○鹿児島大学教育学部寺山自然教育研究施設管理運営規則

平成16年5月18日

教規則第3号

第1章 総則

(設置)

第1条 鹿児島大学教育学部(以下「本学部」という。)に、鹿児島大学教育学部寺山自然教育研究施設(以下「研究施設」という。)を置く。

(目的)

第2条 研究施設は、本学教職員の教育・研究、学生の実験・実習、本学部附属学校園の児童、生徒及び園児の自然観察・野外実習・集団生活並びに本学を通しての社会貢献等のために利用することを目的とする。

(委員会)

第3条 前条の目的を達成するために、鹿児島大学教育学部施設環境マネジメント委員会(以下「委員会」という。)へ次の事項についての審議を付託する。

(1) 研究施設の管理運営(利用計画等を含む。)の方針に関する基本的事項

(2) 予算及び決算に関する事項

(3) その他研究施設の運営に関する重要事項

第2章 管理及び運営

(管理運営)

第4条 研究施設の管理運営は、委員会の議に基づいて行うものとする。

(職員)

第5条 研究施設に次の職員を置く。

(1) 施設長

(2) 主事

(3) 技術職員

(4) その他の職員

(業務)

第6条 施設長は、研究施設の業務を統轄し、その管理運営の執行に当たる。

2 主事は、施設長を補佐し、研究施設の業務を処理する。

3 技術職員は、研究施設の技術に関する業務に従事する。

(施設長等)

第7条 施設長は、当分の間、学部長をもって充てる。

2 主事は、本学部教員のうちから学部長が委嘱する。

第3章 雑則

(施設使用)

第8条 研究施設の使用又は生産物の利用を行う場合は、あらかじめ施設長の承認を得なければならない。

(施設設備の設置)

第9条 本学部の各科又は教員が個人若しくはグループで、研究施設内に実験・実習等の施設設備を設ける必要のある場合は、管理責任者を定め、利用計画書を委員会に提出し、その承認を得なければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、施設の使用について必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成16年5月18日から施行し、平成16年4月1日から適用する。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則

この規則は、平成27年4月21日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

附 則

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則

この規則は、平成29年5月16日から施行し、平成29年4月1日から適用する。

鹿児島大学教育学部寺山自然教育研究施設管理運営規則

平成16年5月18日 教規則第3号

(平成29年5月16日施行)

体系情報
第4編 学部規則/第2章 教育学部
沿革情報
平成16年5月18日 教規則第3号
平成19年2月20日 教規則第1号
平成27年4月21日 教規則第4号
平成29年2月21日 教規則第1号
平成29年5月16日 教規則第21号