○加賀市市章取扱規程

平成17年10月1日

加賀市訓令第39号

(趣旨)

第1条 この訓令は、加賀市市章の制定について(平成17年加賀市告示第120号)により定める加賀市市章(以下「市章」という。)の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。

(市章)

第2条 市章の使用については、次の各号に掲げる使用を禁止する。

(1) 別表に掲げる使用方法以外で使用すること。

(2) 縁取りをすること。

(3) 市章に隣接して他の図形を配置し、市章の一部と混同されるおそれがある使用

(4) 上記のほか、市章の品位を損なうと思われる使用

(市旗)

第3条 市旗の使用にあたっては、品位を損なわないように留意しなければならない。

2 市旗は、次に掲げる場合に掲揚するものとする。

(1) 市制施行記念日

(2) 市の主催する行事

(3) 市庁舎その他の市の施設に掲げる場合

(4) その他市長が必要と認めた日

3 市旗の掲揚方法は次のとおりとする。

(1) 国旗と市旗を併せて掲揚する場合は、建物等に(会場等にあっては、観覧席等から)向かって左側に国旗を、右側に市旗を掲揚するものとする。

(2) 国旗と市旗を併せて掲揚する場合の市旗の大きさは、国旗と同一とする。事情により大きさが相違する場合は、国旗より小さいものを使用する。

(3) 市旗のほかに2本の旗を加え、3本の旗を掲揚する場合の序列は、建物等に(会場等にあっては、観覧席等から)向かって中央、左側、右側の順とする。

(4) 前3号に掲げるほか、掲揚する場合は慣例に従った方法により行うものとする。

(その他)

第4条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

別表(第2条関係)

1 カラー表示と単色表示

市章は、加賀市市章の制定について(加賀市告示第120号)に定める基本表示色を用いて表示すること。

基本表示色以外の利用については、背景色等により市章の輪郭が鮮明に表現されないといったことがないように充分に配慮すること。

A カラー基本形

B カラー基本形の白窓ぬき

画像

画像

C 単色基本形

D 単色反転形

画像

画像

A カラー基本形

背景が白または白に近い場合。

B カラー基本形の白窓ぬき

背景が色地、暗色または写真などの上に表示する場合。

C 単色基本形

背景が白または明るい色で、市章と背景との間にコントラストが得られる場合。

D 単色反転形

背景が黒または暗色で、市章と背景との間にコントラストが得られない場合。

2 市章の保護領域

市章の保護領域は、下のグレー色で囲まれた中の白い部分で、マークの横の長さを「W」とした場合、マークを中心として「1.2W」の比率とする。またマークの縦の長さを「H」とした場合、マークを中心として「1.2H」の比率とする。

画像

3 作図基準

画像

5個の楕円の組み合わせを45°傾けたもので、上図の数値は比を表している。楕円の短軸と長軸の比は、大きいものから順に100:180、70:126、55:110とする。コーナー部のRはすべてR1(数値は比)とする。

4 市旗

(1) 形状

画像

(2) 規格

旗は縦横比120:180の白地とします。市章は縦幅を72として中央にレイアウトすること。「石川県加賀市」などの文字が必要な時は、文字色を「青」にし、市章の保護領域を守って組み合わせること。

加賀市市章取扱規程

平成17年10月1日 訓令第39号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第1編 規/第4章
沿革情報
平成17年10月1日 訓令第39号