○安全都市宣言

昭和37年3月19日

議決

近時産業経済の伸展と文化の向上に目ざましいものがある反面、交通事故、産業災害、海難事故、火災事故など年々増加の傾向にあり、その惨害は目を覆うものがあり、いたずらに人的、物的の損害を繰り返している実情である。

われわれは、この事態にかんがみこれら災害の撲滅を期し、かつ安全意識の高揚を図り、人命の尊重と産業文化発展の理念を確立するため、釜石市は打って一丸とする市民運動を強力に推進すべきものと確信する。

ここに釜石市は「安全都市」とすることを宣言し、市民生活の安全確保と明るい平和、文化都市の建設に邁進することを誓う。

安全都市宣言

昭和37年3月19日 議決

(昭和37年3月19日施行)

体系情報
第1編 規/第1章
沿革情報
昭和37年3月19日 議決