○フォーラム七尾条例

平成16年10月1日

条例第99号

(設置)

第1条 市民の交流とふれあいの中で、文化及び教養の向上を図るとともに生涯学習自主活動を促進するため、フォーラム七尾(以下「フォーラム」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 フォーラムの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 フォーラム七尾

位置 七尾市御祓町1番地

(事業)

第3条 フォーラムは、第1条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

(1) 一般教養のための研修及び文化の向上に関する事業

(2) 休養、レクリエーション等、余暇の活用に関する事業

(3) 学習を基調としたグループの育成に関する事業

(4) 女性の自立及び地位向上に関する事業

(5) 前各号に掲げるもののほか、必要な事業

(利用時間)

第4条 フォーラムの利用時間は、午前10時から午後8時30分までとする。ただし、市長が特に認めたときは、この限りでない。

(休館日)

第5条 フォーラムの休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(1) 毎週水曜日。ただし、その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日法による休日」という。)に当たるときは、その翌日とする。

(2) 祝日法による休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

(利用の許可)

第6条 フォーラムを利用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可をするときは、管理上必要な条件を付することができる。

(利用の制限)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合には、フォーラムの利用を許可しないものとする。

(1) 施設の秩序又は風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 管理上支障があると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が不適当と認めたとき。

(利用許可の取消し等)

第8条 市長は、第6条により許可を受けた者(以下「利用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、利用を停止し、又は利用の許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 許可を得ないで利用の目的を変更したとき。

(3) 第6条第2項の規定により付された条件に違反したとき。

(4) 前条の規定に該当すると認められるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認めるとき。

(特別な設備等の設置許可及び原状回復)

第9条 利用者は、施設に変更を加え、又は自ら特別な設備等を設けようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 利用者は、フォーラムの利用が終了したとき又は前条の規定により利用許可の取消し若しくは利用の停止を命ぜられたときは、直ちにその利用場所を原状に回復し、清掃の上係員の点検を受けなければならない。

3 利用者が前項に規定する義務を履行しないときは、市長が代わって執行し、その費用を利用者から徴収する。

(使用料)

第10条 フォーラムの使用料は、別表に定めるところによる。

2 附属設備器具の使用料は、市長が別に定める。

3 使用料は、利用の許可の際前納しなければならない。ただし、市長が相当の理由があると認める場合は、後納させることができる。

(使用料の減免)

第11条 市長は、特に必要があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第12条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、市長は、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責めによらない理由により利用できなくなったとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特別の理由があると認めるとき。

(利用権譲渡等の禁止)

第13条 利用者は、利用の許可によって生ずる権利を譲渡し、又は貸し付けてはならない。

(損害賠償の義務)

第14条 利用者は、フォーラムの利用により施設、設備等を損傷し、又は滅失したときは、市長の定める額を賠償しなければならない。ただし、市長が特にやむを得ない理由があると認めるときは、免除することができる。

(入館の制限)

第15条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者は、入館を禁止し、又は退去を命ずることができる。

(1) 感染性の疾病にかかっていると認められる者

(2) 公の秩序又は風俗を乱すおそれがあると認められる者

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められる者

(運営委員会)

第16条 フォーラムの運営について必要な事項を審議するため、フォーラム七尾運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、委員10人以内とし、その任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員会の組織、運営等については別に定める。

(職員)

第17条 フォーラムに館長その他必要な職員を置く。ただし、次条に規定する指定管理者が管理を行う場合を除く。

(指定管理者による管理)

第18条 フォーラムの管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合の当該指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。

(1) フォーラムの施設及び設備の維持管理に関する業務

(2) フォーラムの利用許可に関する業務

(3) 第3条に規定する事務の計画及び実施

(4) 前3号に掲げるもののほか、フォーラムの運営に関する事務のうち、市長のみの権限に属する事務を除く業務

3 第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第4条から第8条第10条第3項及び第15条中「市長」とあるのは、「指定管理者」と、第13条及び第14条中「利用者」とあるのは、「指定管理者又は利用者」とする。

(利用料金の収受)

第19条 市長は、前条第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合、フォーラムの利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 前項の場合において、指定管理者は、利用料金を別表に掲げる額の範囲内において、あらかじめ市長の承認を得て定めることができる。

(委任)

第20条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前のフォーラム七尾設置及び管理に関する条例(平成7年七尾市条例第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成17年6月29日条例第44号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年9月30日条例第53号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月25日条例第15号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までの利用に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成26年12月22日条例第59号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までの利用に係る使用料については、なお従前の例による。

別表(第10条関係)

フォーラム七尾基本使用料

(単位:円)

利用区分

種別

午前

午前10時から午後1時まで

午後

午後1時から午後5時まで

夜間

午後5時から午後8時30分まで

全日

午前10時から午後8時30分まで

多目的ホール(大ホール)

平日

6,900

8,400

9,000

22,500

土・日・祝

8,400

10,000

10,900

26,700

多目的ホール(中ホール)

平日

3,200

3,900

4,300

10,300

土・日・祝

3,900

4,700

5,100

12,700

多目的ホール(全ホール)

平日

10,200

12,300

13,300

32,900

土・日・祝

12,300

14,800

16,000

39,400

フィットネスルーム

平日

5,900

7,900

8,600

20,500

土・日・祝

7,200

9,500

10,300

24,600

健康サロン

1,000

1,400

1,500

3,600

会議室兼応接室

1,000

1,400

1,500

3,600

51会議室

1,000

1,300

1,400

3,300

52会議室

1,000

1,300

1,400

3,300

51会議室及び52会議室

1,800

2,400

2,600

6,300

51和室

1,000

1,300

1,400

3,300

52和室

1,000

1,300

1,400

3,300

51和室及び52和室

1,800

2,400

2,600

6,300

生活実習室

1,500

2,000

2,100

5,100

備考

1 次の各号の利用時間に係る使用料は、当該各号に掲げる額とする。

(1) 午前・午後(午前10時から午後5時まで) 午前及び午後の使用料の合計額

(2) 午後・夜間(午後1時から午後8時30分まで) 午後及び夜間の使用料の合計額

2 利用時間が本表に定める利用時間に満たない場合は、時間割計算は行わない。

3 本表に定める時間を超過して利用した場合は、所定の使用料に超過時間1時間につき、使用料の時間割計算による額の120パーセントに相当する額(その額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てる。)を加算する。この場合において、超過時間に1時間に満たない端数がある場合で1時間として計算する。

4 営利を目的としたもので、使用者が入場料その他これに類する対価(以下「入場料等」という。)を徴収する場合の使用料は、次の各号に掲げる区分に応じ、基本使用料にそれぞれ当該各号に定める割合を乗じて得た額を基本使用料に加算した額とする。

(1) 入場料等が500円以下(無料の場合を含む。)の場合 50パーセント

(2) 入場料等が500円を超え、2,000円以下の場合 100パーセント

(3) 入場料等が2,000円を超える場合 150パーセント

5 冷暖房設備を利用する場合の使用料は、基本使用料に50パーセントを乗じて得た額を基本使用料に加算した額とする。

6 附属設備器具使用料は、市長が定める。

7 多目的ホール及びフィットネスルームを準備に利用する場合の使用料は、それぞれ当該使用料の50パーセントとする。

フォーラム七尾条例

平成16年10月1日 条例第99号

(平成27年4月1日施行)