○北広島市民憲章

昭和59年4月1日

制定

前章

わたしたちは、「青年よ大志をいだけ」のこころを受けつぐ北広島市の市民です。

わたしたちのまちは、広島県人らによって築かれ、北海道の寒地稲作をうみだした、誇りある伝統をもつまちです。

わたしたちは、いま歴史への新しい歩みを進めようとしているこのまちと、自分のくらしをしっかりみつめ、自分に何ができるかを問いかけながらこの憲章を実践します。

第1章 まもろう 歴史がはぐくむ豊かな風土

1 豊かな緑を守り、自然を愛するやさしい心を育てたい。

2 自然との交流のなかで、スポーツやレジャーを楽しみ、生活にゆとりをもたせたい。

3 市の木・市の花を愛し、やすらぎのある環境をつくりたい。

第2章 つなごう 心のかようたしかなきずな

1 あたたかいことばをかけ合い、ふれあいの輪をひろげたい。

2 思いやりの心をもって、ボランティア活動をひろめたい。

3 地域の活動に関心をもち、進んで参加して交流を深めたい。

第3章 のばそう 未来をつくるたくましい力

1 伝統を受けつぎ、汗する活動を通して創造と夢と力を育てたい。

2 未来に目を開いて、自らを発展させていく英知と勇気をもちたい。

3 幼いいのちと若い力の健やかな成長を助けるために、おとなの連帯を進めたい。

第4章 きずこう 個性あふれる北の文化

1 人とまちと自然のとけあった、幅広い文化環境をつくりたい。

2 趣味や余暇を大事にし、進んで体験する心を育てたい。

3 北国の四季に親しみ、風土に根ざした文化を育てたい。

北広島市民憲章

昭和59年4月1日 制定

(昭和59年4月1日施行)

体系情報
第1編 規/第1章 市制施行
沿革情報
昭和59年4月1日 制定