○石岡市庁議規程

平成17年10月1日

訓令第4号

(設置)

第1条 市行政各部門の基本方策を総合的視野から策定し,かつ,その推進に当たって相互の連絡調整を図るため庁議を置く。

(構成員)

第2条 庁議の構成員は,次のとおりとする。

(1) 市長

(2) 副市長

(3) 教育長

(4) 市長公室長

(5) 各部長

(6) 議会事務局長

(7) 八郷総合支所長

(8) 会計管理者

(9) 監査委員事務局長

(10) 農業委員会事務局長

(11) 消防長

(12) その他庁議に付議すべき案件により,その都度市長が必要と認める者

2 秘書広聴課長,政策企画課長,財政課長及び総務課長は,幹事として庁議に出席するものとする。

(平18訓令11・平19訓令11・平25訓令5・平26訓令3・一部改正)

(付議事項)

第3条 庁議に付議すべき事項は,指示事項,審議事項及び報告事項とする。

2 指示事項は,前条第1項第4号から第12号までに定めるもの(以下「各部長等」という。)に対する市長からの指示,注意等とする。

3 審議事項は,次のとおりとする。

(1) 市行政の基本方策に関する事項

(2) 重要施策に関する基本的事項

(3) 2部以上にまたがる重要な施策のうち庁議において連絡調整をすることが必要と認められる事項

(4) 特に重要な行事に関する事項

(5) 総合的な管理改善に関する事項

(6) その他市長が必要と認めた事項

4 報告事項は,次のとおりとする。

(1) 特に重要な事業の現況及び問題点

(2) 特に重要な法令の制定改廃

(3) 特に重要な国,県の施策の変更及び経済界等の情勢の変化

(4) 特に重要な情報(資料)等に関する事項

(5) その他各構成員が必要と認めた重要事項

(平19訓令11・一部改正)

(運営)

第4条 庁議は,市長が主宰する。

2 庁議は,毎月1回第1月曜日に開催する。ただし,やむを得ない事由により指定の日に開催することができない場合は,変更することができる。

3 市長が特に必要があると認める場合は,臨時会を開催することができる。臨時会には,付議事項に関係がある者のみの出席を求めることができる。

4 庁議においては,必要に応じ,学識経験者を招き,その意見を聴くことができる。

(庶務)

第5条 庁議の招集その他の庶務は,市長公室政策企画課が所掌する。

(平25訓令5・一部改正)

(付議事項の手続)

第6条 各部長等は,庁議に付議すべき案件があるときは,庁議開催日の7日前までに,その要旨及び資料等を前条を所管する部長に文書をもって提出しなければならない。ただし,急を要する場合は,この限りでない。

2 所管長は,庁議が円滑かつ能率的に運営されるよう各部長等から提出された付議案件について,必要に応じ,第2条第2項に定める幹事及び付議案件に関係ある課長その他の職員と協議のうえ,あらかじめ付議事項を調整するものとする。

3 所管長は,庁議開催日前に付議事項を構成員等へ連絡するものとする。ただし,急を要する場合は,この限りでない。

(付議事項の処理)

第7条 庁議に付議した事項については,次により処理するものとする。

(1) 指示事項について,指示又は連絡があったときは,庁議指示又は庁議連絡としてそれぞれ処理するものとする。

(2) 審議事項について審議を終了し,決定したときは,庁議決定として処理するものとする。

(3) 報告事項について報告を受け,了承したときは,庁議了承として処理するものとする。

(付議事項の周知及び実施の促進)

第8条 各構成員は,庁議に付議された事項については,速やかに関係所属職員に周知させるとともに,実施を要する事項については,これを促進しなければならない。

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか,庁議の運営に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この訓令は,平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年4月1日訓令第11号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月16日訓令第11号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日訓令第5号)

この訓令は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日訓令第3号)

この訓令は,平成26年4月1日から施行する。

石岡市庁議規程

平成17年10月1日 訓令第4号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 組織・処務
沿革情報
平成17年10月1日 訓令第4号
平成18年4月1日 訓令第11号
平成19年3月16日 訓令第11号
平成25年3月29日 訓令第5号
平成26年3月31日 訓令第3号