○石川県議会が所管する手続等における情報通信の技術の利用に関する規程

平成二十年十月三十一日

議会規程第一号

石川県議会が所管する手続等における情報通信の技術の利用に関する規程

(趣旨)

第一条 石川県議会(以下「議会」という。)が所管する手続等を、石川県行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例(平成十六年石川県条例第三十二号。以下「情報通信技術利用条例」という。)第三条の規定に基づき、電子情報処理組織を使用する方法により行う場合においては、条例等に特別の定めのある場合を除くほか、この規程に定めるところによる。

(定義)

第二条 この規程で使用する用語は、情報通信技術利用条例で使用する用語の例による。

(適用範囲)

第三条 この規程は、石川県情報公開条例(平成十二年石川県条例第四十六号。以下「情報公開条例」という。)第六条第一項の規定による公文書の公開の請求について適用する。

(電子情報処理組織による申請等)

第四条 情報通信技術利用条例第三条第一項の規定により、電子情報処理組織を使用して申請等を行う者は、議長が指定する電子計算機に備えられたファイルに記録すべき事項又は当該申請等を書面等により行うときに記載すべきこととされている事項を、当該申請等を行う者の使用に係る電子計算機から送信し、及び議長が指定する電子計算機に備えられたファイルに記録して、申請等を行わなければならない。

2 前項の規定により申請等を行う者は、議長が指定する方法により当該申請等を行った者を確認するための措置を講じなければならない。

(氏名又は名称を明らかにする措置)

第五条 情報通信技術利用条例第三条第四項に規定する氏名又は名称を明らかにする措置であって規則で定めるものは、前条第二項に規定する措置とする。

(委任)

第六条 この規程に定めるもののほか、議会が所管する手続等を、電子情報処理組織を使用する方法により行う場合に必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成二十年十一月一日から施行する。

附 則(平成二十六年三月三十一日議会規程第一号)

この規程は、平成二十六年四月一日から施行する。

石川県議会が所管する手続等における情報通信の技術の利用に関する規程

平成20年10月31日 議会規程第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第1編 規/第2章 会/第1節
沿革情報
平成20年10月31日 議会規程第1号
平成26年3月31日 議会規程第1号