○フェライト子ども科学館条例

平成17年10月1日

条例第94号

(設置)

第1条 次代を担う子どもたちが科学に親しみ、豊かな創造性と科学する心を育むことを図り、また、世界最初のフェライト工業化に取り組んだ斎藤憲三氏及び山画像貞一氏の偉業を継承するため、子ども科学館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 子ども科学館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

フェライト子ども科学館

にかほ市平沢字宝田4番地1

(事業)

第3条 フェライト子ども科学館(以下「科学館」という。)は、次の事業を行う。

(1) 科学技術及びフェライトに関する資料及び装置の収集、保管並びに展示

(2) フェライトにかかわる先人の偉業の継承及び調査研究

(3) 科学技術及びフェライトに関する実験、実習及び演習の実施並びに指導助言

(4) 科学技術及びフェライトに関する知識の普及啓発

(5) 前各号に掲げるもののほか、第1条に規定する目的の達成に必要な事業

(職員)

第4条 科学館に館長その他必要な職員を置く。

(使用の許可)

第5条 科学館において、多目的ギャラリー、研究工房又は附帯設備を使用しようとする者は、あらかじめ、にかほ市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。

(許可の取消し)

第6条 教育委員会は、科学館の管理上必要があると認めた場合又は次のいずれかに該当する場合は、使用の許可を取り消し、又は科学館からの退去を命ずることができる。

(1) 前条の規定による許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、偽りその他不正な手段により使用の許可を受けたとき。

(2) 使用者がこの条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(3) 災害その他不可抗力により、科学館の運営上緊急やむを得ない理由が生じたとき。

(入館料等)

第7条 科学館の展示室等の入館料及び諸室等の使用料(以下「入館料等」という。)の額は、別表第1及び別表第2に定めるとおりとする。

(入館料等の納付)

第8条 入館料等は、入館の際又は使用の際に納付しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めたときは、事後の納付を認めることができる。

(入館料等の減免等)

第9条 市長は、別に定める基準により入館料等を減額し、又は免除することができる。

2 市長は、期間を定めて特別の展示会その他の催しを行う場合は、前項の規定にかかわらず2,000円を超えない範囲内で入館料を定めることができる。

(入館料等の不還付)

第10条 既に納付された入館料等は、還付しない。ただし、市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 災害その他不可抗力により使用することができなくなった場合

(2) 科学館側の都合により、通常の使用ができなくなった場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、教育委員会がやむを得ない理由があると認めた場合

(損害の賠償)

第11条 使用者は、自己の責めに帰すべき理由により科学館の建物、附属施設、設備又は展示物等を汚損し、損傷し、又は滅失したときは、これらを原状に回復し、又は原状に回復できないときは、その損害を賠償しなければならない。

(運営委員会)

第12条 科学館の運営を円滑に行うため、科学館運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、委員10人以内で構成し、使用者、教育関係者、学識経験者などから教育委員会が任命する。

3 委員の任期は、2年とし、補充委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前のフェライト子ども科学館設置条例(平成10年仁賀保町条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月24日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月26日条例第27号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第7条関係)

◇ 入館料

区分

普通入館料

定期入館料

大人

子ども

大人

子ども

展示室

個人

500円

300円

2,000円

1,200円

団体(一人につき)

400円

240円

 

 

ファンタジーシアター

200円

100円

 

児童遊戯室

無料

無料

 

備考

1 「子ども」とは、小学校の児童及び中学校の生徒をいい、「大人」とは子ども及び就学前の幼児以外の者をいう。「ファンタジーシアター」は、就学前の幼児も100円とする。また、「団体」とは、20人以上で責任者のあるものをいう。

2 定期入館料を納入した者には、12箇月間有効の定期入館券を交付する。

別表第2(第7条関係)

使用料

区分

単位

使用料

多目的ギャラリー

1室1時間につき

300円

研究工房

200円

バッテリーカー

1回につき

100円

備考

1 冷暖房料を含む。

2 規定する時間外において使用を認めるときは、当該使用料の1.5倍の額とする。

3 市外の団体又は個人の使用については、当該使用料の2倍の額とする。

4 営業又は営利目的の使用については、当該使用料の3倍の額とする。

5 使用時間に1時間未満の端数が生じた場合は、その端数を1時間とする。

6 備考1から5の規定は、バッテリーカーには適用しない。

フェライト子ども科学館条例

平成17年10月1日 条例第94号

(平成30年4月1日施行)