○習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例

平成7年12月26日

条例第19号

(趣旨)

第1条 この条例は、スポーツ施設の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本市は、スポーツの振興を図り、市民の心身の健全な発達と文化の発展に寄与するため、スポーツ施設を設置する。

(名称及び位置)

第3条 スポーツ施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

習志野市袖ケ浦体育館

習志野市袖ケ浦5丁目1番1号

習志野市立富士吉田体育館

山梨県富士吉田市上吉田熊穴4443番地

習志野市東部体育館

習志野市東習志野3丁目4番5号

習志野市袖ケ浦テニスコート

習志野市袖ケ浦5丁目1番1号

習志野市実籾テニスコート

習志野市実籾6丁目29番1号

習志野市秋津テニスコート

習志野市秋津5丁目20番2号

習志野市秋津サッカー場

習志野市秋津3丁目7番3号

習志野市秋津野球場

習志野市秋津3丁目7番2号

習志野市中央公園パークゴルフ場

習志野市花咲2丁目3番9号

習志野市茜浜パークゴルフ場

習志野市茜浜3丁目5番1号

習志野市芝園テニスコート・フットサル場

習志野市芝園1丁目3番2号

(平12条例22・平12条例36・平17条例25・平18条例22・平22条例24・平28条例16・一部改正)

(業務)

第4条 スポーツ施設は、次に掲げる業務を行う。

(1) 施設及び設備(以下この条において「施設等」という。)の提供を行うこと。

(2) 施設等の利用に関する指導等の業務を行うこと。

(3) スポーツの振興のために施設等を活用した普及事業を行うこと。

(平17条例22・全改)

(使用時間及び休館日等)

第5条 スポーツ施設の使用時間及び休館日等は、別表第1のとおりとする。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、使用時間又は休館日等を変更することができる。

(平20条例26・全改)

(使用の許可)

第6条 スポーツ施設を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

2 前項の許可があつたのち、申請内容に変更があるときは、教育委員会の承認を受けなければならない。

(平17条例22・旧第5条繰下、平20条例26・一部改正)

(使用の制限)

第7条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、スポーツ施設の使用を制限し、若しくは停止し、又は使用の許可を取り消すことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 施設又は設備を滅失し、又はき損するおそれがあるとき。

(3) その他スポーツ施設の管理運営上支障があるとき。

(平17条例22・旧第6条繰下・一部改正)

(使用料等)

第8条 使用者は、別表第2の定めるところにより、使用料を納入しなければならない。

2 使用料は、当該スポーツ施設を使用するための申請を行うときに納入しなければならない。ただし、市長が特に認めるものについてはこの限りでない。

3 市長は、習志野市使用料条例(昭和43年条例第13号)の例により、使用料の全部若しくは一部を免除し、又は返還することができる。

(平20条例26・全改)

(指定管理者による管理)

第9条 教育委員会は、スポーツ施設の管理を指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせることができる。

2 指定管理者が行う業務の範囲は、次のとおりとする。

(1) 第4条の業務を行うこと。

(2) 使用の許可を行うこと。

(3) 当該スポーツ施設の使用に係る料金(以下「利用料金」という。)を収受し、免除し、及び返還すること。

(4) 使用の制限若しくは停止又は使用の許可の取消しを行うこと。

(5) 施設及び設備の維持管理(軽微なものに限る。)を行うこと。

(6) その他前各号の業務を行うに当たり必要な行為を行うこと。

3 第1項の規定により指定管理者にスポーツ施設の管理を行わせる場合は、第5条ただし書中「教育委員会が特に必要があると認める」とあるのは「指定管理者が教育委員会の承認を得た」と、第6条及び第7条中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、第8条第1項中「別表第2」とあるのは「第10条第2項」と、「使用料」とあるのは「利用料金」と、同条第2項中「使用料」とあるのは「利用料金」と、「市長」とあるのは「指定管理者」と、同条第3項中「市長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料の」とあるのは「利用料金の」と読み替える。

(平17条例22・追加、平17条例25・平20条例26・一部改正)

(利用料金)

第10条 前条第1項の規定により指定管理者にスポーツ施設の管理を行わせる場合は、利用料金を指定管理者の収入として収受させる。

2 利用料金は、別表第2に定める額の範囲内で、指定管理者が地方自治法第244条の2第9項の規定に基づき、教育委員会の承認を得て定めるものとする。

(平17条例25・追加、平20条例26・一部改正)

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(平17条例22・旧第9条繰下、平17条例25・旧第10条繰下、平20条例26・旧第12条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成8年4月1日から施行する。

(習志野市教育機関設置及び管理に関する条例の一部改正)

2 習志野市教育機関設置及び管理に関する条例(昭和47年条例第7号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

(習志野市使用料条例の一部改正)

3 習志野市使用料条例(昭和43年条例第13号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

(経過措置)

4 この条例の施行前に、この条例による改正前の習志野市教育機関設置及び管理に関する条例の規定によりなされた体育センターに属する体育施設の使用の許可その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

5 この条例の施行前に、この条例による改正前の習志野市使用料条例の規定により納付した体育センターに係る使用料は、この条例による改正後の習志野市使用料条例の規定により納付したスポーツ施設の使用料とみなす。

附 則(平成12年3月31日条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。ただし、第3条の表に習志野市中央公園パークゴルフ場を加える改正規定は、平成12年4月29日から施行する。

(習志野市都市公園設置及び管理に関する条例の一部改正)

2 習志野市都市公園設置及び管理に関する条例(昭和37年条例第7号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

(習志野市使用料条例の一部改正)

3 習志野市使用料条例(昭和43年条例第13号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

(経過措置)

4 この条例の施行前に、習志野市都市公園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例(平成12年条例第22号)による改正前の習志野市都市公園設置及び管理に関する条例の規定によりなされた袖ケ浦テニスコート及び秋津テニスコートの使用の許可その他の行為は、この条例の相当する規定によりなされたものとみなす。

5 この条例の施行前に、習志野市使用料条例の一部を改正する条例(平成12年条例第22号)による改正前の習志野市使用料条例の規定により納付した袖ケ浦テニスコート及び秋津テニスコートの使用料については、この条例の規定により納付した使用料とみなす。

(準備行為)

6 中央公園パークゴルフ場の使用手続、使用の許可その他の行為は、平成12年4月29日前においても行うことができる。

附 則(平成12年12月27日条例第36号)

この条例は、平成13年2月1日から施行する。

附 則(平成17年6月29日条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 改正後の第9条第1項の規定による指定管理者の指定その他必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成17年9月30日条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 改正後の第9条第1項の規定による指定管理者の指定その他必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成18年9月27日条例第22号)

この条例は、平成18年10月1日から施行する。

附 則(平成20年9月30日条例第26号)

(施行期日)

1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。

(習志野市使用料条例の一部改正)

2 習志野市使用料条例(昭和43年条例第13号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

附 則(平成22年12月24日条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、平成23年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の一部改正に伴う経過措置)

3 第3条の規定による改正後の習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例別表第2の規定は、施行日以後に使用の申請をした者について適用し、施行日前に使用の申請をした者については、なお従前の例による。

附 則(平成22年12月24日条例第24号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において教育委員会規則で定める日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(平成23年教育委員会規則第3号で平成23年5月1日から施行)

(準備行為)

2 習志野市芝園テニスコート・フットサル場の使用手続、使用の許可その他の行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成25年3月25日条例第11号)

この条例中第1条から第7条までの規定は平成25年4月1日から、第8条から第15条までの規定は平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月25日条例第30号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の一部改正に伴う経過措置)

3 第4条の規定による改正後の習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例別表第2の規定は、施行日以後に使用する者について適用し、施行日前に使用した者については、なお従前の例による。

附 則(平成28年3月30日条例第16号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月27日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の一部改正に伴う経過措置)

3 第3条の規定による改正後の習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例別表第2の規定は、施行日以後に使用する者について適用し、施行日前に使用した者については、なお従前の例による。

別表第1(第5条第1項)

(平17条例22・追加、平17条例25・旧別表・一部改正、平22条例24・平28条例16・一部改正)

名称

使用時間

休館日等

習志野市袖ケ浦体育館

午前9時から午後9時まで

12月29日から翌年の1月3日までの日

習志野市立富士吉田体育館

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(1月1日を除く。)

(4) 月曜日が休日に当たるときは、その日以後においてその日に最も近い休日でない日

習志野市東部体育館

12月29日から翌年の1月3日までの日

習志野市袖ケ浦テニスコート

午前9時から午後5時まで。ただし、11月1日から翌年の1月31日までは、午前8時30分から午後4時30分までとする。(照明設備のあるコートについては、午前9時から午後9時まで。ただし、11月1日から翌年の1月31日までは、午前8時30分から午後8時30分までとする。)

12月29日から翌年の1月3日までの日

習志野市実籾テニスコート

習志野市秋津テニスコート

習志野市秋津サッカー場

午前9時から午後9時まで。ただし、研修室を宿泊して使用する場合の研修室の使用時間は、午前9時から翌日の午前8時までとする。

12月29日から翌年の1月3日までの日

習志野市秋津野球場

午前6時から午後9時まで

12月29日から翌年の1月3日までの日

習志野市中央公園パークゴルフ場

午前8時30分から午後5時まで。ただし、11月1日から翌年の1月31日までは、午前8時30分から午後4時30分までとする。

(1) 月曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(3) 月曜日が休日に当たるときは、その日以後においてその日に最も近い休日でない日

習志野市茜浜パークゴルフ場

(1) 水曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(3) 水曜日が休日に当たるときは、その日以後においてその日に最も近い休日でない日

習志野市芝園テニスコート・フットサル場

午前9時から午後9時まで

12月29日から翌年の1月3日までの日

別表第2(第8条第1項、第10条第2項)

(平20条例26・全改、平22条例23・平22条例24・平25条例11・平25条例30・平28条例16・平28条例27・一部改正)

1 通則

(1) 市内に住所を有する、障害に係る手帳を所有している障害者(児)及び介護保険法(平成9年法律第123号)の規定により要介護又は要支援の認定を受けている被保険者並びにその介護者並びに身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第5条に規定する市内の施設、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第5条第7項又は第12項から第14項までの規定による障害福祉サービス事業を行う市内の施設及び同法附則第58条第2項の規定による障害者支援施設とみなされる市内の施設に通所している障害者(児)並びにその介護者の使用料は、無料とする。ただし、次に掲げる施設については、9時から17時までの使用に限るものとする。

ア 袖ケ浦体育館

イ 富士吉田体育館

ウ 東部体育館(フリークライミングウォール及びトレーニングルームを除く。)

エ 秋津テニスコート

オ 秋津サッカー場

カ 秋津野球場

キ 芝園テニスコート・フットサル場

(2) 市内に住所又は勤務先を有する者及び市内の小・中・高等学校に在学する者以外の者が使用するときは、当該使用料の2倍に相当する額とする。

2 袖ケ浦体育館使用料

(1) 専用使用料

使用時間


区分

9時~12時

13時~17時

18時~21時

9時~17時

13時~21時

9時~21時

入場料を徴収しない場合

アマチュアスポーツが使用する場合

高校生以下

1,690円

2,540円

3,390円

4,230円

5,930円

7,620円

一般

3,390円

5,080円

6,780円

8,470円

11,860円

15,250円

その他

20,340円

30,480円

40,680円

50,820円

71,160円

91,500円

入場料を徴収する場合

アマチュアスポーツが使用する場合

高校生以下

2,540円

3,810円

5,080円

6,350円

8,890円

11,430円

一般

5,080円

7,620円

10,160円

12,700円

17,780円

22,860円

その他

30,480円

45,720円

60,960円

76,200円

106,680円

137,160円

備考 この表に規定のない時間に使用する場合は、1時間につき、それぞれの区分における18時~21時の欄の使用料を3で除した額を徴収する。ただし、その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(2) 部分使用料

区分

金額(1時間)

2分の1館

4分の1館以下

個人

高校生以下

250円

120円

30円

一般

510円

250円

60円

(3) 備付器具使用料

種別

備付器具

区分

金額

バスケットボール

バスケット台・時計板・得点板

1式1回

210円

バレーボール

支柱・ネット・得点板・審判台

1式1回

100円

バドミントン

支柱・ネット・得点板

1式1回

100円

卓球

卓球台・ネット・防球柵・得点板

1式1回

100円

備考 1回とは、9時から12時、13時から17時、18時から21時までのそれぞれをいう。

3 富士吉田体育館使用料

使用時間

区分

9時~12時

13時~17時

18時~21時

9時~17時

13時~21時

9時~21時

高校生以下

860円

1,090円

1,310円

1,950円

2,400円

3,260円

一般

1,740円

2,190円

2,620円

3,930円

4,810円

6,550円

備考

1 この表に規定のない時間に使用する場合は、1時間につき、それぞれの区分における18時~21時の欄の使用料を3で除した額を徴収する。ただし、その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

2 学校教育の一環として使用する場合の使用料は、習志野市立小学校及び中学校に在学又は在勤する者にあつては、無料とする。

4 東部体育館使用料

(1) 専用使用料

使用時間


区分

9時~12時

13時~17時

18時~21時

9時~17時

13時~21時

9時~21時

入場料を徴収しない場合

アマチュアスポーツが使用する場合

高校生以下

2,590円

3,880円

5,190円

6,470円

9,070円

11,660円

一般

5,190円

7,780円

10,380円

12,970円

18,160円

23,350円

その他

32,430円

48,640円

64,870円

81,070円

113,510円

145,940円

入場料を徴収する場合

アマチュアスポーツが使用する場合

高校生以下

3,880円

5,820円

7,780円

9,700円

13,600円

17,480円

一般

7,780円

11,670円

15,570円

19,450円

27,240円

35,020円

その他

64,860円

97,290円

129,750円

162,150円

227,040円

291,900円

備考 この表に規定のない時間に使用する場合は、1時間につき、それぞれの区分における18時~21時の欄の使用料を3で除した額を徴収する。ただし、その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(2) 部分使用料

区分

金額(1時間)

2分の1館

4分の1館以下

個人

高校生以下

420円

210円

70円

一般

850円

420円

150円

(3) 備付器具使用料

種別

備付器具

区分

金額

体操

鉄棒・つり輪・平均台・平行棒・鞍馬・跳馬・徒手体操マット

1台1回

100円

バスケットボール

バスケット台・時計板・得点板

1式1回

210円

バレーボール

支柱・ネット・得点板・審判台

1式1回

100円

バドミントン

支柱・ネット・得点板

1式1回

100円

卓球

卓球台・ネット・防球柵・得点板

1式1回

100円

柔道

1畳

10円

備考 1回とは、9時から12時、13時から17時、18時から21時までのそれぞれをいう。

(4) 附属施設使用料

区分

使用時間

金額

講習室

2時間

320円

フリークライミングウォール(個人)

高校生以下の者及び65歳以上の者

2時間

40円

一般

2時間

100円

トレーニングルーム(個人)

高校生以下の者及び65歳以上の者

1月

3,620円

2時間

290円

一般

1月

7,370円

2時間

590円

備考 フリークライミングウォールは、部分使用料の個人使用料を併せて徴収する。この場合において、65歳以上の者がフリークライミングウォールを使用する場合の個人の部分使用料は、高校生以下の使用料を適用する。

5 袖ケ浦テニスコート使用料

区分

金額(1面につき2時間以内)

高校生以下

550円

一般

1,120円

6 実籾テニスコート使用料

区分

金額(1面につき2時間以内)

高校生以下

650円

一般

1,300円

7 秋津テニスコート使用料

(1) 専用使用料

区分

金額(1面につき2時間以内)

高校生以下

650円

一般

1,300円

(2) 照明設備使用料

照明設備使用料は、30分につき450円とする。

8 秋津サッカー場使用料

(1) 専用使用料

区分

使用時間

金額

高校生以下

一般

コート

2時間

2,590円

5,190円

研修室A・B

1時間

330円

660円

1泊

4,950円

9,900円

研修室C・D

1時間

140円

280円

1泊

2,100円

4,200円

備考

1 附属施設(観覧室兼本部室、放送室及び審判控室をいう。)を併せて使用する場合のコートの使用料は、当該使用料の2倍に相当する額を徴収する。

2 1泊とは、午後5時から翌日の午前8時までとする。

3 研修室を2泊以上使用する場合は、使用開始日及び使用終了日を除く日の研修室の時間当たりの使用料は、免除する。

4 使用者が入場料を徴収する場合のコートの使用料は、備考1に定める使用料の1.5倍に相当する額を徴収する。

(2) 照明設備使用料

区分

金額(30分)

2分の1灯

920円

全灯

1,840円

9 秋津野球場使用料

(1) 専用使用料

区分

金額(2時間)

高校生以下

3,150円

一般

6,300円

備考

1 附属施設(本部室、放送室、記者室、審判控室及びスコアボードをいう。)を併せて使用する場合の使用料は、当該使用料の2倍に相当する額を徴収する。

2 規定時間を超えて使用した場合の超過使用料は、その超えた時間30分につき当該使用料の4分の1に相当する額を徴収する。ただし、その額に1円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

3 使用者が入場料を徴収する場合の使用料は、備考1に定める使用料の1.5倍に相当する額を徴収する。

(2) 照明設備使用料

区分

金額(30分)

3分の2灯

2,910円

全灯

4,370円

10 中央公園パークゴルフ場使用料

区分

単位

金額

高校生以下の者及び65歳以上の者

1人1回

70円

1人1日

210円

一般

1人1回

150円

1人1日

450円

11 茜浜パークゴルフ場使用料

区分

単位

金額

高校生以下の者及び65歳以上の者

1人1回

150円

1人1日

450円

一般

1人1回

310円

1人1日

930円

12 芝園テニスコート・フットサル場使用料

(1) 専用使用料

ア テニスコート

区分

金額(1面につき2時間以内)

高校生以下

650円

一般

1,300円

イ フットサル場

区分

金額(1面につき1時間以内)

高校生以下

440円

一般

890円

(2) 照明設備使用料

区分

金額(30分)

テニスコート

240円

フットサル場

160円

習志野市スポーツ施設の設置及び管理に関する条例

平成7年12月26日 条例第19号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育・保健体育
沿革情報
平成7年12月26日 条例第19号
平成12年3月31日 条例第22号
平成12年12月27日 条例第36号
平成17年6月29日 条例第22号
平成17年9月30日 条例第25号
平成18年9月27日 条例第22号
平成20年9月30日 条例第26号
平成22年12月24日 条例第23号
平成22年12月24日 条例第24号
平成25年3月25日 条例第11号
平成25年12月25日 条例第30号
平成28年3月30日 条例第16号
平成28年12月27日 条例第27号
平成30年6月29日 条例第21号