○にかほ市公害防止条例

平成17年10月1日

条例第125号

(目的)

第1条 この条例は、公害の防止に関し必要な事項を定めることにより、市民の健康を保護するとともに、生活環境を保全することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「公害」とは、事業活動その他人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる大気の汚染、水質の汚濁(水質以外の水の状態又は水底の底質が悪化することを含む。以下同じ。)、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下(鉱物の掘採のための土地の掘削によるものを除く。)及び悪臭によって、人の健康又は生活環境に係る被害が生ずることをいう。

2 この条例において「生活環境」とは、人の生活に密接な関係のある財産並びに人の生活に密接な関係のある動植物及びその生育環境を含むものをいう。

(事業者の責務)

第3条 事業者は、その事業活動によって発生し、又は排出されるばい煙、汚水、騒音、振動、悪臭及び産業廃棄物(以下「ばい煙等」という。)を自らの責任において適正に処理する等公害を防止するために必要な措置を講じなければならない。

2 事業者は、その事業活動に伴うばい煙等が法令に違反しないことを理由に、公害の防止のための努力を怠ってはならない。

3 事業者は、市長が実施する公害の防止に関する施策に積極的に協力するとともに、地域の良好な環境を保全するため、最大の努力をしなければならない。

(市の責務)

第4条 市は、住民の健康を保護し、及び良好な環境を保全するため、本市の地域の自然的社会的条件に応じた公害の防止に関する施策を策定し、及びこれを実施するよう努めなければならない。

(市民の責務)

第5条 市民は、地域の良好な環境を保全するため、市が実施する公害の防止に関する施策に協力するとともに自ら、ごみ、汚水、騒音等による公害を発生させることのないよう努めなければならない。

(調査、監視等の体制の整備)

第6条 市長は、公害の状況を把握し、及び公害の防止に必要な施策を適正に推進するため、調査、監視、測定等を行うとともに、その体制の整備に努めなければならない。

(地域開発等における公害防止の配慮)

第7条 市長は、企業の誘致、都市の開発等の地域開発に当たっては、公害の防止に特に配慮しなければならない。

(助成等)

第8条 市長は、事業者が行う公害防止施設の設置又は改善について、必要な資金のあっせん、技術的助言その他の援助に努めなければならない。

(知識の普及)

第9条 市長は、公害に関する知識を普及し、公害の防止の思想を高めるよう努めなければならない。

(苦情の処理)

第10条 市長は、公害に係る苦情があったときは、速やかにその実情を調査し、当該苦情を適切に処理するよう努めなければならない。

(自然環境の保護)

第11条 市長は、公害の防止に関する他の施策と相まって良好な環境を確保するため、緑地の保全その他自然環境の保護に努めなければならない。

(公害防止協定)

第12条 市長は、公害防止のため必要があると認めるときは、事業者との間に公害防止協定を締結するよう努めなければならない。

(規制基準の定めがない公害の措置)

第13条 市長は、規制基準の定めがない公害関連施設から排出し、又は発生するばい煙等により現に公害が発生し、又は発生するおそれがあると認めるときは、当該ばい煙等排出者に対し、当該ばい煙等の処理方法の変更その他必要な措置を採るべきことを求めることができる。

(立入検査等)

第14条 市長は、この条例の施行に必要な限度において、ばい煙等を排出し、又は発生する工事又は事業場に対し、必要な事項の報告を求め、又は職員に当該工場若しくは事業場に立ち入り、設備その他の物件を検査させることができる。

2 前項の規定により立入検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係人に提示しなければならない。

(設置及び所掌事務)

第15条 環境基本法(平成5年法律第91号)第44条の規定により、にかほ市環境審議会(以下「審議会」という。)を設置する。

2 審議会は、市長の諮問に応じ、環境保全に関する基本的事項の調査審議、審議会の発意による市長への意見具申など、広く環境保全に関する調査審議をする。

3 前項に定めるもののほか、審議会の運営に関し必要な事項は、会長が審議会に諮って定める。

(組織及び委員の任期)

第16条 審議会は、委員15人以内で組織する。

2 委員は、公害の防止と環境の保全に関し、学識経験のある者のうちから、市長が任命する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(部会)

第17条 審議会に、専門の事項を調査審議させるために、部会を置くことができる。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、象潟町公害防止条例(昭和50年象潟町条例第24号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

にかほ市公害防止条例

平成17年10月1日 条例第125号

(平成17年10月1日施行)