○草津市市制60周年記念事業検討懇話会開催要綱

平成25年5月31日

告示第146号

(目的)

第1条 草津市市制60周年記念事業検討懇話会(以下「懇話会」という。)の開催に必要な事項を定めることにより、本市の市制60周年記念事業を検討するに当たり、事業展開の方向性等について意見を交換することを目的とする。

(意見を交換する事務)

第2条 懇話会において、意見を交換する事項は、次のとおりとする。

(1) 市制60周年記念事業の事業展開の方向性等に関すること。

(2) 市制60周年記念事業の事業プラン等に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、本市の市制60周年記念事業の検討に必要な事項

(委員)

第3条 懇話会は、委員15人以内で開催する。

2 次に掲げる者を委員として、懇話会を開催する。

(1) 地域連携、市民活動または大学連携に関わる者

(2) 各種分野の振興に関わる者

(3) マスコミ関係者

(4) その他市長が必要と認める者

(会議)

第4条 懇話会の会議は、総合政策部長が招集し、会議の進行を行う。

2 総合政策部長は、必要と認めるときは会議に関係者の出席を求めてその意見を聴くことができる。

(作業部会)

第5条 懇話会の円滑な遂行および運営のため、作業部会を開催する。

2 作業部会員は、別表1に掲げる者とする。

3 総合政策部企画調整課長は作業部会を招集し、その会議の進行を行う。

(庶務)

第6条 懇話会の庶務は、総合政策部企画調整課において行う。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、懇話会の運営に関し必要な事項は、市長が定める。

付 則

この要綱は、平成25年6月1日から施行する。

付 則(平成25年8月30日告示第242号)

この要綱は、平成25年8月30日から施行する。

別表1(第5条第2項関係)

企画調整課長

企画調整課参事(シティセールス戦略担当)

広報課長

広報課参事(広報戦略担当)

まちづくり協働課長

環境課長

社会福祉課長

子ども家庭課長

商業観光課長

産業振興部副部長(農林水産・ロータス研究所担当)

まちなか再生課長

まちなか再生課参事(中心市街地活性化担当)

草津川跡地整備課長

生涯学習課長

スポーツ保健課長

学校教育課長

教育委員会事務局教育部副部長(街道交流担当)

草津市コミュニティ事業団 企画総務課長

草津市市制60周年記念事業検討懇話会開催要綱

平成25年5月31日 告示第146号

(平成25年8月30日施行)

体系情報
要綱集/第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 組織・事務分掌
沿革情報
平成25年5月31日 告示第146号
平成25年8月30日 告示第242号