○銃砲刀剣類所持等取締法等法令事務取扱規則
(平成21年12月4日公安委員会規則第12号)
改正
平成24年3月13日公安委員会規則第3号
平成27年3月6日公安委員会規則第1号
平成27年3月13日公安委員会規則第4号
平成28年3月29日公安委員会規則第3号
銃砲刀剣類所持等取締法等法令事務取扱規則を次のように定める。
銃砲刀剣類所持等取締法等法令事務取扱規則
銃砲刀剣類所持等取締法等法令事務取扱規則(平成13年熊本県公安委員会規則第5号)の全部を改正する。
(趣旨)
第2条 削除
(人命救助等に従事する者届出済証明書等の再交付)
(申請書の添付書類)
(認知機能検査)
(医師の指定)
診断の対象者医師
法第5条第1項第3号に規定する政令で定める病気(政令第8条第3号に定める病気を除く。)にかかっている者並びに法第5条第1項第4号及び第5号に掲げる者精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第18条第1項の精神保健指定医に指定されている医師
政令第8条第3号に定める病気にかかっている者左欄の病気の診断について特に専門的な知識及び技能を有すると認められる医師
介護保険法(平成9年法律第123号)第5条の2に規定する認知症である者左欄の認知症の診断について特に専門的な知識及び技能を有すると認められる医師
(都道府県公安委員会の間の連絡)
(不許可等の通知)
(猟銃等講習会)
(講師の委嘱)
(技能講習)
(指定射撃場等の表示)
(指定射撃場等の管理方法の基準)
(行政処分)
(教習用備付け銃等の確認等)
(年少射撃資格講習会)
(報告徴収等)
(猟銃安全指導委員の活動区域)
(台帳の整理)
(施行期日)
(経過措置)