○熊本県伝統工芸館条例
(昭和57年6月23日条例第30号)
改正
昭和61年3月27日条例第14号
平成元年3月25日条例第14号
平成元年3月25日条例第25号
平成3年3月14日条例第17号
平成5年3月26日条例第23号
平成8年3月25日条例第24号
平成9年3月25日条例第8号
平成11年3月16日条例第20号
平成11年6月28日条例第44号
平成11年10月8日条例第54号
平成12年12月20日条例第78号
平成17年7月1日条例第50号
平成22年4月28日条例第30号
平成22年10月15日条例第44号
平成22年12月22日条例第53号
平成26年3月24日条例第12号
熊本県伝統工芸館条例をここに公布する。
熊本県伝統工芸館条例
(設置)
(位置)
(業務)
(休館日)
(開館時間)
(観覧料)
(入館の制限等)
(使用の許可)
(使用許可の基準)
(許可の取消し等)
(使用料)
(観覧料等の減免)
障害の区分障害の級別
視覚障害1級から3級までの各級及び4級の1
聴覚障害2級及び3級
肢体不自由上肢不自由1級、2級の1及び2級の2
下肢不自由1級、2級及び3級の1
体幹不自由1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害上肢機能障害1級及び2級(1上肢のみに運動機能障害がある場合を除く。)
移動機能障害1級から3級までの各級(1下肢のみに運動機能障害がある場合を除く。)
内部障害心臓機能障害1級、3級及び4級
じん臓機能障害1級、3級及び4級
呼吸器機能障害1級、3級及び4級
ぼうこう又は直腸の機能障害1級及び3級
小腸機能障害1級、3級及び4級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害1級から4級までの各級
肝臓機能障害1級から4級までの各級
(指定管理者による管理)
(指定管理者の業務)
(利用料金)
(原状回復義務)
(損害賠償)
(雑則)
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
別表第1(第6条、第14条関係)
区分金額
個人一般人1人1回につき 210円
大学生1人1回につき 130円
団体(20人以上)一般人1人1回につき 140円
大学生1人1回につき 100円
備考
1 「一般人」とは、満15歳以上の者であって、大学生並びに中学校及び高等学校の生徒並びにこれらに準ずる者以外のものをいう。
2 「大学生」とは、大学の学生及びこれに準ずる者をいう。
別表第2(第7条、第10条、第14条関係)
区分金額
1階展示室午前9時から午後5時まで10,370円
2階展示室A午前9時から午後5時まで3,890円
2階展示室B午前9時から午後5時まで3,730円
地下会議室午前9時から正午まで3,570円
午後1時から午後5時まで5,080円
午前9時から午後5時まで8,640円
2階会議室午前9時から正午まで2,710円
午後1時から午後5時まで3,670円
午前9時から午後5時まで6,160円
和室午前9時から午後5時まで4,430円
  備考 この表に掲げるそれぞれの使用の時間の前又は後の時間における施設の使用に係る単価は、知事が定める。