○紀の川市任意予防接種実施要綱

平成26年3月31日

告示第35号

(趣旨)

第1条 この告示は、予防接種法(昭和23年法律第68号)に定める定期の予防接種を受けることができなかった者に対し、市が行政措置として実施する予防接種(以下「任意予防接種」という。)について、必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 対象者は、接種時に紀の川市に住民票を有する者で別表に定める者とする。

(実施方法)

第3条 任意予防接種を希望する対象者又はその保護者は、任意予防接種実施申請(別記様式)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申込みがあったときは、その内容を審査し、市が委託契約を締結した医療機関において、個別接種の方法により実施するものとする。

(健康被害の補償措置)

第4条 市長は、この告示に定める任意予防接種に起因する健康被害の補償については、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法(平成14年法律第192号)に基づく救済及び紀の川市予防接種事故災害補償規程(平成17年紀の川市告示第95号)を適用し必要な措置を講ずるものとする。

(費用の負担)

第5条 任意予防接種の実施に要する費用は、全て市の負担とする。

(その他)

第6条 この告示に定めるもののほか、任意予防接種の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

種類

対象者と接種期間・回数

麻しん風しん混合(MR)ワクチン

2歳となる日から5歳となる日の属する年度の末日までの間にある者のうち、過去に一度でも麻しん又は風しん(混合含む。)ワクチンを接種していない者で1回限り。

画像

紀の川市任意予防接種実施要綱

平成26年3月31日 告示第35号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成26年3月31日 告示第35号