○石岡市協働のまちづくり条例施行規則

平成26年12月11日

規則第27号

(趣旨)

第1条 この規則は,石岡市協働のまちづくり条例(平成26年石岡市条例第31号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(附属機関への公募委員の拡充)

第2条 条例第9条第1号に規定する附属機関への公募委員の拡充に当たっては,当該附属機関の委員の全部又は一部を市民等から公募するよう努めるものとする。

(意見公募)

第3条 条例第9条第2号に規定する意見公募は,石岡市意見公募(パブリックコメント)手続実施に関する指針に基づき,実施するものとする。

(アンケート調査)

第4条 条例第9条第3号に規定するアンケート調査は,目的,対象者,対象区域等を考慮し,実施するものとする。

2 前項のアンケート調査を実施したときは,その結果を公表するものとする。

(ワークショップ)

第5条 条例第9条第4号に規定するワークショップは,あらかじめ開催内容,日時等を公表し,実施するものとする。

2 前項のワークショップを実施したときは,その結果を公表するものとする。

(広聴会)

第6条 条例第9条第5号に規定する広聴会は,あらかじめ開催内容,日時等を公表し,実施するものとする。

2 前項の広聴会を実施したときは,その結果を公表するものとする。

(市政への提案)

第7条 条例第9条第6号に規定する市政への提案は,協働のまちづくり,地域の課題の解決につながる取組等について,市民等から広く提案されるよう努めるものとする。

(市民公益活動支援の施策)

第8条 条例第10条に規定する市民公益活動支援の施策は,次に掲げる事項とする。

(1) 支援窓口の設置

(2) 市備品の貸出等

(3) 優良な市民公益活動の表彰

(調査,審議等の事項)

第9条 条例第11条に規定する推進委員会(以下「推進委員会」という。)は,次に掲げる事項について調査,審議等をするものとする。

(1) 条例の運用状況に関すること。

(2) 協働のまちづくりを推進するための制度及び施策に関すること。

(3) その他協働のまちづくりの推進に関すること。

(委員長及び副委員長)

第10条 推進委員会に,委員長及び副委員長を置く。

2 委員長及び副委員長は,委員の互選とする。

3 委員長は,推進委員会を代表し,会務を総理する。

4 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故があるとき,又は欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第11条 推進委員会の会議(以下「会議」という。)は,委員長が招集し,その議長となる。

2 会議は,委員の半数が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

4 委員長は,必要に応じて委員以外の者の出席を求めることができる。

(庶務)

第12条 推進委員会の庶務は,生活環境部まちづくり協働課において処理する。

(平27規則9・一部改正)

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日規則第9号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

石岡市協働のまちづくり条例施行規則

平成26年12月11日 規則第27号

(平成27年4月1日施行)