○那覇市飼い犬条例

昭和49年1月11日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、飼い犬の管理を適正に行なわせることにより、犬による人の生命、身体及び財産(以下「人の生命等」という。)に対する危害を防止し、もって社会生活の安全を保持するとともに、公衆衛生の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 飼い主 犬の所有者又は管理者若しくは占有者をいう。

(2) 飼い犬 前号の飼い主が所有し、管理し、又は占有する犬をいう。

(3) 係留 犬を丈夫な綱、鎖等で固定したものにつなぎ、拘束若しくはその行動を制御しておくこと、又はおりに入れ、若しくはさくその他の障壁を設けて収容することをいう。

(飼い主の義務)

第3条 次に掲げる場合を除き、飼い主は、飼い犬を規則に定めるところにより、常に係留しておかなければならない。

(1) 警察犬、狩猟犬、牧羊犬又は身体障害者補助犬(身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条に規定する犬をいう。)等特定の業務に使用される飼い犬をその目的のために使用する場合

(2) 飼い犬の訓練又は運動を目的とする施設で飼い犬を訓練又は運動させる場合

(3) 飼い犬を制御することができる者が綱、鎖等を保持することによりその行動を制御し、移動、訓練又は運動させる場合

(4) 人の生命等に対する危害を防止するために必要な安全な措置が講じられた適切な管理のもとで、飼い犬を展覧会、競技会又はサーカスその他これらに類する催しのために使用する場合

(5) 生後90日以内の幼犬であり、飼い主が飼い犬を係留してない状態で制御できる場合

(6) 前各号に掲げる場合のほか、市長が特段の理由があると認めた場合

2 飼い主は、飼い犬のふん尿その他の汚物を衛生的に処理し、悪臭、昆虫等の発生の防止又は駆除等を行い、飼い犬を飼養している場所の内外を常に清潔に保たなければならない。

3 飼い主は、飼い犬が、学校、公園、道路その他の公共の施設又は他人の物を汚損しないようにし、飼い犬が汚損したときは、汚物の処理、損傷の修復等を行い原状に回復しなければならない。

4 飼い主は、飼い犬を飼養又は管理している場所の出入口付近又は他人の見やすい場所に、規則で定める様式により、飼い犬を飼養している旨を他人に明らかに見えるように表示しなければならない。

5 飼い主は、飼い犬が無駄吠え等により近隣に迷惑をかける行為及び人が過度に恐怖を感じるような威嚇行為をしないように努めなければならない。

(飼い犬の遺棄の禁止)

第4条 飼い主は、飼い犬を遺棄してはならない。

(加害の届出)

第5条 飼い犬が人の生命等に被害を与えたときは、飼い主は、被害を与えた日から10日以内に、その旨を市長に届け出なければならない。

(措置命令)

第6条 市長は、社会生活の安全を確保するために必要と認めるときは、人の生命等に危害を加えた飼い犬の飼い主に対し、当該飼い犬の拘禁、性癖のきょう正又は殺処分その他の危害を防止するために必要な処置をとることを命ずることができる。

2 市長は、飼い主が第3条の規定に違反している場合において、危害を防止するために必要があると認めるときは、当該飼い主に対し、必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

(立入調査)

第7条 市長は、この条例の目的を達成するため必要な限度において、職員をして、飼い犬を飼養している場所及びその他この条例の施行に関連して調査を行う必要があると認められる場所に立ち入って調査させ、又は飼い主及び利害の関係にある者その他調査のために必要と認められる者(次項において「関係人」という。)に対して質問させることができる。

2 前項の規定により立入調査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係人の請求があったときは、これを提示しなければならない。

3 第1項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。

(捕獲)

第8条 市長は、係留されていない犬による人の生命等に対する危害を未然に防止するため、必要があると認めるときは、これを捕獲しなければならない。

2 何人も、捕獲のために設置した器具を移動又は破損してはならない。

3 第1項の規定により犬を捕獲したときは、飼い主の判明しているものについてはその飼い主にこれを引き取るべき旨を通知し、飼い主の判明していないものについてはその旨を2日間公示しなければならない。

4 前項の通知を受けた飼い主が犬を引き取らないとき、又は同項に定める公示期間満了の後1日以内に飼い主が犬を引き取らないときは、市長は、適宜にこれを処分することができる。

5 市長は、第1項の規定により捕獲した犬を飼い主に引き渡すときは、引渡しの日時及び場所を指定して行うものとする。

(罰則)

第9条 次の各号のいずれかに該当する者は、2万円以下の罰金又は科料に処する。

(1) 第3条第1項の規定に違反し、人の生命等に被害を与えた飼い犬の飼い主

(2) 第5条の規定による届出を行わなかった、又は虚偽の届出をした者

(3) 第7条第1項の規定による立入調査を正当な理由なく拒み、妨げ、若しくは忌避し、又は質問に対して虚偽の陳述をした者

2 第6条に規定する措置命令に従わない者は、3万円以下の罰金又は科料に処する。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

付 則

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。ただし、第8条の規定は、昭和49年10月1日から施行する。

付 則(平成14年3月29日条例第15号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

付 則(平成22年3月19日条例第8号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

那覇市飼い犬条例

昭和49年1月11日 条例第1号

(平成22年3月19日施行)

体系情報
第9類 保健・環境/第3章 霊園・その他
沿革情報
昭和49年1月11日 条例第1号
平成14年3月29日 条例第15号
平成22年3月19日 条例第8号