の林道城石線と林道石動山2号線との交点を起点とし、同所から林道城石線を北に進み石動山県有林2林班8―1小班と27小班の境界線との交点に至り、同所から同境界を北東に進み石動山県有林と私有林の境界線との交点に至り、同所から同境界線を北東に進み歩道との交点に至り、同所から同歩道を南に進み石動山県有林と私有林の境界線との交点に至り、同所から同境界線を西に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

60ヘクタール

4 存続期間

平成22年11月1日から平成42年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区指定目的

石動山鳥獣保護区は、中能登町の東端部に位置し、北は七尾市、東は富山県と接した630ヘクタールの区域で、古来より敬われていた霊山石動山を中心とした保護区である。大御前といわれる山頂部はブナ林に覆われ、その他の林内はミズナラ、ケヤキ等の広葉樹やスギ、アテ(ヒノキアスナロ)等の針葉樹林が生い茂り、年間を通じて自然観察、史跡巡り等多くの人が訪れる場所でもある。

当該鳥獣保護区の中でも石動山山頂部は、石川県内において希少となったブナ類の原生林が残されている貴重な地域であり、イヌシデ、ツクバネ、ヤブコウジ等が自生しており、多種多様な鳥獣の良好な生息地として、特に重要な区域となっている。

特に、近年、減少していると言われる夏鳥の繁殖個体の種類数、個体数が多く、サンショウクイやサンコウチョウ、ヨタカ、アカショウビンなどの繁殖も観察されている。

また、秋の渡りの時期には、奥能登方面から飛来したサシバやハチクマ等のワシタカ類が、石動山で上昇気流をとらえ上空高くまで昇ったのち、再び南または南西方向へ渡っていくのが確認されている。

このことから、当該区域は、石動山鳥獣保護区の中でも特に保護を図る必要がある区域であると認められることから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に規定する特別保護地区に指定し、当該地域に生息する鳥獣及びその生息地の保護を図るものである。

管理方針

定期的に巡視を実施する等により、静ひつな環境の保持を図り、鳥獣の安定的な生息に影響を及ぼすことのないよう留意する。

森林鳥獣の生息地で、鳥獣相も豊富で生息のため重要な区域であることから、環境を保持し、生息環境に影響を及ぼすことのないよう留意しつつ、自然とのふれあいの場並びに環境教育及び学習の場として活用を図る。

――――――――――

平成25年10月31日

告示第435号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第29条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区特別保護地区を指定した。

1 名称

津幡鳥獣保護区津幡特別保護地区

2 区域

河北郡津幡町字吉倉地内の町道吉倉5号線と町道吉倉小熊線との交点を起点とし、同所から同町道を南東に進み山林と水田との境界との交点に至り、同所から同境界を南西に進み石川県森林公園御舘山林道との交点に至り、同所から同林道を北西に進み石川県森林公園の山道との交点に至り、同所から同山道を北西に進み石川県森林公園中央林道との交点に至り、同所から同林道を北北東に進み同町字吉倉と同町字大熊との字界との交点に至り、同所から同字界を東に進み町道吉倉小熊線との交点に至り、同所から同町道を南東に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

99ヘクタール

4 存続期間

平成25年11月1日から平成35年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区指定目的

当該区域は、石川県森林公園内にあり、カマンニャ谷内池を中心になだらかな丘陵地帯や池、湿地などの景色に富んだ地域で能登の代表的な里山の自然環境を備えている。毎年秋から冬にかけ、ツグミ、シロハラ、カシラダカ等が大群となって飛来し、重要な渡り鳥の渡来地になっている。このように、当該区域は、多様な森林環境に恵まれているため特にツグミ類等の森林性鳥類の渡り鳥の重要な越冬地になっている。

このため、当該区域は、鳥獣の生息のため重要な区域であると認められることから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に規定する特別保護地区に指定し、当該区域に生息する鳥獣の保護を図るものである。

管理方針

定期的に巡視を実施する等により、静ひつな環境の保持を図り、鳥獣の安定的な生息に影響を及ぼすことのないよう留意する。

森林鳥獣の生息地で、鳥獣相も豊富で生息のため重要な区域であることから、環境を保持し、生息環境に影響を及ぼすことのないよう留意しつつ、自然とのふれあいの場並びに環境教育及び学習の場として活用を図る。

――――――――――

平成26年10月31日

告示第484号

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第29条第1項の規定により、次のとおり鳥獣保護区特別保護地区を指定した。

1 名称

山代温泉鳥獣保護区山代温泉特別保護地区

2 区域

加賀市上水道総合センターを起点とし、同所から耕地界を北に進み市道第B109号線との交点に至り、同所から同市道を東に150メートル進み同所から尾根線上を南東に進み別所との字界に至り、同所から西に150メートル進み同所から尾根線上を北西に進み耕地界に至り、同所から耕地界を北に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

45ヘクタール

4 存続期間

平成26年11月1日から平成36年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区指定目的

当該区域は、加賀市東部に位置する低山帯で、マツ、スギを中心にナラ、クヌギなどの食餌植物が群生し、ヒヨドリ、メジロ、カワラヒワ、カラ類等の里山に見られる留鳥のほか、繁殖期にはキビタキ、アオジ等の野鳥が多数生息している。したがって、鳥獣の生息、繁殖のため重要な区域であると認められることから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に規定する特別保護地区に指定し、当該区域に生息する鳥獣の保護繁殖を図るものである。

管理方針

当該区域は、昭和44年から現在まで県指定山代温泉鳥獣保護区山代温泉特別保護地区として保護されてきており、野鳥の生息環境に恵まれた区域である。引き続き特別保護地区に指定し、保護環境を保全することを基本とし、野生鳥獣の保護を図るものとする。

なお、区域周辺では、ツキノワグマの出没やイノシシによる農業被害が見られることから、住民に対し防除方法を普及啓発するとともに、石川県特定鳥獣保護管理計画に基づいて個体数調整及び有害鳥獣捕獲を実施する。

――――――――――

1 名称

火打谷鳥獣保護区火打谷特別保護地区

2 区域

羽咋郡志賀町火打谷地内の町道林業場線と町道梨谷小山牧山線との交点を起点とし、同所から町道梨谷小山牧山線を西南に進み県有地と民有地の境界線との交点に至り、同所から同境界線を北に進み仏木川左岸との交点に至り、同所から同川左岸を上流に進み通称しもく谷川左岸との交点に至り、同所から同川左岸を上流に進み町道梨谷小山牧山線との交点に至り、同所から同町道を南西に進み起点に至る線に囲まれた区域

3 面積

72ヘクタール

4 存続期間

平成26年11月1日から平成46年10月31日まで

5 保護に関する指針

(1) 指定区分

森林鳥獣生息地の保護区

(2) 特別保護地区指定目的

当該区域は、能登半島の中心に位置する丘陵地帯で、雑木林及びスギ等の植林地からなり、また、区域内にある石川県緑化センターには、展示林として食餌植物が植樹されており、野生鳥獣の生息に適した区域であることから、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第29条第1項に規定する特別保護地区に指定し、渡り鳥等の保全を図るものである。

管理方針

ひつな環境の保持を図り、鳥獣の安定的な生息に著しい影響を及ぼすことのないよう留意し、地域住民の自然とのふれあいの場、子供たちの環境教育・学習の場としての活用を図る。

鳥獣保護区特別保護地区の存続期間の延長

平成15年10月31日 告示第625号

(平成15年10月31日施行)

体系情報
第4編 環境保全/第2章 自然保護/第5節 鳥獣保護
沿革情報
平成15年10月31日 告示第625号