○宮田村生ごみ処理器設置補助金交付要綱

平成7年4月1日

告示第23―2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、快適な生活環境を保全するため、村がごみの減量化対策として推奨する生ごみ処理器の設置に要する経費に対して、予算の範囲内で補助金を交付することについて、村費補助金交付規則(昭和39年宮田村規則第5号以下「規則」という。)に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「生ごみ処理器」とは、一般家庭から排出される生ごみを自ら堆肥化処分できる容器で、環境衛生上の配慮がなされ、耐久性に優れていると村長が認めるものをいう。

(補助の対象者及び補助率)

第3条 この要綱による補助の対象者は、補助金を申請する日前より引き続き宮田村内に生活の本拠を有し、生ごみ処理器を新規に設置する者とする。

2 補助率は、設置費に対して2分の1以内とし、10,000円を限度とする。

(維持管理)

第4条 補助金の交付を受け、生ごみ処理器を設置する者(以下「設置者」という。)は、ねずみ、害虫等の発生防止を行うとともに、悪臭の発生等により周辺住民等に迷惑がかからないよう維持管理に努めなければならない。

2 設置者は、生ごみ処理器による堆肥化については、適切に自家活用を図らなければならない。

(補助金交付の申請及び報告)

第5条 規則第2条に規定する申請書及び規則第4条に規定する実績報告は、宮田村生ごみ処理器設置補助金交付申請書兼設置実績報告書(別記様式)によるものとする。

附 則

この要綱は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月4日告示第5号)

この要綱は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月23日告示第42号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

様式 略

宮田村生ごみ処理器設置補助金交付要綱

平成7年4月1日 告示第23号の2

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成7年4月1日 告示第23号の2
平成10年3月4日 告示第5号
平成18年3月23日 告示第42号