○熊本市夏休みの障害児・家族支援事業利用者負担金徴収条例施行規則〔障がい保健福祉課〕

平成15年7月3日

規則第62号

(負担金納入の通知)

第2条 市長は、条例に規定する利用者負担金(以下「負担金」という。)を徴収しようとするときは、夏休みの障害児・家族支援事業利用者負担金納入通知書兼領収証書(様式第1号)により、あらかじめ条例第2条に規定する納入義務者に通知するものとする。

(負担金の減免)

第3条 条例第3条の規定により負担金を減額し、又は免除することができる場合の額は、次に定めるとおりとする。

(1) 条例第3条第1号又は第2号に該当する場合 負担金の全額

(2) 条例第3条第3号に該当する場合 市長が定める額

2 負担金の減額又は免除を受けようとする者(以下「減免申請者」という。)は、夏休みの障害児・家族支援事業利用者負担金減免申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、負担金の減額又は免除の決定に当たり、減免申請者に必要な書類の提出を求めることができる。

4 市長は、第2項に定める減免申請書を受理したときは、必要な調査を行い、当該減免申請の承認又は不承認を決定し、夏休みの障害児・家族支援事業利用者負担金減免承認(不承認)決定通知書(様式第3号)により、減免申請者に通知するものとする。

(雑則)

第4条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第54号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(平17規則54・一部改正)

画像

画像

(平17規則54・一部改正)

画像

熊本市夏休みの障害児・家族支援事業利用者負担金徴収条例施行規則

平成15年7月3日 規則第62号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成15年7月3日 規則第62号
平成17年3月31日 規則第54号