○石岡市国民宿舎つくばね条例

平成18年3月24日

条例第41号

石岡市国民宿舎つくばね条例(平成17年石岡市条例第145号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 公衆に健全な保健休養の場を供与し,もってその保養と健康の増進に資するため,石岡市国民宿舎つくばね(以下「国民宿舎」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 国民宿舎の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

石岡市国民宿舎つくばね

石岡市小幡2132番地50

(指定管理者による管理)

第3条 市長は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき,法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に国民宿舎の管理を行わせる。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第4条 指定管理者が行う国民宿舎の管理の業務の範囲は,次のとおりとする。

(1) 国民宿舎の利用の承認に関すること。

(2) 国民宿舎の施設及び設備の維持管理に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか,市長が必要と認める業務

(休業日)

第5条 国民宿舎は,無休とする。ただし,指定管理者は,必要があると認めるときは,市長の承認を得て,臨時に休業することができる。

(利用の承認)

第6条 国民宿舎を利用しようとする者は,指定管理者の承認を得なければならない。

(承認の取消し)

第7条 指定管理者は,前条の承認を得た者(以下「利用者」という。)が次の各号のいずれかに該当する場合は,前条の規定による承認を取り消すことができる。

(1) 公の秩序を乱し,又は善良の風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 国民宿舎の管理運営上又は他の利用者の利用に支障となる行為をしたとき。

(3) 第9条第3項に規定する予約金を納入しないとき(第9条第3項ただし書による場合を除く。)。

(4) その他管理者の指示した事項に違反したとき。

(利用の取消し等)

第8条 利用者が利用を取り消し,又は変更する場合は,その旨を速やかに指定管理者に通知しなければならない。この場合において,第6条の規定により承認を得た日以外の日の利用を伴う変更にあっては,新たに指定管理者の承認を得なければならない。

2 変更の結果,利用日数が減じた場合にあっては,当該減じた日数分は,取り消されたものとみなす。

(利用料金の納入)

第9条 利用者は,指定管理者に国民宿舎の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を納めなければならない。

2 利用料金は,別表第1に定める額の範囲内において,指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定めるものとする。

3 利用者は,利用が宿泊を伴う場合は,前項に定める利用料金の一部として別表第2に掲げる金額を予約金として,納入しなければならない。ただし,指定管理者がやむを得ない事由があると認め,また,必要がないと認める場合は,この限りでない。

(利用料金の収入)

第10条 市長は,指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる。

(利用料金の減免)

第11条 指定管理者は,次の各号のいずれかに該当するときは,利用料金を減額し,又は免除することができる。

(1) 老人福祉法(昭和38年法律第133号)に規定する老人で市内に居住するもの

(2) 母子及び父子並びに寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)に規定する母子家庭等の世帯員で市内に居住するもの

(3) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に規定する身体障害者で市内に居住するもの

(4) 市内の小学校及び中学校に在学する児童及び生徒で,研修を目的とした10人以上の団体

(5) 前各号に掲げる場合のほか,指定管理者が特別の理由があると認めるとき。

(平26条例29・一部改正)

(利用料金の返還)

第12条 既に納入された利用料金は,返還しない。ただし,利用者の責めに帰さない理由により国民宿舎を利用できないときは,利用料金を返還することができる。

(損害賠償)

第13条 利用者は,故意又は過失により国民宿舎の施設又は設備を損壊し,又は滅失したときは,それによって生じた損害を市に賠償しなければならない。ただし,市長が特別の事情があると認めるときは,この限りでない。

(市の免責)

第14条 この条例又はこれに基づく規則に定める国民宿舎の利用者の義務の不履行による事故又は管理上の責めによらない事故については,市は一切その責めを負わない。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成18年9月1日から施行する。

2 この条例の施行の日の前日までに,この条例による改正前の石岡市国民宿舎つくばね条例(平成17年石岡市条例第145号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(石岡市公共施設の暴力排除に関する条例の一部改正)

3 石岡市公共施設の暴力排除に関する条例(平成17年石岡市条例第12号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成25年12月18日条例第76号)

この条例は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年9月11日条例第29号)

この条例は,平成26年10月1日から施行する。

別表第1(第9条関係)

(平25条例76・全改)

1 宿泊利用料金(1人1泊につき)

(単位:円)

区分

金額

大人

3,780

小学校児童

3,020

幼児

1,570

備考

1 宿泊利用者の利用時間は,原則として午後4時から翌日の午前10時までとする。

2 食事代は,別料金として,宿泊利用料金に加算する。ただし,食事代が加算されない場合は,1人1泊につき320円を宿泊利用料金に加算する。

3 特別室については,1人1泊につき,大人2,160円,小学校児童及び幼児1,080円を加算する。

2 休憩利用料金(1人1日につき)

(単位:円)

区分

金額

大人

1,080

小学校児童

800

備考

1 休憩利用者の利用時間は,午前10時から午後3時までとする。

2 特別室については,1人1日につき,大人210円,小学校児童210円を加算する。

3 ホール利用料金

(単位:円)

区分

午前

9:00~12:00

午後

13:00~17:00

夜間

18:00~21:00

全日

9:00~21:00

大ホール(全室)

6,480

10,800

16,200

27,000

大ホール(中室)

4,320

7,560

10,800

18,360

大ホール(小室)

2,160

4,320

6,480

10,800

中ホール(全室)

4,320

7,560

10,800

18,360

中ホール(中室)

2,160

4,320

6,480

10,800

第1小ホール

3,240

6,480

8,640

15,120

第2小ホール

2,160

3,240

4,320

7,560

備考

1 宿泊者が利用する場合は,この表に掲げる金額の2分の1の額とする。

2 利用時間が上記の区分時間を超えた場合は,次のとおり規定料金を割増しする。

(1) 1時間未満のときは,3割

(2) 1時間以上2時間未満のときは,6割

(3) 2時間以上3時間未満のときは,10割

別表第2(第9条関係)

(平25条例76・全改)

予約金(1人1泊につき)

(単位:円)

区分

金額

大人

1,020

小学校児童

510

石岡市国民宿舎つくばね条例

平成18年3月24日 条例第41号

(平成26年10月1日施行)