○釧路市柳町スケート場条例

平成17年10月11日

釧路市条例第275号

(設置)

第1条 冬季スポーツを振興し、市民の心身の健全な発達を図るため、釧路市柳町スケート場(以下「スケート場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 スケート場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

釧路市柳町スピードスケート場

釧路市柳町1番1号

釧路市柳町アイスホッケー場

釧路市柳町1番1号

(使用承認)

第3条 スケート場を使用しようとする者は、あらかじめ釧路市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の承認を受けなければならない。

2 教育委員会は管理運営上必要があると認めたときは、その使用について条件を付し、及びこれを変更することができる。

(使用の制限)

第4条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、スケート場の使用を承認しない。

(1) 公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) スケート場の建物又は附属設備を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 管理上支障があると認められるとき。

(4) その他教育委員会が必要と認めたとき。

(使用料)

第5条 スケート場の使用料は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

2 前項の使用料は、使用の承認を受けたときに納付しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

3 教育委員会は、特別の理由があると認めたときは、使用料を減免することができる。

(使用料の不還付)

第6条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合には、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)の責めに帰さない理由により使用できないとき。

(2) 使用者が、使用開始3日前までに使用承認の取消しを申し出た場合において、特別の理由があると認められるとき。

(3) その他教育委員会が特別の理由があると認めたとき。

(転貸等の禁止)

第7条 使用者は、その権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(特別の設備の承認)

第8条 使用者は、使用に当たり特別の設備をしようとする場合は、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならない。

(使用承認の取消し等)

第9条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の承認を取り消し、又は使用を停止することができる。

(1) 使用の目的以外に使用したとき。

(2) 使用承認の条件に違反したとき。

(3) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(4) 公益上その他教育委員会が必要と認めたとき。

(原状回復の義務)

第10条 使用者は、その使用を終わったとき、又は使用を停止されたとき、若しくはその使用承認を取り消されたときは、直ちに使用の場所を原状に回復しなければならない。

2 教育委員会は、使用者が前項の義務を履行しないときは、これを代行し、それに要した費用を使用者から徴収する。

(損害賠償)

第11条 使用者は、スケート場の建物、附属設備、備品等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月11日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の釧路市柳町スケート場条例(昭和46年釧路市条例第45号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月22日条例第10号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月18日条例第1号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月20日条例第4号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(使用料等の改定に係る経過措置)

4 この条例(第1条、第9条、第12条から第15条まで、第18条、第19条、第21条から第25条まで、第28条、第29条、第31条、第32条、第36条、第44条、第54条、第57条、第60条、第64条及び第68条を除く。)による改正後のそれぞれの条例の規定(第2項第4号から第6号までに規定する規定を除く。)は、施行日以後の使用、占用、入場、観覧、採取等(以下「使用等」という。)に係る使用料等であって、施行日以後に支払を受けるべきもの(施行日前に発行した納入通知書に係るものを除く。)について適用し、施行日前の使用等に係る使用料等又は施行日前に支払を受けるべき使用料等若しくは施行日前に発行した納入通知書に係る使用料等については、なお従前の例による。

(規則への委任)

8 この附則に規定するもののほか、この条例の施行に関し必要な経過措置は、規則で定める。

別表第1(第5条関係)

釧路市柳町スピードスケート場

1 一般使用

(1) 一般使用料は、次の表に定める額とする。

区分

一般及び大学生

高校生

中学生

小学生以下

入場料(1人1回につき)

70

30

10

10

滑走料

400

250

170

120

備考 滑走料を納入したときは、入場料を徴収しない。

(2) 滑走料については、シーズン滑走券を発行するものとする。この場合において、シーズン滑走券の額は、前号の規定による1回の滑走料の額に11を乗じて得た額とし、当該シーズン滑走券の有効期間は、教育委員会規則で定める開設期間内とする。

(3) 団体の滑走料は、第1号の規定による滑走料の額を基礎として、次に定める率を割り引いて算定するものとする。

ア 30人以上100人未満 1割

イ 100人以上300人未満 2割

ウ 300人以上 3割

2 貸切使用

区分

使用料(30分につき)

普通貸切

6,840

特別貸切

5,460

備考

1 特別貸切は、一般使用及び普通貸切の時間外で、教育委員会が定める時間の範囲内に限る。

2 使用時間が30分に満たないときは、30分とする。

3 暖房を必要とする場合には、教育委員会の定める暖房料を加算する。

別表第2(第5条関係)

釧路市柳町アイスホッケー場

1 一般使用

(1) 一般使用料は、次の表に定める額とする。

区分

一般及び大学生

高校生

中学生

小学生以下

入場料(1人1回につき)

80

50

20

20

滑走料

490

370

250

170

備考 滑走料を納入したときは、入場料を徴収しない。

(2) 滑走料については、回数券(6回券)を発行するものとする。この場合において、回数券の額は、前号の規定による1回の滑走料の額に5を乗じて得た額とし、当該回数券の有効期間は、その年の4月1日から翌年の3月31日までとする。

(3) 団体の滑走料は、第1号の規定による滑走料の額を基礎として、次に定める率を割り引いて算定するものとする。

ア 30人以上100人未満 1割

イ 100人以上 2割

2 貸切使用

区分

使用料

(30分につき)

普通貸切


平日及び土曜日の場合

6,830

日曜日、祝日及び学校休業期間中の場合

10,550

特別貸切

一般

6,410

大学生

4,650

高校生

3,230

中学生

2,600

小学生以下

2,110

備考

1 特別貸切は、一般使用及び普通貸切の時間外で、教育委員会が定める時間の範囲内に限る。

2 使用時間が30分に満たないときは、30分とする。

3 暖房を必要とする場合には、教育委員会の定める暖房料を加算する。

釧路市柳町スケート場条例

平成17年10月11日 条例第275号

(平成26年4月1日施行)