○那覇市飼い犬条例施行規則

昭和49年5月1日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、那覇市飼い犬条例(昭和49年那覇市条例第1号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(係留の方法)

第2条 条例第3条第1項の規定による係留は、次の各号の方法によらなければならない。

(1) 飼い犬が通行する人に接触しないものであること。

(2) 飼い犬が敷地内を通行する訪問者等に接触しないものであること。

2 大型犬又は闘犬種等については、前項の方法に加え、こう傷防止用口輪等を装着させるように努めなければならない。

(飼い主の義務)

第3条 条例第3条第1項第3号の規定による飼い犬を移動、訓練又は運動させる場合は、かむ癖のある犬、大型犬又は闘犬種等については、こう傷防止用口論等を装着させるように努めなければならない。

(係留の除外)

第4条 条例第3条第1項第6号の規定による市長の承認は、飼い犬係留除外申請書(第1号様式)により申請するものとする。

2 前項の申請があったときは、市長はこれを審査し、適当と認めたときは、飼い犬係留除外許可書(第2号様式)を交付する。

(飼い犬の表示)

第5条 条例第3条第4項に規定する飼い犬飼養の表示は、飼い犬飼養票(第3号様式)又はこれに類するものとする。

(飼い犬の加害の届出)

第6条 条例第5条の規定による飼い犬の加害の届出は、飼い犬加害届(第4号様式)によるものとする。

(措置命令)

第7条 条例第6条の規定による措置命令は、措置命令書(第5号様式)によるものとする。

(身分を示す証票)

第8条 条例第7条第2項の規定による身分を証明する証票は、身分証明書(第6号様式)によるものとする。

(捕獲)

第9条 条例第8条第1項の必要があると認めるときは、次の各号のいずれかに該当するときとする。

(1) 犬が徘徊はいかいしているとき。

(2) 飼い主が飼い犬を綱、鎖等で制御することなく移動、訓練又は運動させているとき。

(3) 飼い主が飼い犬を適切に制御できていないと認めるとき。

(捕獲犬の返還の申請)

第10条 条例第8条第1項の規定により捕獲され抑留中の犬の所有者は、当該犬の返還を求めようとするときは、捕獲犬返還申請書(第7号様式)により申請するものとする。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成23年3月1日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成24年12月28日規則第67号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

那覇市飼い犬条例施行規則

昭和49年5月1日 規則第7号

(平成25年4月1日施行)