○行列行進、集団示威運動に関する条例
昭和24年3月25日
新潟県条例第4号
行列行進、集団示威運動に関する条例を次のように定める。
行列行進、集団示威運動に関する条例
第1条 行列行進又は公衆の集団示威運動(徒歩又は車両で道路、公園その他公衆の自由に交通することができる場所を行進し又は占拠しようとするもの。以下同じ。)は、新潟県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けないで行つてはならない。
2 学生、生徒、児童のみが参加し、且つ、教科課程に定められた教育のため学校の責任者の指導によつて行う行列行進は、許可を要しない。
(昭36条例40・一部改正)
第2条 前条第1項の許可を受けようとするときは、主催者又は主催団体の代表者は、行列行進又は集団示威運動開始の日時の72時間前までに、公安委員会に、申請書を提出しなければならない。
(昭36条例40・一部改正)
第3条 前条の申請書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
(1) 行進又は示威運動の日時
(2) 主催者の住所、職業、氏名、生年月日(団体にあつては、その名称、事務所の所在地、代表者の住所、氏名、生年月日)
(3) 行進又は示威運動の目的及び種類
(4) 行進の順路及び示威運動の場所
(5) 参加団体名及び各団体の参加予定人員並びに車両数
第4条 公安委員会は、その行進又は示威運動が、公安を害する虞がないと認める場合は、開始日時の24時間前までに許可を与えなければならない。
2 前項の許可には、公安委員会が、集団の無秩序又は暴力行為に対し、公衆を保護するため、必要と認める条件を附することができる。
3 公安委員会は、第1項の規定による許可を与えなかつたときは、すみやかにその理由を詳細に、新潟県議会に報告しなければならない。
4 第2条の申請書を受理した公安委員会が、当該行列行進又は集団示威運動開始日時の24時間前までに条件を附し又は許可を与えない旨の意思表示をしない時は、許可のあつたものとして行動することができる。
(昭36条例40・一部改正)
第5条 次の各号の一に該当する者は、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
(1) 第1条第1項の規定に違反した者
(2) 第2条の許可申請書に虚偽の事項を記載した者
(3) 第4条第2項の規定により公安委員会の附した条件に違反した者
(平4条例3・一部改正)
第6条 この条例は、行列行進又は集団示威運動以外のいかなる公の集会を、いかなる方法においても、禁止し若しくは制限し、又は公の集会、政治運動、プラカード、出版物その他の文書図画等の監督、検閲の権限を公安委員会、及び警察職員に与えるものと、解釈してはならない。
(昭36条例40・一部改正)
第7条 この条例は、公務員の選挙に関する法令に違反し又は選挙運動中における集会若しくは演説は許可を要するものと解釈してはならない。
附 則
この条例は、公布の日から施行する。
附 則(昭和36年条例第40号)
この条例は、公布の日から施行する。
附 則(平成4年条例第3号)抄
(施行期日)
1 この条例は、平成4年5月7日から施行する。