○熊本市役所駐車場使用条例〔管財課〕

昭和55年3月29日

条例第8号

(趣旨)

第1条 この条例は、別に定めのあるものを除くほか、本市が設置する熊本市役所駐車場(以下「駐車場」という。)について公用又は来庁のための使用に支障がない限り、これを地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条の4第7項の規定により目的外使用(以下「使用」という。)させる場合の管理その他必要な事項を定めるものとする。

(平20条例10・一部改正)

(名称及び位置)

第2条 駐車場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

熊本市役所駐車場

位置

熊本市中央区下通1丁目1番8号

(平23条例62・一部改正)

(供用日及び供用時間)

第3条 駐車場の供用日及び供用時間は、別表第1のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(駐車場の使用許可)

第4条 駐車場の使用をしようとする者は、使用許可を受けなければならない。

2 市長は、駐車場の使用を許可する場合は、規則で定める駐車券を当該使用者に交付する。

(許可の条件)

第5条 市長は、駐車場の使用を許可する場合において、駐車場の管理上必要があると認めるときは、必要な範囲において条件を付することができる。

(駐車の不許可又は取消し)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、駐車場の使用の不許可又は既にした許可の取消しを行う。

(1) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する普通自動車(積載物を含め全長5.00メートル全幅1.90メートル全高2.10メートル以下のものに限る。)以外のものであって駐車場の構造又は設備上支障があると認められるとき。

(2) 発火性又は引火性の物品を積載しているとき。

(3) 駐車場の施設を毀損するおそれがあるとき。

(4) 駐車場に勤務する職員の指示に従わないとき。

(5) 前各号に掲げる場合のほか、駐車場の管理に支障があるとき。

(平14条例44・平20条例10・平28条例11・一部改正)

(使用の制限)

第7条 月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時30分までの駐車場の使用は、公用又は本市役所用務のための使用に限るものとする。ただし、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)については、この限りでない。

(昭57条例27・平元条例49・平4条例59・平20条例10・一部改正)

(駐車料金の徴収及びその額)

第8条 駐車場の駐車料金(以下「料金」という。)は、別表第2のとおりとする。

(料金の徴収方法)

第9条 料金は、駐車場を使用した者から自動車を出庫させるときに徴収する。ただし、市長が特に必要と認める場合には、この限りでない。

(領収書の交付)

第10条 市長は、前条の規定により料金を徴収した場合は、規則で定める領収書を交付する。

(料金の減免)

第11条 市長が特に必要と認めるときは、料金を減免することができる。

(過料)

第12条 市長は、詐欺その他の不正行為により料金の徴収を免れた者に対し、当該徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科する。

(平12条例2・全改)

(禁止行為)

第13条 駐車場では、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の自動車の駐車を妨げること。

(2) 駐車場の施設その他の物件又は駐車中の自動車を毀損するおそれのある行為をすること。

(3) みだりに火気を使用し、騒音を発し、又はごみその他の汚物を捨てること。

(4) 前3号に掲げる行為のほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(平28条例11・一部改正)

(休止等)

第14条 市長は、駐車場の補修その他の理由により必要があると認めるときは、駐車場の一部又は全部の供用を休止する。

2 市長は、前項の規定により駐車場の供用を休止しようとするとき、及び休止している駐車場の全部又は一部の供用を開始するときは、その旨を駐車場の見やすい箇所に掲示するものとする。

(損害賠償)

第15条 市は、駐車中の自動車が盗難、破損及び火災その他の事故により損害を受けた場合、その損害についての賠償の責めは負わないものとする。ただし、善良な管理を怠った場合は、この限りでない。

2 駐車場の使用者(同乗者を含む。)は、故意又は過失により駐車場の施設その他の物件を毀損し、又は滅失したとき、若しくは第三者に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければならない。

(平14条例44・平28条例11・一部改正)

(委任)

第16条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

(平28条例11・一部改正)

附 則

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年12月18日条例第38号)

この条例は、昭和57年1月1日から施行する。

附 則(昭和57年6月16日条例第27号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(昭和57年7月1日規則第39号で昭和57年8月1日から施行)

附 則(平成元年12月22日条例第49号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成元年12月25日規則第76号で平成元年12月31日から施行)

附 則(平成4年12月19日条例第59号)

この条例は、熊本市の休日を定める条例及び熊本市職員の勤務時間及びその他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例(平成4年条例第54号)の施行の日から施行する。

附 則(平成12年3月30日条例第2号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年9月24日条例第44号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月13日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月18日条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年12月19日条例第62号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月24日条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年6月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の熊本市役所駐車場使用条例別表第1の規定の適用については、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)においては、同表中「午前0時」とあるのは「午前8時30分」とする。

3 施行日前に入庫した自動車に係る平成28年5月31日の午後10時から施行日の午前8時30分までの駐車場の駐車料金の算定については、この条例による改正前の熊本市役所駐車場使用条例別表第2の規定を適用する。

別表第1(第3条関係)

(昭56条例38・全改、平19条例13・平28条例11・一部改正)

供用日

供用時間

入庫できる時間

出庫できる時間

1月1日から12月31日まで

午前0時から午後12時まで

供用時間中

供用時間中

別表第2(第8条関係)

(平4条例59・全改、平14条例44・平19条例13・平28条例11・一部改正)

区分

料金(1台当たり)

1

月曜日から金曜日まで(休日を除く。)

午前8時30分から午後5時30分前まで

規則で定める用務先確認印がある場合

(1) 駐車を開始した時から1時間以内は100円

(2) 前号の時間を超えて駐車するときは、1時間までごとに150円

規則で定める用務先確認印がない場合

(1) 駐車を開始した時から1時間以内は400円

(2) 前号の時間を超えて駐車するときは、1時間までごとに150円

2

月曜日から金曜日まで(休日を除く。)

午後5時30分から翌日の午前8時30分前まで

規則で定める用務先確認印がある場合

(1) 駐車を開始した時から1時間以内は100円

(2) 前号の時間を超えて駐車するときは、1時間までごとに150円

規則で定める用務先確認印がない場合

(1) 駐車を開始した時から1時間以内は300円

(2) 前号の時間を超えて駐車するときは、1時間までごとに150円

3

土曜日、日曜日及び休日

供用時間中

規則で定める用務先確認印がある場合

(1) 駐車を開始した時から1時間以内は100円

(2) 前号の時間を超えて駐車するときは、1時間までごとに150円

規則で定める用務先確認印がない場合

(1) 駐車を開始した時から1時間以内は300円

(2) 前号の時間を超えて駐車するときは、1時間までごとに150円

熊本市役所駐車場使用条例

昭和55年3月29日 条例第8号

(平成28年6月1日施行)

体系情報
第7編 生/第2章 交通、駐車場等
沿革情報
昭和55年3月29日 条例第8号
昭和56年12月18日 条例第38号
昭和57年6月16日 条例第27号
平成元年12月22日 条例第49号
平成4年12月19日 条例第59号
平成12年3月30日 条例第2号
平成14年9月24日 条例第44号
平成19年3月13日 条例第13号
平成20年3月18日 条例第10号
平成23年12月19日 条例第62号
平成28年3月24日 条例第11号