○石岡市民間交通指導員規則

平成17年10月1日

規則第34号

(設置)

第1条 本市における道路交通の安全を保持し,かつ,交通安全対策を推進するため,民間交通指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(職務)

第2条 指導員は,次に掲げる職務を行う。

(1) 学童等の登校時における保護及び誘導に関すること。

(2) 歩行者及び自転車を乗用する者に対する正しい交通の指導に関すること。

(3) その他交通安全上必要と認められること。

(定数)

第3条 指導員の定数は,50人以内とする。

(平22規則3・一部改正)

(委嘱)

第4条 指導員は,次に掲げる要件を備える者のうちから市長が委嘱する。

(1) 本市に居住し,年齢20歳以上の者

(2) 人格が円満で,かつ,身体強健であること。

(3) 交通安全に熱意を有し,かつ,指導力を有すること。

(任期)

第5条 指導員の任期は,2年とする。ただし,再任させることができる。

2 補欠により就任した指導員の任期は,前任者の残任期間とする。

(解嘱)

第6条 市長は,指導員が次の各号のいずれかに該当する場合は,解嘱することができる。

(1) 本人から解嘱の願い出があったとき。

(2) 心身の故障のため任務の遂行に支障があるとき。

(3) 指導員として著しく品位を傷つけたとき。

(4) その他市長が不適任と認めるとき。

(留意事項)

第7条 指導員は,次に掲げる事項に留意しなければならない。

(1) 常に交通法令を遵守するとともに,服務の遂行に当たっては言動及び動作に注意し,市民の信頼と協力を得るように努めること。

(2) 服務中は,服装及び姿勢を端正にし品位を失わないように注意すること。

(3) 交通の危険箇所その他交通保安上必要と認められる事項について報告すること。

(4) 警察官の職務権限の行使と紛らわしい行為をしないこと。

(5) 指導員は,交通指導に当たり,常に民間交通指導員証(別記様式)を携帯し,関係人から提示を求められたときは,これを提示しなければならない。

(研修等)

第8条 指導員の研修等は,必要に応じて市長が開催する。

(貸与品)

第9条 指導員に対し,その職務上必要な物品(以下「貸与品」という。)を貸与する。

2 前項の貸与品の種類,数量及び貸与期間は,別表のとおりとする。

(平22規則3・一部改正)

(災害補償)

第10条 指導員が交通指導に従事中交通災害を受けたときは,石岡市交通指導協力者交通災害見舞金交付規則(平成17年石岡市規則第35号)に基づき見舞金を交付する。

(報酬及び費用弁償)

第11条 指導員の報酬及び費用弁償については,別に定めるところによる。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか,指導員に対し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成22年2月9日規則第3号)

この規則は,公布の日から施行する。

別表(第9条関係)

(平22規則3・旧別表第2・一部改正)

貸与品・員数及び貸与期間

品名

員数

貸与期間

冬服

1

4年 ズボンのみ2年

合服

1

4年 ズボンのみ2年

盛夏服

2

2年

防寒衣

1

4年

雨衣

1

2年

制帽(冬夏)

各1

2年

半長靴

1

2年

ネクタイ

2

2年

ベルト

1

2年

布手袋

2双

1年

帽子カバー

1

1年

腕章

1

1年

警笛

1

使用に耐えないと認めるまで

警笛つり紐

1

使用に耐えないと認めるまで

白帯革

1

使用に耐えないと認めるまで

指導棒

1

使用に耐えないと認めるまで

襟章

1

使用に耐えないと認めるまで

 

 

 

 

 

 

画像

石岡市民間交通指導員規則

平成17年10月1日 規則第34号

(平成22年2月9日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第10節 交通安全・生活安全
沿革情報
平成17年10月1日 規則第34号
平成22年2月9日 規則第3号