○石岡市防災行政無線「ぼうさいいしおか」施設管理運用規程

平成27年4月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は,地域防災計画に基づく災害対策時等における防災行政無線「ぼうさいいしおか」の円滑な通信を図るため,当該無線施設の管理及び運用について,電波法(昭和25年法律第131号。以下「法」という。)その他法令に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 無線施設 「ぼうさいいしおか」の電波を通信する施設(電気的設備を含む。)

(2) 親局 無線通信を総体的に制御するため,石岡市役所に設置した無線局

(3) 再放送局 親局からの通信を無線通信等により受信し,八郷地区(平成17年9月30日現在の八郷町)へ放送するため,八郷総合支所に設置した無線局

(4) 遠隔制御装置 無線通信等により親局を遠隔操作するため,消防本部に設置した装置

(5) 再送信子局 親局と無線施設間の通信を中継するため,高浜小学校に設置した無線局

(6) 屋外拡声子局 屋外スピーカーから放送する無線施設

(7) 受信機 屋内で放送する戸別受信機(外部アンテナを含む。)

(総括管理者及び副総括管理者)

第3条 無線施設の総括管理者は,副市長とし,副総括管理者は,総務部長とする。

2 総括管理者は,無線施設の管理及び運用に関する業務を総括する。

3 副総括管理者は,総括管理者に事故あるときは,その職務を代理する。

(管理責任者)

第4条 無線施設の管理責任者は,総務部防災対策課長とする。

2 管理責任者は,次条に定める無線従事者及び第6条に定める無線従事職員を指揮監督するとともに,無線施設に係る日常の点検及び保全を行うものとする。

(無線従事者)

第5条 無線従事者とは,電波法施行令(平成13年政令第245号)に基づき,「ぼうさいいしおか」の操作に必要な資格を有する者で,関係法令を遵守して無線施設の運用に当たるものとする。

(無線従事職員)

第6条 無線従事職員とは,前条の資格を有しない者で,次条に定める主任無線従事者の監督を受け,無線施設を操作するものとする。

(主任無線従事者)

第7条 法第39条第1項の規定による主任無線従事者は,管理責任者の指示のもと無線従事者及び無線従事職員を指導するとともに,無線施設に係る業務を所掌する。

(遠隔制御装置管理者)

第8条 遠隔制御装置の管理者(以下「遠隔制御装置管理者」という。)は,消防本部通信指令課長とする。

2 遠隔制御装置管理者は,管理責任者の指示を受け,遠隔制御装置の管理及び運用の業務を所掌する。

3 遠隔制御装置管理者は,遠隔制御装置により配信業務を行ったときは,「ぼうさいいしおか」配信業務報告書(様式第1号)により,管理責任者へ報告するものとする。

(通信体制等)

第9条 無線通信は,管理責任者の指示のもと無線従事者又は無線従事職員により行うものとする。

(無線施設の保守点検)

第10条 管理責任者は,無線施設の正常な機能を確保等するため,法に基づく点検のほか,必要に応じて,随時保守点検を行うものとする。

(通信訓練)

第11条 総括管理者は,無線施設の動作確認等の習熟を図るため,年1回以上の通信訓練を行うものとする。

(研修)

第12条 総括管理者は,年1回以上,無線従事者,無線従事職員及び遠隔制御装置管理者に対して,無線局の管理及び運用に必要な知識について研修を行うものとする。

(放送の種類等)

第13条 「ぼうさいいしおか」により行う放送の種類は,毎日午後5時に行う点検放送及び臨時放送とする。

2 臨時放送を依頼する者は,「ぼうさいいしおか」配信依頼書(様式第2号)を,管理責任者に提出しなければならない。ただし,緊急を要する場合は,この限りでない。

3 管理責任者は,前項の規定により臨時放送の依頼があったときは,その内容を審査し,別に定める放送事項に適合していると認めるものを放送するものとする。

(受信機貸与対象区域)

第14条 受信機を貸与する区域(以下「受信機貸与対象区域」という。)は,次に掲げる区域とする。

(1) 土砂災害警戒区域 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)第7条第1項の土砂災害警戒区域又は第9条第1項の土砂災害特別警戒区域に指定された石岡地区(平成17年9月30日現在の石岡市。以下この条において「石岡地区」という。)内の区域

(2) 難聴区域 屋外拡声子局からの放送が届かない石岡地区内の区域

(受信機の貸与)

第15条 受信機貸与対象区域に現に居住する住家,事業所等を有する者の代表者に対し,受信機を無償で1台貸与する。

2 受信機を使用する者(以下「使用者」という。)は,防災行政無線施設戸別受信機貸与申込書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。この場合において,借家に居住する使用者は,借家の所有者の同意を受けなければならない。

(受信機の管理)

第16条 使用者は,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 貸与を受けた受信機の取扱いに注意し,電源ランプ,音量,電源コード,電波,通信時雑音等の点検を行い,使用する機器の管理に努めるものとする。

(2) 貸与を受けた受信機は,電池の補給その他保全に留意し,原形を改変してはならない。

(3) 貸与を受けた受信機が故障等で使用に耐えなくなったときは,総務部防災対策課へ報告するものとし,その指示を受けなければならない。

(4) 使用者は,受信機を第三者に対し,譲渡又は売却してはならない。

2 受信機の補修は,市長の指定する者以外の者が行うことはできない。

(維持管理の経費)

第17条 受信機の維持管理に要する経費のうち,次に掲げるものについては,使用者の負担とする。

(1) 電気料金及び交換用電池の費用

(2) 家屋の立替及び改修による受信機の移設費用

(受信機の賠償)

第18条 使用者は,貸与された受信機を使用者の責めに帰すべき事由により損傷し,又は滅失したときは,その損害を賠償しなければならない。

(受信機の返還)

第19条 第17条第2項の規定により受信機を貸与された使用者が,転出又は転居しようとする場合は,防災行政無線施設戸別受信機返還届(様式第4号)をあらかじめ提出の上,受信機を返還しなければならない。

(受信機の使用者台帳)

第20条 総括管理者は,防災行政無線施設戸別受信機使用者台帳(様式第5号)を作成し,使用状況等を常に記録しておくものとする。

(その他)

第21条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この訓令は,公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

石岡市防災行政無線「ぼうさいいしおか」施設管理運用規程

平成27年4月1日 訓令第4号

(平成27年4月1日施行)