○草津市立なごみの郷条例

平成12年12月22日

条例第35号

(設置)

第1条 市民相互の交流を促進し、市民の生活文化の向上と福祉の増進を図るため、草津市立なごみの郷(以下「なごみの郷」という。)を設置する。

(名称および位置)

第2条 なごみの郷の名称および位置は、次のとおりとする。

名称 草津市立なごみの郷

位置 草津市志那町2552番地

(事業)

第3条 なごみの郷は、次に掲げる事業を行う。

(1) 文化活動、体育、レクリエーション活動等を通じた地域コミュニティの促進に関すること。

(2) 世代間の交流を促進するための研修、創作、伝習等の活動に関すること。

(3) 高齢者を中心とする市民の生活、健康等の相談に関すること。

(4) その他なごみの郷の設置目的を達成するために必要な事業

(指定管理者による管理)

第4条 市長は、なごみの郷の管理に関する次の業務を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき、指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせることができる。

(1) なごみの郷の利用に関する業務

(2) なごみの郷の施設および設備の維持管理に関する業務

(3) なごみの郷の運営に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

2 第6条から第8条までの規定は、前項の指定管理者による管理について準用する。この場合において、「市長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(開館時間等)

第5条 なごみの郷の開館時間および休館日は、規則で定める。

(使用の許可)

第6条 会議室、交流室、調理室、工房、軽音楽室を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、施設の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(許可の制限)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、なごみの郷の使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序または善良の風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 施設または付属設備を汚損し、または破損するおそれがあるとき。

(3) 管理運営上支障があるとき。

(4) 集団的にまたは常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(5) 営利を目的とし、またはそのおそれがあると認めるとき。ただし、市長の許可を得た場合は、この限りでない。

(6) その他市長が適当でないと認めるとき。

(使用許可の取消し等)

第8条 市長は、使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、または使用を停止し、もしくは制限することができる。

(1) この条例またはこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 許可の条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正の手段により許可を受けたとき。

(4) 公益上やむを得ない事由が発生したとき。

(5) その他市長が使用を不適当と認めたとき。

2 市は、前項の規定により使用の許可の取消し等をした場合において、当該取消し等に伴う損害賠償の責を負わないものとする。

(使用料)

第9条 使用者は、別表に定める施設の使用に当たっては、使用料を納付しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、特別な理由があると認めるときは、使用料を減額し、または免除することができる。

3 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別な理由があると認めるときは、その全部または一部を還付することができる。

(利用料金)

第10条 第4条第1項の規定により市長が指定管理者になごみの郷の管理を行わせる場合は、第9条第1項の規定にかかわらず、利用者は、指定管理者になごみの郷の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を納付しなければならない。

2 利用料金は、別表に掲げる金額の範囲内において、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定めるものとする。利用料金を変更しようとするときについても、同様とする。

3 前項の場合において、別表中「使用料」とあるのは、「利用料金」と読み替えるものとする。

4 指定管理者は、市長の承認を得て定める基準により、利用料金を減額し、または免除することができる。

5 既納の利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(損害賠償)

第11条 使用者は、その使用に際し、施設、設備または備品等を故意または重大な過失により、汚損し、損傷し、または滅失したときは、市長の指示するところに従い、これを原状に回復し、またはその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は、平成13年4月1日から施行する。

(草津市重要な公の施設に関する条例の一部改正)

2 草津市重要な公の施設に関する条例(昭和53年草津市条例第18号)の一部を次のように改正する。

第2条第2項中「別表第22号から第29号まで」を「別表第23号から第30号まで」に改める。

別表中第29号を第30号とし、第22号から第28号までを1号ずつ繰り下げ、第21号の次に次の1号を加える。

(22) なごみの郷

付 則(平成17年10月17日条例第20号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成26年3月31日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年7月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。

(1) 第1条中草津市立まちづくりセンター条例第8条第2項の改正規定、第2条中草津市手数料条例第4条第1項ならびに別表第34項および第36項の改正規定、第3条中草津市立公民館条例第6条第2項、第8条、第9条、第11条、別表第1の改正規定ならびに同条例別表第2の改正規定(「第8条関係」を「第7条関係」に改める部分に限る。)、第5条中草津市立草津アミカホール条例第5条、第7条、第8条および第10条の改正規定、第6条の規定、第7条中草津市立サンサンホール条例第7条第2項の改正規定、第8条中草津市立教育集会所設置条例第8条ただし書、第9条第2項ただし書、第11条および第14条の改正規定ならびに同条例別表第2備考の改正規定(「委員会」を「市長」に改める部分に限る。)、第9条中草津市まちなか交流施設設置条例第6条第2項の改正規定、第10条中草津市立社会体育施設条例第4条、第7条から第10条まで、第13条および別表第2備考4の改正規定、第11条中草津市立草津宿街道交流館条例第4条および第6条の改正規定、第12条中草津市立史跡草津宿本陣条例第4条から第6条までおよび第9条の改正規定、第13条中草津市隣保館条例第7条ただし書および第8条第2項ただし書の改正規定、第14条中草津市立人権センター条例第6条第2項の改正規定、第15条中草津市立長寿の郷ロクハ荘条例第10条第2項の改正規定および同条例別表の改正規定(「第2条」を「第2条第1号」に改める部分に限る。)、第16条中草津市立なごみの郷条例第8条第2項の改正規定および同条例別表の改正規定(「第2条」を「第2条第1号」に改める部分に限る。)、第17条中草津市立障害者福祉センター条例第10条第2項の改正規定、第20条中草津市立市民交流プラザ条例第6条第2項の改正規定、第21条中草津市都市公園条例第14条、第15条第4項、第17条第1項および別表第2(1)水泳プールの表の改正規定、同条例別表第2(4)草津グリーンスタジアムの表の改正規定(「(障害者基本法(昭和45年法律第84号)第2条に規定する者をいう。)」を削る部分に限る。)ならびに同条例別表第2(5)水生植物公園みずの森の表の改正規定ならびに第22条の規定 公布の日

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の草津市立まちづくりセンター条例の規定、第3条の規定による改正後の草津市立公民館条例の規定、第4条の規定による改正後の草津市立図書館設置条例の規定、第5条の規定による改正後の草津市立草津アミカホール条例の規定、第7条の規定による改正後の草津市立サンサンホール条例の規定、第8条の規定による改正後の草津市立教育集会所設置条例の規定、第9条の規定による改正後の草津市まちなか交流施設設置条例の規定、第10条の規定による改正後の草津市立社会体育施設条例の規定、第13条の規定による改正後の草津市立隣保館条例の規定、第14条の規定による改正後の草津市立人権センター条例の規定、第15条の規定による改正後の草津市立長寿の郷ロクハ荘条例の規定、第16条の規定による改正後の草津市立なごみの郷条例の規定、第17条の規定による改正後の草津市立障害者福祉センター条例の規定、第18条の規定による改正後の草津市営火葬場条例の規定、第19条の規定による改正後の草津市漁港等管理条例の規定、第20条の規定による改正後の草津市立市民交流プラザ条例の規定および第21条の規定による改正後の草津市都市公園条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の申請に係る使用料について適用し、施行日前の申請に係る使用料については、なお従前の例による。

付 則(平成26年7月3日条例第26号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、別表の改正規定(「高校生以上」を「15歳以上の者(中学生を除く。)」に改める部分に限る。)は、平成26年7月1日から施行する。

付 則(平成29年12月20日条例第30号)

(施行期日)

1 この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第9条第1項、第10条第2項関係)

施設

区分

使用料

温浴施設 (1人1回につき)

大人(15歳以上の者(中学生を除く。))

430円

小人(小学生、中学生)

150円

軽音楽室 (1室1時間につき)

利用しようとする個人または団体

300円

備考

1 市内に住所を有する60歳以上の者が温浴施設を使用する場合については、小人と同額とする。

2 市内に住所を有する障害者(障害者基本法(昭和45年法律第84号)第2条第1号に規定する者をいう。)およびその者を介護する者(当該その者の1人につき1人に限る。)が温浴施設を使用する場合については、無料とする。

3 軽音楽室の使用許可申請者の住所が本市以外であるときは、使用料の5割に相当する額を加算する。

草津市立なごみの郷条例

平成12年12月22日 条例第35号

(平成30年4月1日施行)