○熊本県道路交通規則
(昭和47年2月24日公安委員会規則第1号)
改正
昭和48年3月27日公安委員会規則第7号
昭和49年3月27日公安委員会規則第2号
昭和51年9月27日公安委員会規則第2号
昭和53年5月25日公安委員会規則第4号
昭和53年12月21日公安委員会規則第5号
昭和60年3月22日公安委員会規則第4号
昭和60年12月23日公安委員会規則第6号
昭和61年4月10日公安委員会規則第2号
昭和63年11月4日公安委員会規則第2号
平成元年9月28日公安委員会規則第2号
平成元年10月9日公安委員会規則第3号
平成2年8月21日公安委員会規則第3号
平成2年12月20日公安委員会規則第7号
平成3年3月19日公安委員会規則第3号
平成4年10月26日公安委員会規則第10号
平成6年4月20日公安委員会規則第3号
平成6年9月19日公安委員会規則第8号
平成7年11月17日公安委員会規則第2号
平成8年8月21日公安委員会規則第4号
平成10年3月27日公安委員会規則第2号
平成10年9月25日公安委員会規則第3号
平成11年3月29日公安委員会規則第55号
平成11年3月31日公安委員会規則第56号
平成11年10月4日公安委員会規則第57号
平成12年9月1日公安委員会規則第11号
平成12年10月27日公安委員会規則第12号
平成13年3月21日公安委員会規則第9号
平成13年7月11日公安委員会規則第11号
平成13年12月28日公安委員会規則第14号
平成13年12月28日公安委員会規則第15号
平成14年4月1日公安委員会規則第5号
平成14年5月24日公安委員会規則第7号
平成15年6月13日公安委員会規則第4号
平成15年9月19日公安委員会規則第7号
平成16年3月15日公安委員会規則第4号
平成17年1月15日公安委員会規則第1号
平成17年2月11日公安委員会規則第2号
平成17年2月13日公安委員会規則第3号
平成17年3月18日公安委員会規則第6号
平成17年3月22日公安委員会規則第7号
平成18年2月27日公安委員会規則第1号
平成18年3月1日公安委員会規則第2号
平成18年3月17日公安委員会規則第4号
平成18年3月27日公安委員会規則第8号
平成18年5月19日公安委員会規則第14号
平成18年9月1日公安委員会規則第16号
平成18年12月18日公安委員会規則第20号
平成19年3月16日公安委員会規則第3号
平成19年6月1日公安委員会規則第10号
平成19年9月21日公安委員会規則第14号
平成20年3月21日公安委員会規則第2号
平成20年6月23日公安委員会規則第3号
平成20年7月18日公安委員会規則第8号
平成20年8月29日公安委員会規則第9号
平成20年12月5日公安委員会規則第14号
平成21年3月23日公安委員会規則第3号
平成21年5月1日公安委員会規則第4号
平成21年7月17日公安委員会規則第8号
平成21年7月21日公安委員会規則第9号
平成21年9月29日公安委員会規則第11号
平成22年3月30日公安委員会規則第5号
平成22年3月30日公安委員会規則第6号
平成23年3月15日公安委員会規則第3号
平成23年4月1日公安委員会規則第9号
平成24年3月16日公安委員会規則第2号
平成24年3月30日公安委員会規則第4号
平成26年3月18日公安委員会規則第5号
平成26年5月30日公安委員会規則第6号
平成27年4月7日公安委員会規則第7号
平成27年5月29日公安委員会規則第8号
平成27年7月21日公安委員会規則第11号
平成28年3月10日公安委員会規則第1号
平成28年3月29日公安委員会規則第3号
平成29年2月21日公安委員会規則第1号
平成29年5月30日公安委員会規則第10号
平成29年10月27日公安委員会規則第15号
〔熊本県道路交通法施行細則〕(昭和40年熊本県公安委員会規則第4号)の全部を次のように改正する。熊本県道路交通規則
目次
第1章 総則(第1条)
第2章 交通規制等(第2条-第10条)
第3章 運転者の遵守事項等(第11条-第16条)
第4章 安全運転管理者等の選任等(第17条-第20条)
第5章 道路の使用等(第21条-第23条)
第6章 運転免許等(第24条-第33条)
第7章 緊急自動車及び道路維持作業用自動車の指定等(第34条-第36条の2)
第8章 旅客自動車教習所(第37条-第40条)
第9章 講習(第41条-第42条の3)
第10章 雑則(第43条-第45条)
附則

(趣旨)
(交通規制の効力)
(交通規制の対象から除く車両)
(警察署長の通行許可)
(警察署長が行う駐車許可)
(交通規制除外車等の運転者の遵守事項)
(標章又は許可証の返納)
(警察署長に委任する交通規制)
(警察官等の信号に用いる灯火)
(信号機の設置又は管理の委任)
(委任の解除等)
(運転者の遵守事項)
(軽車両の灯火)
(公安委員会が定める自動車の積載物の高さの制限)
(軽車両の乗車又は積載制限)
(牛馬車及び荷車の積載制限)
(牛馬車の乗車禁止)
(自動車以外の牽(けん)引制限)
(選任等の届出)
(安全運転管理者証の交付)
(解任命令)
(教習等)
(道路における禁止行為)
(許可を要する行為)
(道路使用許可申請書の添付書類)
(免許に係る申請等)
(運転経歴証明書に係る申請等)
(免許証の電磁的方法による記録及び電子署名)
(暗証番号の申告等)
(免許の条件の解除又は変更の申請手続)
(試験の一部合格の証明)
(試験の合格の証明)
(試験の一部免除の手続)
(免許試験等の場所等)
(合格者の発表)
(合格決定の取消し通知)
(住民票抄本の規制)
(臨時適性検査の通知等)
(運転適性指導員等の審査)
(緊急自動車指定等の手続)
(道路維持作業用自動車指定等の手続)
(緊急自動車届出等の手続)
(道路維持作業用自動車届出等の手続)
(旅客自動車教習所の指定)
第38条から第40条まで 削除
(講習の実施者等)
(受講の手続)
(任意講習)
(認知機能検査員講習)
第43条 削除
(高速自動車国道等における権限)
(地域交通安全活動推進委員協議会の区域)
改正
平成21年9月29日公安委員会規則第11号
(施行期日)
(経過措置)
障害の区分障害の級別
下肢不自由5級
体幹不自由5級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害のうち移動機能3級(一下肢のみに運動機能障害がある場合)、4級及び5級
備考 この表において「障害の級別」とは、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15条)別表第5号に定める障害の級別をいう。 
(施行期日)
(熊本県道路交通規則の一部を改正する規則の一部改正)
(熊本県道路交通規則の一部を改正する規則の一部改正に伴う経過措置)
別表第1(第3条関係)
道路名区間
市道熊本市中央区上通町2番1号先から
上通町上林町第1号線熊本市中央区上通町9番5号先まで
市道 手取本町新市街第1号線熊本市中央区手取本町4番6号先から熊本市中央区新市街6番10号先まで
市道熊本市中央区新市街1番22号先から
新市街下通2丁目第1号線熊本市中央区新市街6番10号先まで
市道 建馬町旭中央線八代市本町一丁目2番17号先から八代市本町三丁目4番34号先まで
市道 亀川馬場線天草市栄町10番25号先から天草市中央新町8番2号先まで
市道 上町港町1号線天草市中央新町14番1号先から天草市中央新町10番3号先まで
市道 中央新町2号線天草市中央新町14番5号先から天草市中央新町14番1号先まで
市道 中央新町4号線天草市中央新町14番1号先から天草市中央新町15番7号先まで
別表第1の2(第3条関係)
障害の区分障害の級別重度障害の程度
視覚障害1級から3級までの各級及び4級の1特別項症から第四項症までの各項症
聴覚障害2級及び3級特別項症から第四項症までの各項症
平衡機能障害3級特別項症から第四項症までの各項症
上肢不自由1級、2級の1及び2級の2特別項症から第三項症までの各項症
下肢不自由1級から4級までの各級特別項症から第三項症までの各項症
体幹不自由1級から3級までの各級特別項症から第四項症までの各項症
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害上肢機能1級及び2級(一上肢のみに運動機能障害がある場合を除く。) 
移動機能1級から3級までの各級(3級にあっては、一下肢のみに運動機能障害がある場合を除く。) 
心臓機能障害1級及び3級特別項症から第三項症までの各項症
じん臓機能障害1級及び3級特別項症から第三項症までの各項症
呼吸器機能障害1級及び3級特別項症から第三項症までの各項症
ぼうこう又は直腸の機能障害1級及び3級特別項症から第三項症までの各項症
小腸機能障害1級及び3級特別項症から第三項症までの各項症
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害1級から3級までの各級 
肝臓機能障害1級から3級までの各級特別項症から第三項症までの各項症
  備考 この表において「障害の級別」とは、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に定める障害の級別を、「重度障害の程度」とは、恩給法(大正12年法律第48号)別表第1号表の2に定める重度障害の程度をいう。
別表第1の3(第12条の2関係)
路線名区間
高速自動車国道玉名郡南関町大字関外目(福岡県境)から
九州自動車道人吉市大畑麓町字上小川内(宮崎県境)まで
高速自動車国道
九州横断自動車道
上益城郡嘉島町大字井寺字下大迫1455番1地先から
上益城郡益城町大字小池字塔ノ平1899番2地先まで
高速自動車国道
九州横断自動車道
上益城郡益城町大字小池字塔ノ平1902番1地先から
上益城郡御船町大字高木字上倉津和4989番1地先まで
一般国道3号山鹿市鹿北町岩野字小栗4177番 地先から
水俣市大字袋字帽子3212番1地先まで
一般国道3号八代市東片町字岡神266番3地先から
葦北郡津奈木町大字千代字湯尻490番2地先まで
一般国道3号熊本市北区四方寄町字外沖544番1地先から
熊本市東区新南部6丁目157番4地先まで
一般国道57号阿蘇市波野大字小園字糀ヶ原130番2地先から
熊本市南区近見町2270番1地先まで
一般国道57号宇土市松原町50番1地先から
宇城市三角町大字三角浦字首入1159番43地先まで
一般国道208号熊本市北区植木町滴水字十三部443番1地先から
荒尾市原万田字浦田839番16地先まで
一般国道208号玉名市寺田字中塔75番3地先から
玉名市岱明町西照寺字大浦659番2地先まで
一般国道218号上益城郡山都町馬見原25番 地先から
上益城郡山都町長崎152番21地先まで
一般国道219号人吉市下原田町字瓜生田字吉野原472番1地先から
 人吉市下薩摩瀬町字竹原町1609番1地先まで
一般国道219号球磨郡錦町大字西字無田ノ原101番4地先から
球磨郡錦町大字西字打越715番31地先まで
一般国道221号球磨郡錦町大字西字打越715番31地先から
人吉市段塔町(宮崎県境)まで
一般国道265号上益城郡山都町馬見原25番 地先から
阿蘇郡高森町大字高森2340番1地先まで
一般国道266号宇城市松橋町大字曲野3494番 地先から
熊本市中央区下通2丁目7番25地先まで
一般国道325号山鹿市中央通101番 地先から
菊池郡大津町大字室789番 地先まで
一般国道325号阿蘇郡南阿蘇村大字立野303番1地先から
阿蘇郡高森町大字高森2340番1地先まで
一般国道325号菊池郡大津町大字室937番1地先から
菊池郡大津町大字室789番 地先まで
一般国道325号菊池市大琳寺236番3地先から
菊池郡大津町大字杉水字水迫3373番1地先まで
一般国道387号合志市須屋1936番1地先から
熊本市北区山室5丁目5番5地先まで
一般国道443号菊池郡大津町大字室937番1地先から
上益城郡御船町大字辺田見字馬場372番1地先まで
一般国道443号上益城郡御船町大字滝川字極田132番4地先から
上益城郡御船町大字辺田見字馬場372番1地先まで
一般国道443号玉名郡南関町大字関町384番12地先から
玉名郡南関町大字関町字堂園1480番1地先まで
一般国道443号上益城郡御船町大字高木字上倉津和4994番7地先から
上益城郡御船町大字高木字上倉津和5004番 地先まで
一般国道443号上益城郡御船町大字高木字上倉津和4993番2地先から
上益城郡御船町大字高木字上倉津和5004番 地先まで
一般国道443号上益城郡御船町大字高木字上倉津和5005番 地先から
上益城郡御船町大字高木字下古閑鶴4768番1地先まで
一般国道445号上益城郡嘉島町大字鯰1772番1地先から
上益城郡御船町大字滝川字極田132番4地先まで
一般国道445号上益城郡御船町大字小坂字上船橋26番1地先から
上益城郡御船町大字辺田見字中道156番1地先まで
一般国道445号人吉市五日町28番2地先から
 人吉市上青井町字上青井町145番2地先まで
主要地方道荒尾市上平山字庄山下975番9地先から
大牟田植木線玉名郡南関町大字宮尾字杉本46番1地先まで
主要地方道玉名郡南関町大字久重337番2地先から
大牟田南関線玉名郡南関町大字関町字堂園1480番1地先まで
主要地方道玉名郡南関町大字関町384番12地先から
南関大牟田北線玉名郡南関町大字関外目字北開1514番5地先まで
主要地方道宇城市松橋町松橋字園田947番1地先から
八代鏡宇土線宇土市新松原町字佐野免24番 地先まで
主要地方道八代市旭中央通15番1地先から
八代鏡宇土線八代市大村町字羽須和846番1地先まで
主要地方道玉名市大字両迫間字下向津留1286番7地先から
玉名山鹿線玉名郡和水町前原字雀迫276番1地先まで
主要地方道葦北郡芦北町大字花岡字川原1673番17地先から
芦北球磨線球磨郡球磨村大字神瀬甲字江川内41番1地先まで
主要地方道熊本市中央区水道町7番3地先から
熊本高森線熊本市東区健軍2丁目1番4地先まで
主要地方道熊本市西区小島5丁目234番1地先から
熊本高森線熊本市西区新土河原2丁目649番1地先まで
主要地方道荒尾市平山字西浦1964番1地先から
荒尾南関線荒尾市上平山字庄山下975番9地先まで
主要地方道玉名郡南関町大字宮尾字杉本46番1地先から
荒尾南関線玉名郡南関町大字久重337番2地先まで
主要地方道菊池郡大津町大字杉水字水迫3373番1地先から
大津植木線合志市福原1519番7地先まで
主要地方道上益城郡嘉島町大字上島字森崎塘外2973番 地先から
小川嘉島線上益城郡嘉島町大字上島字古塘床2795番2地先まで
主要地方道人吉市願成寺町字上ノ寺1025番1地先から
人吉水上線人吉市願成寺町字上ノ寺1049番1地先まで
主要地方道熊本市中央区神水2丁目10番1地先から
熊本益城大津線上益城郡益城町大字小谷1604番8地先まで
主要地方道菊池市七城町林原976番6地先から
熊本菊鹿線菊池市七城町高島566番 地先まで
主要地方道八代市横手新町16号1番 地先から
八代鏡線八代市永碇町字永碇970番1地先まで
主要地方道合志市幾久富1600番7地先から
熊本大津線合志市幾久富1568番3地先まで
主要地方道熊本市南区野田3丁目640番1地先から
熊本嘉島線上益城郡嘉島町大字上島2393番2地先まで
主要地方道熊本市西区沖新町4243番 地先から
熊本港線熊本市南区近見2丁目12番11地先まで
主要地方道熊本市北区植木町豊田字宗像826番2地先から
植木インター菊池線菊池市七城町林原976番6地先まで
主要地方道菊池市七城町高島471番1地先から
植木インター菊池線菊池市大琳寺35番7地先まで
主要地方道人吉市鬼木町字川添986番8地先から
人吉インター線人吉市五日町28番2地先まで
一般県道熊本市東区長嶺東6丁目11番8地先から
熊本空港線菊池郡菊陽町大字道明600番5地先まで
一般県道上益城郡御船町大字豊秋字西原1590番・1591番合併2地先から
嘉島甲佐線上益城郡甲佐町大字糸田字十年2559番 地先まで
一般県道熊本市東区鹿帰瀬町303番13地先から
辛川鹿本線熊本市東区鹿帰瀬町505番2地先まで
一般県道熊本市東区鹿帰瀬町505番2地先から
瀬田熊本線熊本市東区石原3丁目28番1地先まで
一般県道熊本市南区御幸西1丁目752番1地先から
田迎木原線熊本市南区御幸西3丁目642番6地先まで
一般県道上益城郡益城町大字小谷1604番8地先から
堂園小森線阿蘇郡西原村大字小森3168番1地先まで
一般県道熊本市南区荒尾1丁目1717番1地先から
並建熊本線熊本市西区新土河原2丁目649番1地先まで
一般県道上益城郡嘉島町大字上六嘉字川久保33番2地先から
六嘉秋津新町線上益城郡嘉島町大字北甘木字渉ノ瀬2259番 地先まで
一般県道熊本市東区長嶺東6丁目11番8地先から
小池竜田線熊本市東区御領6丁目1番60地先まで
一般県道熊本市南区御幸西3丁目642番6地先から
神水川尻線熊本市南区南高江5丁目161番4地先まで
一般県道玉名市大字津留字川端607番3地先から
稲佐津留玉名線玉名市大字大倉字堀田1795番1地先まで
一般県道宇城市松橋町大字古保山2547番15地先から
松橋インター線宇城市松橋町大字萩尾495番7地先まで
一般県道荒尾市平山字西浦1964番1地先から
平山荒尾線荒尾市宮内字土井ノ内93番1地先まで
一般県道合志市幾久富1600番7地先から
住吉熊本線熊本市北区弓削4丁目734番4地先まで
一般県道菊池市旭志伊坂729番2地先から
原植木線菊池市旭志新明2537番1地先まで
一般県道八代市東片町字岡神273番1地先から
八代港線八代市横手新町16号1番 地先まで
一般県道八代市永碇町字永碇970番1地先から
八代港線八代市郡築6番町137番3地先まで
一般県道合志市福原1519番7地先から
大津西合志線合志市御代志1602番6地先まで
一般県道八代市西片町1660番 地先から
西片新八代停車場線八代市上日置町字八坪4475番 地先まで
市道熊本市西区二本木2丁目55番3地先から
二本木2丁目新大江1丁目第1号線熊本市中央区世安町322番1地先まで
市道熊本市西区二本木3丁目513番1地先から
二本木3丁目蓮台寺2丁目第1号線熊本市西区蓮台寺2丁目813番1地先まで
市道熊本市西区蓮台寺2丁目813番1地先から
野中3丁目田迎5丁目第1号線熊本市南区平田1丁目662番2地先まで
市道熊本市西区蓮台寺1丁目120番 地先から
蓮台寺町第31号線熊本市西区蓮台寺1丁目122番1地先まで
市道熊本市西区蓮台寺1丁目108番1地先から
蓮台寺1丁目第1号線熊本市西区蓮台寺1丁目114番2地先まで
市道合志市福原1番7地先から
竹迫第二テクノ線菊池郡菊陽町大字原水字大人足4415番1地先まで
市道菊池市大琳寺35番7地先から
大琳寺木庭橋線菊池市大琳寺236番3地先まで
市道人吉市鬼木町字川添978番1地先から
下林北願成寺線人吉市願成寺町字門田542番1地先まで
市道人吉市願成寺町字上ノ寺1025番1地先から
願成寺錦線人吉市七地町字大堀372番7地先まで
市道人吉市願成寺町字地蔵出783番1地先から
願成寺岩清水線人吉市願成寺町字上ノ寺1049番1地先まで
市道人吉市七地町字山ノ田868番1地先から
七地蟹作線球磨郡錦町大字西字無田ノ原101番4地先まで
町道菊池郡大津町大字杉水字水迫3373番1地先から
源場水迫線菊池郡大津町大字平川字水迫1281番1地先まで
町道菊池郡菊陽町大字原水字下前原804番 地先から
南方大人足線菊池郡菊陽町大字原水字大人足4415番4地先まで
町道上益城郡嘉島町大字北甘木字渉ノ瀬2259番 地先から
庄島土山線上益城郡嘉島町大字北甘木字八幡水478番 地先まで
熊本港湾道路熊本市西区新港2丁目1番熊本港コンテナ埠頭管理棟前から
環状線熊本市西区新港2丁目1番港湾道路1号線との接続地点まで
熊本港湾道路熊本市西区新港2丁目1番港湾道路環状線との接続地点から
1号線熊本市西区沖新町字津端4232番2地先まで
八代港湾道路八代市新港町2丁目12番 地先から
枝24号線八代市新港町2丁目港湾道路16号線との接続地点まで
八代港湾道路八代市新港町2丁目港湾道路24号線との接続地点から
16号線八代市新港町3丁目港湾道路11号線との接続地点まで
八代港湾道路八代市新港町3丁目港湾道路16号線との接続地点から
11号線八代市新港町3丁目港湾道路14号線との接続地点まで
八代港湾道路八代市新港町3丁目港湾道路11号線との接続地点から
14号線八代市新港町4丁目港湾道路32号線との接続地点まで
八代港湾道路八代市新港町4丁目港湾道路14号線との接続地点から
32号線八代市新港町4丁目港湾道路23号線との接続地点まで
八代港湾道路八代市新港町4丁目港湾道路32号線との接続地点から
23号線八代市郡築6番町137番3地先まで
別表第2(第37条関係)
基準要件
自動車教習所法第98条第2項に基づく届出をしていること。
管理者令第35条第1項に規定する指定教習所の管理者と同一の要件を備えた管理者(当該施設の運営を直接管理する地位にある者をいう。)が置かれていること。
教習指導員次に掲げる要件を備えた教習指導員が置かれていること。
1 24歳以上の者であること。
2 その者が従事する技能教習に用いられる自動車に係る教習指導員資格者証及び第二種免許を現に受けている者で、第二種免許を受けた後における自動車(大型自動二輪車、普通自動二輪車及び小型特殊自動車を除く。)の運転の経験が3年以上の者であること。
3 法第99条の3第4項第2号ロ及びハのいずれにも該当しない者であること。
技能教習施設次に掲げる要件を備えた技能教習のための施設を有すること。
1 コース敷地の面積が8,000平方メートル以上のものであること。
2 コースの種類、形状及び構造が規則別表第3に適合するものであること。
技能教習用自動車次に掲げる要件を備えた技能教習を行うため必要な種類の自動車を備えていること。
1 教習指導員が応急の措置を講ずることができる装置を備えているものであること。
2 技能教習用自動車の大きさは、次表の基準に適合するものであること。
   
 自動車の種類車体の大きさ等備考 
長さ最遠軸距輪距
乗車定員30人以上のバス型の大型自動車10.00メートル以上2.40メートル以上5.15メートル以上  
乗車定員11人以上29人以下のバス型の中型自動車8.20メートル以上2.25メートル以上4.20メートル以上  
乗車定員5人以上の普通自動車4.40メートル以上1.69メートル以上2.50メートル以上1.30メートル以上 
車両総重量5,000キログラム以上の車輪を有する大型特殊自動車    20キロメートル毎時を超える速度を出すことができる構造のもの
車両総重量5,000キログラム以上のカタピラを有する大型特殊自動車     
牽(けん)引されるための構造及び装置を有する車両(以下「被牽(けん)引車」という。)を牽(けん)引するために使用される普通自動車で、専ら被牽(けん)引車(最大積載量5,000キログラム以上のものに限る。)を牽(けん)引しているもの    被牽(けん)引車を牽(けん)引する自動車は、四輪のものであること。
   
教習用施設技能教習及び学科教習を行うために必要な建物その他の設備を備えていること。
教習計画等技能教習及び学科教習の時間、方法は、次に掲げる基準に適合するものであること。
1 あらかじめ教習計画を作成し、これに基づいて教習を行うこと。
2 大型自動車、中型自動車、普通自動車の教習にあっては1年以内に、その他の自動車教習にあっては3月以内に教習を修了すること。
3 技能教習
(1) 要件を備えた教習指導員が教習を受ける者の運転する自動車に同乗して教習を行うこと。
(2) 教習を受ける者1人に対する教習時限は、1日3時限以下とすること。
(3) 各段階別の最後の教習時限に教習効果の確認を行い、その成績が良好な者についてのみ次の段階の教習を行うこと。ただし、第3段階の教習効果の確認を行うときは、第3段階及びそれ以前の段階の教習について行うこととし、その成績が良好な者についてのみ教習を修了すること。
(4) 同時に使用する自動車1台当たりのコース面積が200平方メートル以下とならないようにして教習を行うこと。
4 学科教習
(1) 要件を備えた教習指導員が教習を行うこと。
(2) 教本、視聴覚教材、模型等教習に必要な教材を使用すること。
(3) 必要な教習項目については、実習を行うこと。
(4) 教習の最後に教習効果の確認を行い、その成績が良好な者についてのみ教習を修了すること。
5 教習計画
(1) 技能教習時限表
   
 受けようとする第二種免許の自動車教習区分教習時限 
   
 現に有する免許 第1段階第2段階第3段階
大型自動車大型免許48(4)12(8)24(12)
中型免許610(6)16(10)32(16)
  
 8t限定免許712(7)19(12)38(19)
オートマチック車8t限定免許813(8)21(14)42(22)
普通免許715(9)22(13)44(22)
  
 オートマチック車限定免許816(10)24(15)48(25)
大特(無限定)免許1122(15)33(18)66(33)
大特(カタピラ)免許1226(17)38(21)76(38)
中型自動車大型免許47(4)11(7)22(11)
中型免許47(4)11(7)22(11)
  
 8t限定免許510(6)15(9)30(15)
オートマチック車8t限定免許611(7)17(11)34(18)
普通免許612(7)18(11)36(18)
  
 オートマチック車限定免許713(8)20(13)40(21)
大特(無限定)免許1020(12)30(18)60(30)
大特(カタピラ)免許1224(16)36(20)72(36)
普通自動車大型免許48(4)12(8)24(12)
中型免許48(4)12(8)24(12)
  
 8t限定免許48(4)12(8)24(12)
オートマチック車8t限定免許59(5)14(10)28(15)
普通免許59(5)14(9)28(14)
  
 オートマチック車限定免許610(6)16(11)32(17)
大特(無限定)免許1019(12)29(17)58(29)
  大特(カタピラ)免許1123(15)34(19)68(34)
 オートマチック車大型免許48(4)12(8)24(12)
中型免許48(4)12(8)24(12)
  
 8t限定免許48(4)12(8)24(12)
オートマチック車8t限定免許59(5)14(10)28(15)
普通免許59(5)14(9)28(14)
  
 オートマチック車限定免許610(6)16(11)32(17)
大特(無限定)免許918(4)27(16)54(27)
大特(カタピラ)免許1121(12)32(20)64(32)
大型特殊自動車(無限定)大型免許36918
中型免許(8t限定免許・オートマチック車8t限定免許を含む。)36918
普通免許(オートマチック車限定免許を含む。)36918
大特(無限定)免許24612
大特(カタピラ)免許36918
大型特殊自動車(カタピラ)大型免許35816
中型免許(8t限定免許・オートマチック車8t限定免許を含む。)35816
普通免許(オートマチック車限定免許を含む。)35816
大特(無限定)免許23510
 大特(カタピラ)免許23510
牽(けん)引自動車対応する免許24612
   
備考
1 1教習時限の時間は、50分とする。
2 ( )内は内数で、路上教習の時限数を示す。
(2) 学科教習時限表
   
 教習科目時限 
1 信号に従うこと。合計24時限
2 標識・標示等に従うこと。
3 車の通行するところ、車の通行してはいけないところ
4 路線バス等の優先
5 交差点等の通行、踏切
6 安全な速度と車間距離
7 歩行者の保護等
8 安全の確認と合図、警音器の使用
9 進路変更等
10 追越し
11 行き違い
12 駐車と停車
13 乗車と積載
14 交通事故のとき
15 旅客自動車に係る法令の知識
16 適性検査結果に基づく行動分析
17 安全運転と人間の能力
18 車に働く自然の力と運転
19 悪条件下での運転1
20 悪条件下での運転2
21 経路の設計
22 高速道路での運転
23 特徴的な事故と事故の悲惨さ
24 自動車の機構と保守管理
   
備考
1 1教習時限の時間は、50分とする。
2 24科目中、「16 適性検査結果に基づく行動分析」については2時限行うこと。
大型自動車又は中型自動車による教習1 大型自動車による教習を実施する場合
路上教習開始前に大型自動車(バス型、乗車定員30人以上、長さ10.00メートル以上、幅2.40メートル以上、最遠軸距5.15メートル以上)を使用した大型仮免許の試験を受けさせること。
2 中型自動車による教習を実施する場合
路上教習開始前に中型自動車(バス型、乗車定員11人以上29人以下、長さ8.20メートル以上、幅2.25メートル以上、最遠軸距4.20メートル以上)を使用した中型仮免許の試験を受けさせること。
修了証明書教習計画に基づき、所定の期間内に技能教習及び学科教習を終了した者に限り別記の修了証明書を発行すること。
別記
[別紙参照]