○菊陽町コミュニティ検討委員会設置要綱

平成19年1月17日

要綱第3号

(設置)

第1条 菊陽町における協働のまちづくりを進めるための仕組みづくりに向けて、地域を基盤とするまちづくりやコミュニティ活動の方向、それに基づく町の施策のあり方などについて検討するため、菊陽町コミュニティ検討委員会(以下「コミュニティ検討委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 コミュニティ検討委員会は、協働の仕組みづくりのうち地域におけるまちづくりのあり方やコミュニティ活動の推進について、地域の立場から検討を行う。

2 検討した内容は、菊陽町協働の仕組みづくり検討委員会(以下「検討委員会」という。)に意見として提出する。

(組織)

第3条 コミュニティ検討委員会は、委員10人以内をもって組織する。

2 コミュニティ検討委員会の委員は、次の各号に掲げる者から町長が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 各小学校区から推薦を受けた者

(3) コミュニティ関係の各種団体から推薦を受けた者

(任期)

第4条 委員の任期は、決定の日から検討委員会への提言が完了する日までとする。

(委員長及び副委員長)

第5条 コミュニティ検討委員会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長及び副委員長は、委員の互選によりこれを定める。

3 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代理する。

(検討委員会委員の推薦)

第6条 委員の互選により、検討委員会の委員2人以内を推薦する。

(会議)

第7条 委員長は、コミュニティ検討委員会を招集する。

2 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の者を会議に出席させ、説明又は意見を聴くことができる。

(庶務)

第8条 コミュニティ検討委員会の庶務は、総務課において処理する。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、コミュニティ検討委員会の運営に関し必要な事項は、委員長がコミュニティ検討委員会に諮って定める。

附 則

この要綱は、平成19年2月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日要綱第14号)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年4月11日要綱第18号)

この要綱は、告示の日から施行する。

附 則(平成21年4月27日要綱第15号)

(施行期日)

1 この要綱は、平成21年5月1日から施行する。

附 則(平成26年2月28日告示第7号)

この要綱は、告示の日から施行する。

菊陽町コミュニティ検討委員会設置要綱

平成19年1月17日 要綱第3号

(平成26年2月28日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 組織・処務/ 委員会等
沿革情報
平成19年1月17日 要綱第3号
平成19年3月26日 要綱第14号
平成20年4月11日 要綱第18号
平成21年4月27日 要綱第15号
平成26年2月28日 告示第7号